しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

それは、あらしの夜だった」 みんなの声

それは、あらしの夜だった 作:ジャネット・アルバーグ アラン・アルバーグ
絵:ジャネット・アルバーグ アラン・アルバーグ
訳:佐野 洋子
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,748+税
発行日:1994年
ISBN:9784579403448
評価スコア 3.75
評価ランキング 29,449
みんなの声 総数 3
「それは、あらしの夜だった」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読み聞かせには、向かない

    お話自体は、面白かったと思います。
    ただ、長いんですよー。
    しかも、セリフなのかお話なのか、聞いているだけでは解りにくいとおもいます。
    文章を見れば、太字になっていたりして、伝わるように工夫はされていると思います。
    自分で読んだほうが、楽しめるのでしょうね。

    掲載日:2012/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 空想の世界へ!

    • なぁちさん
    • 20代
    • その他の方
    • 東京都

    この絵本は、私が子どものころ母に読み聞かせをしてもらい、一番印象に残っている絵本です。
    アントニオは可愛くて、強者!!
    そして山賊たちも空想の世界へ…!

    ジョルジョやファブリッツィといった山賊の名前も、子どものころから大好きでした(*^^*)
    長い日にちが経ったような空想の世界でしたが、一晩だけのお話しだったんですね(笑)

    掲載日:2012/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • お話をじっくり聞ける大きい子向け!

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子10歳、女の子8歳、女の子3歳

    この夫妻の絵本は、私自身が気に入ってます。
    で、中も見ずに借りてきました。
    読み始めて、うっ、なが〜い!
    それに、ちょっとくど〜い!(お話の中のできごとなのか、実際に起こってることなのか、一応区別できるように書かれてはいるのですが・・・聞いてる人にはわかりにくいかも?!)

    でも、内容自体はハラハラドキドキの冒険物で、ていねいに描かれた絵を見るのもすごく楽しいです。
    我が家の場合、結局娘たちは飽きてしまい、最後まで聞いてくれたのは、長男だけでした。
    これくらいの絵本が理解できるようになると、ぐ〜っと世界が広がるんですけどね〜。

    掲載日:2004/03/05

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット