ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

はしれ!ウリくん」 みんなの声

はしれ!ウリくん 作:きむら ゆういち
絵:せべ まさゆき
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年07月
ISBN:9784323033518
評価スコア 4.53
評価ランキング 4,958
みんなの声 総数 18
「はしれ!ウリくん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 最後まで諦めないで!

    いのししのウリくんは、優勝のことばかりしか頭になかったですが、う

    さぎちゃんの最後まで頑張る姿に刺激されて最後まで、頑張れました。

    怪我をしたうさぎちゃんを助けたウリくんは、とても優しいと思います

    うさぎちゃんに感化されて、最後まで頑張ることが出来てなにより、諦

    めないことが学べてよかったです。結果も勿論大事ですが、諦めないで

    最後まで頑張ることの満足感、達成感があじわえてよかったです。

    きっと足の遅い子もこの絵本から勇気づけられると思いました。

    掲載日:2010/04/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大切なこと、気づかせてくれた。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    明日は、まちにまった森のかけっこ大会です。
    この日のために、森の足自慢の動物たちは一生懸命練習しています。
    去年、失敗したウリくん、今年こそはと張り切っていたのですが…
    かけっこといえば、どうしても一番になることが目標になりますが、それだけではないことを教えられます。
    特徴ある動物の描き方、可愛らしくて、応援にも、つい力が入ることでしょう。

    掲載日:2009/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後まであきらめない!

    • ハリボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    息子が幼稚園の発表会でこのお話の劇を披露したので、原作を読んでみたいと思い、図書館で借りてきました。

    発表会を思い出しながら読んでみると、劇で見たときとは、また違った感動がありました。劇では、ウリくんのやさしさが伝わってきましたが、絵本の中ではもう一つ、最後まであきらめないことの大切さについて描かれており、まさしく、あきらめ大臣の息子に伝えたい内容そのものでした。

    ついつい勝負が第一になりがちな年頃の今、勝つこともいいけど、負けそう(負けると分かったから)といって、途中で物事を投げ出したりして欲しくない、最後までやり遂げることに意義があるということを、押付けがましくなく、教えてくれる、ステキな絵本でした。

    掲載日:2009/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ビリでも走りたいの。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子8歳

    「今から戻っても、優勝できっこないな・・・
     もう、かけっこなんて、やーめた。」
    ウリくんは、また、まっすぐ走っちゃって、
    かけっこ大会のコースを外れてしまったようです。
    そんな時、おぼれかけたうさぎちゃんを助けます。
    「わたし、ビリでも走りたいの。
     何着になっても、最後まで頑張るの。」

    ウリくんは、とても大切なことを学んだようです。

    確かに、一番になれたら嬉しい。
    そのために、頑張るのはとてもいいこと。
    でも、一番になれないとわかった時、諦めるか諦めないか。
    ウリくんのようにすぐに諦めるかもしれない。
    本当にそれでいい? 違うよね。
    うさぎちゃんが教えてくれました。

    「最後まで諦めないで頑張ること。」

    ウリくんは、とても優しい。
    でも、うさぎちゃんの姿を見て、自分が恥ずかしくなった。
    何故って?
    やっぱり、頑張るっていいよね。
    それも、最後まで。
    なにかをやり遂げるってとても大切なことなんです。

    掲載日:2008/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ウリくんの改心ぶりに心打たれる絵本

    待ちに待ったかけっこ大会。ウリくんは一生懸命練習していましたが、悲しいかな、力が入るとついつい真っ直ぐに走ってしまい・・・・ぐるっと1周するコースを外れてしまいます。もう諦めかけたウリくんだけど、怪我をしても頑張るうさぎちゃんの一生懸命さに触れ、自分もと奮起します。ウリくんが失敗していじけてる様子も気になりましたが、それ以上に頑張って「ボクも!」と思ってくれたこと、読んでいてとても嬉しくなりました。結果だけじゃない、自分に胸を張って頑張ったと思えることが大事なんだと思いました。

    掲載日:2008/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子で読みたい絵本

    • イザリウオさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    以前、絵本の会で紹介されて、読みたいと思っていた絵本です。
    ウリくんはイノシシの子供なので、突っ走ることは得意ですが、曲がるのは苦手。そんな動物の習性を交えてはなしを作るのは、きむらゆういちさんらしいですよね。
    案の定、ウリくんは勝てないのですが、最後までがんばった姿がかっこいいと思える、素敵なお話です。
    一番になれなくても、最後までがんばること、自分のベストを尽くすことの大切さが子供に伝わったかな?
    子供もとてもよく聞いていましたよ。

    掲載日:2008/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • あきらめないこと

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    昨年の森のかけっこ大会で、いのししのウリ君は、回るところをまっすぐ走って、ビリでした
    今年こそはと意気込むウリくんは、準備万端に整えて、いざスタート・・・・ところが
    またまたウリ君は勢い余って、コースを外れて、レースを諦めてしまいました
    そこに、橋から落ちたウサギちゃんを助け、「祭儀まで諦めない」と怪我した足を引きずりながら頑張る姿に、自分が恥ずかしくなり再び走り始めます
    このお話は、作者の後書にも書いてありましたが、様々なことにおいてゴールの仕方は、色々あって良いし、私たち大人が愛情を持って認めてあげることの大切さを訴えています
    とかく親というものは、子供の気持ちを、時には無視して大人の考えを押し付けてしまいがちです
    子このお話は、子供たちには自信を持ってもらい、大人は反省すべき点を教えてくれると思います

    掲載日:2008/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 作者の思い

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    あとがきに、作者からと「最後まであきらめないでがんばることの大切さを育むお手伝いができれば」と書かれています。
    お互いを思いやり、努力や成果を認め合う心も持ってほしいとの願いが込められているそうです。

    このような思いを持って書かれることは大事だと思います。
    ただ、子どもにそこを強調して読み聞かせてしまうと、子どもは本が楽しいものではなくなります。

    読み終わってから、子どもに感想を押し付けたり、説教じみたことをするのではなく、
    自分が経験したはなしをして話を膨らましてもらいたいなと思います。

    掲載日:2007/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後まで諦めない!!

    • キンコママさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、男の子3歳、男の子1歳、男の子0歳

    もりのかけっこでいのししのウリくんは去年ビリ。「ことしこそ、ぜったいに優するぞ」って意気込んでた。今年は途中まではなんとかうまく走れてたのに・・・また道をはずれてしまった。でもそこで出会ったのは・・川で溺れてるうさぎちゃん。うさぎちゃんはもうビリってわかってても「わたし、ビリでもはしりたいの。かけっこだいすきだし、なんちゃくになってもさいごまでがんばるの」って。ウリくんは諦めていたのにうさぎちゃんの言葉に教えられます。「最後まで諦めない、頑張る」事の大切さを教えてもらう絵本でした。ちょうど今、運動会の練習中。息子はかけっこですぐに諦めてしまいます。「どべだもん」って。この絵本を読んで勇気付けてます。自信をもって走って欲しいな〜。

    掲載日:2007/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何度も読んでいます。

    真っすぐ走るのが得意なウリくんです。
    かけっこ大会に向けてたくさん練習しますが・・・
    去年と同様コースを外れてまっすぐに行ってしまいます。
    ウリくもえらい!と子供は大絶賛でした。
    最後まであきらめずに頑張ることは強さだと思います。
    子供にも一番じゃなくても、上手に出来なくても、諦めずに頑張るという事が伝わった気がしました^^
    絵もかわいいし大好きな一冊になりました。

    掲載日:2007/06/27

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / よるくま / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット