十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

かぜのひのおはなし」 みんなの声

かぜのひのおはなし 作・絵:かこ さとし
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1998年
ISBN:9784338100052
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,749
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こどもは風の子

    作者が好きで期待して読みました。風の日の遊びが紹介されています。
    風の強い日は外遊びは敬遠しますが、あえて風で遊ぶことに注目するとは、こうきたか!と思いました。
    「おめめがくるくるうずまきになってしまいました」など絵と文章でこどものウケもいいです。
    読んだあとは、風のふくのが待ち遠しくなりました。

    掲載日:2013/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぱちくりぱちんの目

    2歳11ヶ月の息子と一緒に読みました。
    風の日の遊びが色々出てきて、風車を作って遊んだり
    ころころぐるまを作って遊んだり、とても楽しそうです。
    ころころぐるまはどんな遊びなんだろう?ととても興味が
    沸きました。
    さあちゃん達が作っているページを見るとなんとなく
    作り方が分かるような?!
    作って遊んでみたいなという気持ちになります。
    ぱちくりぱちんの目になるところが可愛くて、お気に入りです。
    ゆうがたになって、みんなが帰っていくところも、
    息子の生活と重なり、親近感を持って読んでいるようです。

    掲載日:2012/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • かざぐるま

    図書館でこの絵本をみつけ、ナイスタイミング!と
    思い、借りてきて娘と読みました。
    今日、来春から2年保育の予定で入園する幼稚園の
    運動会で、来入児の「かざぐるまひろい」があったのです。

    いただいてきたかざぐるまを回して、さあちゃんやゆうちゃんと
    おんなじように、にこにこ顔の娘。
    かざぐるまひとつで、こんなにも楽しくなれるなんて
    子どもって本当にいいな、うらやましいなと思います。
    それから風も大好きですよね。
    さあちゃん達とおんなじようにたこあげなどもそのうち
    できるかな?でもあんまり楽しくてぐるぐるおめめになって
    しまったら大変!

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • かぜに反応

    どういうわけか孫は、風に反応して喜ぶんです。

    風が吹くと両手と声を出して喜ぶんです。

    旗がパタパタしてるだけでも喜ぶんです。

    風車を作ってあげたら、きっと喜ぶと思いました。

    風車、凧揚げは小さい頃によく遊びました。

    とても懐かしい絵、幼い頃に戻ったみたいな気持ちになりました。

    とても優しい気持ちになれました。

    掲載日:2009/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目に大笑い

    風の強い日だって思いっきり楽しんじゃう絵本です。少し昔の遊びで今では珍しいかなとも思いましたが、逆にこんな遊び方もあったのかと新鮮な気持ちになりました。
    子供は、風でくるくる回りすぎて目がまん丸になってしまったページを見て大爆笑!「見てみてー 目が変になっちゃったよー」と数回出てくるシーンに都度都度笑って楽しかったようです。

    掲載日:2009/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 作って遊ぼう!

    風で風車がくるくる回るのは娘も大好き。遊んでいるこどもたちの目までくるくる回っていておもしろいと喜んでいました。
    みんなで風で遊べるおもちゃをどんどん作っているのを見て、風車やたこってついおもちゃ屋さんで買ってしまいますが、この絵本を見て、手作りもいいものだと思いました。
    かこさとしさんの絵本は登場人物がおもちゃの作り方をなにげに教えてくれるので、手作りおもちゃができて楽しいです。

    掲載日:2009/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • まわるものが好き

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    この本を読んで「うちの子も風車が大好きなのよね。」と思い出しました。
    風にあててくるくるまわるだけでも、それはもううれしそうにいつまでも
    「見てみて〜、すごいまわってる!」
    と大喜びです。
    この本はそんな子供の素朴な気持ちがよく分かっているなあと感心させられる内容でした。

    また本のなかの子供たちもまわるものを見た後、目がぐるぐるになっています。
    その絵がとても面白くて、子供が笑っていました。

    掲載日:2007/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • まわる、まわる

    かぜを利用して出来る遊びが描かれています。
    かざぐるま、ころころぐるま、たこあげ。
    くるくる回る様子をみていたら、みんなの目もくるくる渦巻き模様になっちゃった。
    遊ぶ様子がおもしろおかしく書かれていて楽しくなります。
    息子と娘は早速凧揚げがしたくなり、お父さんと近くの海へしに行きましたよ。

    掲載日:2007/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 風で遊ぼう!

    • ママちゃんさん
    • 20代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子4歳、男の子2歳

     風の日、今では家の中で遊ぶように言ってしまいますが、風車やコロコロ車、凧で遊ぶのも楽しいんですよね。
     風車で目を回したりとチョット面白い絵もあって、家の中ばかりではなく、やっぱり子供は風の子ですから、外で遊ばせた方が良いのかも知れないと思いました。

    掲載日:2004/03/01

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット