十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ちゃっかりこぞうは、まるもうけ?」 みんなの声

ちゃっかりこぞうは、まるもうけ? 作:マキラー・ドイル
絵:ジェーン・レイ
訳:きむら みか
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2002年
ISBN:9784198615963
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,680
みんなの声 総数 5
「ちゃっかりこぞうは、まるもうけ?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • サクセスストーリーで終わらないのが…

     あるあるこういうお話し。
     『わらしべ長者』や『ごまひとつぶで…』に似ていますが、サクセスストーリーで終わらないのがこの作品の面白さ。
     ちゃっかりこぞうの確信犯的仕業の繰り返しが、こどもたちにうけるんでしょうね。
     「わるものお〜、わるものお〜!」の台詞は大声でオーバーに読みました。
     終盤のどんでん返しに効果的かと思います。
     『リンゴのたねをまいたおひめさま』のジェーン・レイさんのファンタジックな絵の世界も美しい。
     
     ラストのちゃっかりこぞうの様子から、この子はしっかり生きていけそうだな、なんて思ってしまいました。

    掲載日:2010/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • まるもうけ

    • キミキミキミさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子8歳、女の子6歳、女の子3歳

    3才6才8才の娘に読み聞かせしました。

    一番興味を持って聞いていたのは今年一年生になった6才の娘でした。
    少年がまめを拾ってそれからいろんなものが、少年の物に変わっていくのが面白かったようです。

    ただ、子供たちには
    「まるもうけ」
    の意味がわからなかったようでした。

    私は飴にたとえて
    「小さい飴と大きい飴を交換したら得したなと思うでしょう」
    と説明しました。

    「ただし、ずるいことをして得してはだめなのよ」
    と付け加えときました。

    掲載日:2009/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちゃっかりこぞうごっこにはまってます。

    • アヤトリーさん
    • 20代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    なぜか、2歳の息子が図書館の棚から見つけてきた本。
    声に出して読んでみると、リズムがあり、テンポがあります。
    外国版、わらしべ長者?かな?

    「ちょっと このまめ みててもらえませんか?」
    と、おばあさんに豆を託すことから始まります。
    豆が、ニワトリになり、ブタになり・・・・
    小僧の掟により、変わっていきます。

    でも、人生、そううまくはいきません。
    最後は、どんでん返し。
    でも、ちゃっかりこぞうはめげません。

    息子は、自分で庭から木の実を拾ってきて
    「ちょっとこの豆みててもらえませんか〜」と、ちゃっかりこぞうごっこにはまってます。

    掲載日:2008/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズミカルで素敵。

    • NON×2さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛媛県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    ちゃっかりこぞうが最初に持っていたのは、まめをひとつ。
    そのまめを預けると・・・
    めんどりに食べられちゃった。
    「わるものぉ〜」と言って、めんどりを持っていく。
    今度は、
    めんどりを預けると・・・
    豚が驚かし、にげちゃった。
    ・・・・
    次々に続きますが、飼い主が、おっかけてきて、
    「悪者はお前の事だ」
    としかられる。
    その後の、足元には、またまめ一つ。

    このお話は、永遠に続くのかな?
    結局、まるもうけしたのは、だれ???
    まめをひろったこぞかしら?
    ユーモアたっぷりで、楽しい、次がワクワクする素敵なお話です。

    掲載日:2007/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • まめが、ロバに

    • サンフラワーさん
    • 30代
    • その他の方
    • 岐阜県
    • 男の子9歳、女の子4歳

     ある日、ちゃっかりこぞうが、まめをひろう。「ちょっと この まめ みててくれませんか。」とおばあさんにまめを預けるところからはじまる。おばあさんの家のにわとりがまめを食べてしまったので、まめを返してもらうかわりに、にわとりを自分のものにしてしまう。こんな調子で、にわとりから豚に、最後にはロバを自分のものにしてしまうが、そんなにうまくはいかない。村人たちにとっちめられるちゃっかりこぞう。しょんぼりするけど、また、まめをみつけ、ごきげんになる。
     もう少し、反省して欲しいのですが、懲りないこぞうです。
     絵がきれいな作品です。

    掲載日:2004/03/17

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / うずらちゃんのかくれんぼ / お月さまってどんなあじ? / おまえ うまそうだな

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット