ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

いってらっしゃい おかえりなさい」 みんなの声

いってらっしゃい おかえりなさい 作:クリスティーヌ・ルーミス
絵:たかばやしまり
訳:まえざわ あきえ
出版社:朔北社
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年01月
ISBN:9784860850050
評価スコア 3.92
評価ランキング 28,600
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 挨拶は元気良く

    挨拶って難しいですよね。簡単なことなんだけど、でも、いざそれを実行しようと思うととても勇気のいることで。でもね、この絵本を読むと、明日からは元気に挨拶をして出掛けよう、元気に挨拶して帰ってこようって、そう思わせてくれるんです。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵を楽しむポップな絵本

    アメリカの映画やドラマに出てくる、電車や車、船での移動手段や生活が素敵な色使いとイラストで丁寧にこまかく描かれていて、隅々まで見たくなっちゃう絵本です。
    3歳の息子に読みましたが、親の私の方が楽しかったかなあ。細かい絵を見るの、好きなので。
    息子も細かい絵好きですが、こちらはあまりピンとこなかったみたいです。3歳だと、コマ割りの絵を見てストーリーをつなげていくのは難しいのかも。
    ページに何コマかの場面が描かれているタイプの絵本なので、その点だけ注意です。

    掲載日:2013/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 忙しない世の中

    通勤ラッシュ。私も毎日この中に居るんだけど、
    こうして外から見てみると、なんとまぁ忙しない世の中。

    早口ことばのように
    電車に飛び乗って 地下鉄に乗って バスに乗って
    フェリーに乗って 飛行機に乗って …
    せかせか、せかせかと大人達は職場へ向かって行くんですね〜。
    そして、それぞれがぞれぞれの仕事をこなし、
    ふたたびラッシュアワーに。

    家族と目を開けて一緒に過ごせる時間は、わずか。
    だからこそ大切にしたい。
    この時間があるから、一日の大半を仕事に費やしても頑張れる。
    ラッシュアワーとの対比が、思いを強くします。

    忙しないリズム感を、楽しく表現した本です♪

    掲載日:2011/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 通勤帰宅の光景

    この出版社の作品は結構毛並みの変わった絵本を扱っている気がします。

    これは、通勤前・中のいろんな風景を、自宅での送り出しを含めて紹介しています。そして後半は会社から帰宅するまでの風景を紹介しています。通勤がどういうものか教えるのには良いかもしれません。

    個人的にはオチもないし大人が読んだらあまり面白くないように感じました。何も訴えない本もいいのかもしれないけど、主旨が分かりにくかったです。

    掲載日:2011/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラッシュアワー

    朝晩のラッシュアワーを画いています。朝起きてからの様子や、「いってらっしゃい」「おかえりなさい」まで、実に丁寧に描かれています。リズミカルに賑やかな町の様子も伝わってきます。「いってらっしゃい」「おかえりなさい」が大好きな孫です。人や車がいっぱいで絵もとても丁寧に描かれています。

    掲載日:2011/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 声が聞こえてきそうな絵です

    毎朝忙しい通勤時間と帰宅時間を
    楽しい絵とテンポのよい文章で紹介されています。

    通勤と帰宅の時間をメインにした絵本というのが
    とても面白いと思って読んだのですが、
    絵にとても引き込まれ、子供も夢中で聞いていました。

    いっきにたくさんの人の朝の時間を見ることができ、
    いっきにたくさんの人の夜の時間を見ることが出来ます。

    むずかしい内容ではないので、2歳の息子も
    しっかり見ていました。

    読み終わると、家に帰ったときのほっとした
    感じが味わえます。

    掲載日:2010/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音が聴こえてきます

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子12歳、女の子9歳

    朝、町が目をさまし、活動を始めていく様子と、人々が帰宅していく様子が描かれています。色彩豊かな絵で、子どもたちの目も引きつけられます。絵を眺めていると、その場面場面から音が聴こえて来るようです。車の音、人が歩く音などなど。毎日の何気ない様子が描かれていますが、その毎日の中にも何か発見があるのではないかと期待を抱かせてくれる絵本です。子どもとどんな音が聴こえて来るか、一緒に読みながら考えてみると良いと思います。

    掲載日:2007/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 毎日の通勤と家庭

    朝から夜までの絵本です。
     身支度して色々な乗り物で職場へ。
     それぞれが様々なお仕事をして、
     夜になったら仕事を終えて、
     また色々な乗り物に乗り、
     家族の待つ家に帰ります。
    文字だけをおっていくと、読むのがとても忙しいです。
    色々な擬音も出てきて楽しいです。明るいカラフルなイラストを楽しみながら子供と話しながら見ると楽しい絵本だと思います。

    娘はとっても遠くまで仕事にいく人の話だと勘違いしているようでした。

    掲載日:2006/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 毎日のくりかえしってステキなこと!!!

    • セロリマンさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子2歳

    「いってらっしゃい」から「おかえりなさい」までの大人たちの1日(場所は、たぶんニューヨーク)が、リズムのよいコトバと、おしゃれで生き生きとした絵でテンポよくつづられていきます。
    こどもといっしょに声に出して読むと、1日働いてちょっとくたびれて帰宅したこちらの気持ちまで楽しくなります。
    そう、毎日のくりかえしって、けっこうステキなこと!
    もうすぐ3歳になる娘が、保育園でしてくれる「いってらっしゃ〜い」の声が、ずいぶん元気になってきたような。
    お疲れ気味のワーキングママにも、うれしい1冊ですよー。

    掲載日:2006/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幸せは日常生活にある

    朝起きて、準備して、出勤・登園、帰宅といった日常の生活を描いた絵本です。
    舞台は日本ではないせいか、フェリーや飛行機といった出勤風景もみられます。
    娘はカラフルな絵に興味を持っていました。
    最後の帰宅した時のシーンは思わず、自分に重ね合わせてしまいます。
    幸せってこういうことなのかぁと思わせてくれました。
    子供にというよりは、お父さんやお母さんに是非読んで欲しい絵本です。

    掲載日:2004/07/15

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / おふろだいすき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(3.92)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット