なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

新装 ぼくを探しに」 みんなの声

新装 ぼくを探しに 作・絵:シェル・シルヴァスタイン
訳:倉橋 由美子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1977年4月24日
ISBN:9784061129832
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,026
みんなの声 総数 53
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

53件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 自分は自分足を地につけていこう

    • doruさん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県
    • 姪9歳

    9歳のちびに読んであげたけどいまいち意味がわかっていないようでした。この絵本は絵は黒い太い線と完全な丸じゃないぼくがかけらを探しにでかけるだけの話かと思ったら、いろいろ考えていたら青年期にかかる人なら一度は迷うことのある自分探しの絵本だったのです。私も若い頃青年期にユング派で有名な河合先生の著書にはまり、かなり心の深いところまで自分探しをした経験があります。いくら探しても探しても自分があやふやでどれが本当の自分、絵本で言うところのかけらですね、わからなくなったこともあります。結局10年かけて見出した言葉は自分探しをして、どんなぶさいくでもどんなになっていても泣いていてもはじまらない。自分は自分、まあ悪い癖はいろいろあるけど、それも自分で汚いも綺麗も不細工も可愛いもぜんぶひっくるめて自分だからもう仕方がないじゃないのということでした。
    青年期に読んだらいい絵本だと思いました。

    掲載日:2010/01/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大好きな本です。其の壱

    20歳くらいのとき、この本と出合い強い衝撃を受けました。「ビックオーとの出会い」とともに、10数年間、私の中で、いちばん好きな本です。
    そして、いつかこんな本を書けたら・・・そんなな想いは、今も私の中でくすぶっています。

    読むときの、状況によって、感じ方が違ってきます。

    人を羨ましがったり、何かにあこがれたりして、実際に手に入れてしまうと、それが窮屈だったということを、ここ10数年間で、いやというほど経験してきました。
    今読むと、そんな思い出もよみがえってきて、イタイ!!

    最近、思うのです。
    「ぼく」は、かけらとサヨナラしてしまった。
    だけど、かけらと一緒に転がりながら、ミミズとお話したり、お花の匂いをかいだり・・・できればいいのに。
    歌いたいときは、個々に戻ればいいのに。
    「誰のものになったって、わたしはわたし」
    そして、かけらと一緒になっても「ぼくはぼく」
    そうやって、自分をしっかり持って、相手を尊重すれば、離れずに済んだのではないかな・・・
    ・・まあ、窮屈ではあるだろうけど・・・

    宝くじが、3億円当たらないかな〜あたったら、あんなことも、こんなこともするのに・・・と思っている私も、3億円で自分のかけらを埋めようとしている、「ぼく」です。
    きっと、一生。このかけらは、見つからないでしょうね。

    完全体でない自分を自覚して、いくつになっても、足りない何かを探していたいものです。

    掲載日:2006/06/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • いままで知らなかった絵本です。

    「ビッグ・オーとの出会い」という本を読んだという
    26歳の次女。
    娘から薦められて、
    私もまずそちらを先に読んだら
    こちらがあることを知り 読んでみました。
    まると線で描かれた単調とも思える絵ですが
    自分探し、迷いながら進んでいく
    ひとつひとつの言葉に
    なんか共感してしまう印象を受けました。
    ぴったりあてはまるもの。。それは何だろう。
    どんなものだろう。
    私にとってのものは。。いろいろ考えさせられました。
    この本は何歳ぐらいの人に向いているのか
    絵だけを追えば小さいお子さんでもいいと思いますし、
    内容を考えてみると大人もぜひ読みたい絵本です。

    掲載日:2016/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色々考えさせられる

    白地に黒だけのシンプルすぎるイラストに短いセンテンスでつづられた絵本です。
    そのせいか、色々な事を考えさせれて思いめぐらしてしまいます。
    足りない何かをさがすぼくは、恋人を探しているようにも友達を探しているようにも見えます。
    もっと違う何か、仕事や趣味、アイデンティティのようなものか?とも思います。
    せっかくピッタリくるかけらを見つけたのに、やっぱりまたもとに戻ってしまうところも、なんだか人生のようで、切なくも頼もしくも感じてしまいました。

    掲載日:2013/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 落書きのような絵に奥深さが

    ただの○で表現された僕が、欠けている部分を探し歩きます。
    落書きのようで、読み飛ばしていたら、自分の中を転がっていた○がだんだん大きくなってきました。
    自分を探す!
    若者が人生を考えるときの大きなテーマ。
    自分に欠けているものは何だろう。
    どうしたら完全な自分になれるのだろう。
    答えがないことも、永遠に欠けた部分があることも、大人は知っているけれど、それでも探し続けることが若さなのでしょう。
    どうして、これほどの単純な絵で、これほどの深い絵本になるのでしょうか。
    何度読み返しても、私自身立ち止まれない自分を感じました。

    掲載日:2012/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • かけら

    「何かを探す」
    何かわからないのに、進み続けることは困難なことに思えます。
    でも、歌をうたい、たくさんの出会いがあるならば、「何か」が見つからなくても意味のあることになるでしょう。

    小さな子にとっては絵を楽しみ、成長とともに様々な解釈ができるストーリーだと思います。

    掲載日:2011/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分が見つかるかも…

    この「ぼく」のように、かけら探し(欠点を埋める)の旅をしている人は世の中に大勢いることでしょう。完璧になることが、本当にいいことなのか、「自分は自分らしく」生きてもいいのではないか、と考えさせられました。シンプルな絵と話の中に、哲学的とも言えるメッセージが込められており、中学生くらいになったらぜひ一度読んでもらいたい本です。大人になっても忘れない強烈な印象を残すような本です。英語版は手に入るなら、ぜひ読んでほしいです。

    掲載日:2011/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ランランラン ロンロンロン

    • WAOさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子0歳

    何かが足りなくて楽しくない。
    そんな“僕”が、足りないかけらを探して旅に出る。

    ランランラン ロンロンロン 歌いながら旅をする。

    ミミズと話したり、カブトムシと追いかけっこをしたり。

    山を登ったり穴に落ちたり。

    そしてぴったりのかけらとめぐり合う。

    そこでハッピーエンド・・・。ではなく、
    “僕”はかけらをそっとおいてしまう。


    “僕”は、ただの“まる”だけど、やっぱり人間に当てはめてしまいます。

    人間欲しいものすべて手に入れると、周りのものに無関心になってしまうのかな。

    でも“僕”は、やっぱりまた、かけらを探して転がっていく。

    人生って、ちょっとかけていて、そのかけらを追い求めていくくらいがちょうどよくて、楽しいのかも知れませんね。

    掲載日:2011/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼくはぼく

    この本を知ったきっかけは、『おおきな木』を書いた作者つながりでした。youtubeで検索してみると、この本を綺麗なピアノの音色と一緒に流しているものがありました。その音楽を聴きながら、昔のことを思い出してしまいました。
    昔、「わたしはどうして地球にいるのだろう」「わたしは何者だろう」など、自分についていろいろと考えていた時期がありました。
    この本をみて、なんだか フッ と気が抜けたというか、考えさせられるものがあるなあ と感じました。『続ビッグ・オーとの出会い』と一緒に読んでもらいたい一冊です。

    掲載日:2010/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私を探しに

    • きのぴいさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    いつもは子供のための絵本を買うのですが、この本は私のために買いました。

    シンプルな絵。これがいいんです。
    ごちゃごちゃしていないのがとても説得力があります。

    かけらを探してぼくが歌っている歌を、私も毎日歌ってみようかしら。

    今の自分でいいんだ、そんな気持ちにさせてくれました。
    思ったより私って肩に力が入っていた?
    自分を見つめ直すいいきっかけになりました。

    今、私はこの絵本を職場に置いています。
    なんかうまくいかないなぁって思ったら、ぺらぺらめくって。
    ちょっと元気になれる気がします。

    掲載日:2010/06/28

    参考になりました
    感謝
    0

53件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(53人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット