もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

きいちごだより」 みんなの声

きいちごだより 作:岸田 衿子
絵:古矢一穂
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年06月
ISBN:9784834017670
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,288
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 思い出いっぱい

    「きいちご」、「動物、虫」、それに「お手紙」・・・娘が大好きなものが全部詰まった、とっても素敵な絵本です。
     様々な種類の木苺の正確な描写に加え、動物たちのお手紙のかわいらしいこと! 図鑑だけでは味わえない楽しさにあふれています。
     
     1匹1匹の表情も本当に愛くるしくて、それぞれの動物の名前や手紙の内容から、「この子はどんな性格なんだろう? どんなものが好きなのかなぁ?」と、想像しながら、自然と楽しい気持ちになってきます。

     すぐ次のページに、お手紙をもらった相手からのお返事が来ているものもあれば、ずっと後にお返事があるものもあり、娘は、「あっ、やぎのめえこさんへお返事だ!」、「うしのねむこさんからだよ!」と、何度も確かめるようにページをめくり、手紙のやりとりを楽しんでいました。

     そして、なんといっても1番の楽しみは、きいちごそのもの! 似ているようでも、色や形、大きさが微妙に違っていたり、名前もおもしろいものがいっぱい。「かじいちご」や「こじきいちご」なんて、すごくユニークな名前がついているものもあります。

     ページごとに、お手紙を読み終えるとすぐ、巻末の表を開いて、花が咲く時期と実がなる時期、生えている場所を調べては、「えっ、道端にもあるんだって!」と、大喜びしたり、「実が生るのは、8月、9月だから、これももう終わっちゃってるね。」と、がっかりしたり・・・。でも、11月、12月に実が生る「ふゆいちご」という種類を見つけて、「わーい! 早速探しに行こう!」と、顔を輝かせていました。

     すぐそばの公園や野山でも、気軽にきいちご摘みができる自然豊かな環境の中で生まれ育った娘は、幼少の頃の楽しい思い出も、きいちごと結びついているものがたくさんあります。

     よく摘んだのは、この絵本に出てくる「エバーグリーン・ブラックベリー」でしょうか。本当に絵の通り、鋭く太い棘がいっぱいで、奥のほうの実を採るには、厚いジーンズを履いて、靴底で枝を踏みつけながら、顔や腕に当たらないように、慎重に、慎重に採らなければなりません。子どもたちは、手前の低い枝のベリーを、1粒ずつ摘んでは、その場で口に放り込み、手も口の周りも真っ赤にしながら、採れたての甘酸っぱさを味わっていました。

     残りは、家に帰ってから、絵本の最終ページのように、煮詰めてジャムにしたり、パイにしてオーブンで焼いたりして、何日も楽しみました。

     また、新しい土地でも、新たな思い出が増えるように、この絵本をもって、きいちご摘みに出かけたいな、と思います。

    掲載日:2010/12/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • リアルな絵とお手紙がいい感じ

    いろんな動物達が、自分達の身近にある《きいちご》をお手紙で次々とお友達に紹介していく、という形式の絵本です。
    図鑑のようにリアルなきいちごたちの絵、そしてその横には、そのきいちごをお友達に紹介する動物たちのお手紙が。
    お手紙は手書き風の雰囲気で、とても素敵です。

    この絵本を読んで、きいちごってこんなにたくさん種類があるんだ!と親の私も再発見しちゃいました♪
    4歳の息子も、「○○いちごは△色なんだって!」などとこの絵本で仕入れた薀蓄をパパに披露していました(笑)。
    さっそく野原に探検に行きたくなる絵本です♪

    掲載日:2008/10/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • きいちご図鑑みたい

    6歳長女と5歳次女に読みました。きちごづくしの絵本です。きいちごって知ってはいましたが、こんなにたくさんの種類があるんですね。長女も次女も「いっぱいあるんだねー」と感心していました。きちごについて調べたくなったら、この絵本を読んだらすぐわかりそうです。いろんな動物たちからのお手紙として、きいちごの紹介がされていて、とても読みやすかったようです。

    掲載日:2015/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔大切にしていた絵本です。

    小さい時
    何度も何度も読んだ絵本の一つです。
    きいちごの絵がとっても可愛くて
    魅了されたのを覚えています。
    「手紙」「いちご」
    女の子がうきうきするのはそりゃ間違いない☆

    当時はいちご以外のベリー類は見たこともなかったので
    すっごく憧れて読んでいました。
    今でもベリー類が好きなのはその影響??
    当時と表紙は違いますが
    娘に大切に読んであげたい絵本です。

    私が昔持っていたのは
    かがくのとも
    きいちごだより
    1989年5月号でした☆

    掲載日:2015/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなにたくさんあるんだね

    先日、山登りをした時にきいちごが生っていました。
    おいそうだったのですが、食べる勇気がなかったので
    夫に食べてもらいました(笑)。甘味が感じられなくて
    おいしくなかったそうです(笑)。
    でも、きいちごってこんなにたくさん種類があったのですねえ。
    この絵本を読んでびっくりしました。
    そうして、毒があって食べちゃいけないものかと敬遠して
    いたのですが、食べられるのですね(おいしいかどうかは
    別として)。きいちごともっと仲良しになれたなら
    動物になったみたいで素敵だなあ。
    かわいらしいきいちご、もっと気にしていようと思いました。

    掲載日:2014/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくさんの種類

    春になってきたので「きいちご」と思って読んだのですが、この絵本を読んで驚きました。
    きいちごって、ほぼ一年中、日本のどこかで実っているのですね。
    それぞれの特徴が、正確な絵と手紙風の文章で、よくわかりました。

    掲載日:2014/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「きいちご」博士になれる

    「きいちご」といっても、こんなに沢山の種類があったなんて初めて知りました。
    絵本は、リスやウサギなどの動物達が自分の村の「きいちご」の事をお手紙に書いて紹介していってくれます。きいちごの絵は勿論ですが、文章にも可愛い絵文字があったりと、楽しみながら学べました。図鑑よりも丁寧で、分かりやすかったです。きいちごを使った料理のレシピもあって欲しくなりました。お勧めです!!

    掲載日:2013/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な絵と素敵な手書き風お手紙

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    絵が素敵〜♪と
    手に取りました

    葉っぱの枯れ具合とかいいんですねぇ

    木苺には保育士の時の散歩で気になり
    子ども達と図鑑で調べたりしました
    なつかしい・・・

    この絵本があったらなぁ・・・

    動物同士のお手紙がまたいいあじが出ているんです
    動物もリアルなのに
    洋服を着ていたり・・・

    お手紙も手書きっぽいのがまたいいあじ!

    ほしいなぁ・・・

    掲載日:2011/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 図鑑と思って

    図鑑などが大好きな息子にピッタリの本でした。
    キイチゴにこんなに種類があるなんて!と私も一緒になって
    読んでしまいました。

    キイチゴの説明が動物たちのお手紙に書かれていて
    子供にもすんなり頭に入ってくるようです。

    掲載日:2011/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろあるんですね

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子6歳

    きいちごとひとえにいっても、いろいろな種類のものがあるんだと、この本を読んで初めて知りました。
    こんなに種類があるなんて、おどろきでしたし、種類によって生息する場所や色・形がさまざまなことも興味をそそられました。
    きいちごの絵が実物大でえがかれているので、まるで図鑑のよう。でも、動物達のおたよりのなかにそのきいちごが登場しているところが、図鑑プラスαのやわらかみを出していると思いました。
    きいちごの実だけではなく、花も美しいんですね。花と実の両方を見て楽しみ、食べて楽しむ。そんな自然の恩恵を受けたくなりました。
    一冊もって、野に山にと出かけたくなる、そんな絵本です。

    掲載日:2010/01/15

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット