たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

こぎつねキッコ」 みんなの声

こぎつねキッコ 作:松野 正子
絵:梶山 俊夫
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1985年10月
ISBN:9784494002207
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,665
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • するめみたいな作品

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子9歳、女の子8歳

    なんだかホッとするというか、するめみたいな作品だと思いました。
    ハデさは一切ないんだけど、ホワ〜ンといい気持ちになり、
    きつねのキッコの事が愛おしくなっちゃうんです。
    娘もそういうところが気に入ったのか、
    続きを読みたいと言ったほどです。
    次にどんなキッコに会えるか楽しみです。

    掲載日:2007/10/31

    参考になりました
    感謝
    2
  • シリーズ

    梶山さんの作品だったのでこの絵本を選びました。以前同主人公が登場する絵本を読んだ事があったので嬉しくなりました。行動力のある主人公に感心しました。人が大好きでいてもたってもいられない様子がひしひしと伝わってくるのが良かったです。怖がらずなんでも挑戦してみることの大切さを再確認できる絵本でした。

    掲載日:2010/05/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 満ち足りた気持ちに

    幼稚園の裏山にお母さんとすむ、こぎつねのキッコ。幼稚園の生活に憧れ、夏休みに誰もいない幼稚園でひとりで思う存分遊びます。
    一見地味な感じの絵本なのですが、読んだ後にとても満ち足りた気持ちになるおはなしだと思います。キッコの満ち足りた気持ちが十分に感じられるからかもしれません。
    このおはなしは、えんそくのまきやうんどうかいのまきなど、続きがあるようなので、ぜひ子どもたちと一緒に読みたいと思います。

    掲載日:2015/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ようちえんに行きたいキツネ

    4歳1ヶ月の息子に読んでやりました。幼稚園のそばに住んでいて、いつも幼稚園が気になっているキツネのキッコ。見つからないように、でも幼稚園のまねをしながら毎日を過ごしていましたが、夏休みになって誰もいなくなった園舎にこっそりしのびこみ、幼稚園体験をします。そしてそれが夏休みから戻ってきた園児たちに知られます・・・。直接園児とキッコが会うことはありませんが、お互いに心をかわしているなという心温まるストーリーです。すでに幼稚園に行きだした息子は、幼稚園の様子がよくわかるらしく、とても楽しそうに聞き入っていましたね。幼稚園に行っていらっしゃると身近に感じられるお話だと思いました。

    掲載日:2011/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒に遊びたい

    こぎつねキッコは、保育園が大好きです。子供十人と先生が一人の山の幼稚園の裏山にこぎつねキッコが、かあさんと住んでいました。やっぱり、賑やかな楽しい声につられて一緒に遊んでみたくなるのも頷けました。子供たちが夏休みになったら、こぎつねキッコはぶらんこに乗ったり、砂場でトンネルを掘ったり、教室でオルガンを弾いてと一人遊びでしたけどいままで行きたかった保育園で遊べてよかったと思いました。
    御世話になったからと保育園をお掃除したり、木の葉で朝顔の花を作って教室に飾るこぎつねキッコに感心しました。とっても和やかな気持ちになれる絵本でした。きっと、子供たちと一緒に遊びたかったと思いました。

    掲載日:2011/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供10人先生一人の幼稚園 田舎でのんびりした雰囲気 そこに住む キツネの親子 キッコは みんなと遊びたかったのでしょうね!
     
    うらやましそうに見ているのが いじらしいです いつも いつも みんなが遊んでいる様子を見て お母さんも見守っているのが 優しくて良いですね!(母親って キツネのお母さんのように見守るのがいいな〜)

    夏休みにキッコがブランコ乗ったり砂場で遊ぶ姿が かわいくて キッコにいつまでも、遊ばせてあげたくなりますね

    オルガン弾いてるキッコを外から見守る母キツネ
    人間と キツネの関係、距離がなくて 一緒に遊ばせてあげたくなるのは、母心ですね。(キッコの気持ちが分かるだけに・・・・)

    シリーズであるので 続きが読みたくなりました

    梶山さんの絵はのんびりした 雰囲気が出ていて キツネの親子が気持ちが よく伝わってきます (陰から見ているキッコがいじらしいです)

    掲載日:2011/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何となく楽しい絵本

    一部屋で園児が10人のこじんまりした山の幼稚園。
    園児たちが楽しそうにしているのを、子ギツネのキッコが見ています。
    自分も参加したいと思っています。
    幼稚園の夏休み、キッコは園児たちのやっていたことをまねて、幼稚園で遊びます。
    夏休みが終わって、園児が戻ってきました。
    気持ちよくなった話の途中で終わってしまったような物足りなさが残ります。
    この絵本はそこが良いのだと思います。
    園児たちの想像力を引き出してくれます。

    掲載日:2010/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • こぎつねキッコうんどうかいのまきを読んでおもしろかったので
    こちらも読んでみました。

    先にこちらを読めばよかったかなと思いました。
    うんどうかいの時の方がドキドキ感が伝わってきたからです。

    昔話などを読むときつねがいたずらして人間がバツを加えるとか
    猟師がきつね狩りをするなど
    きつねにとって人間は怖いものという認識が分かるかもしれませんが
    それがないと『きつねが人間のいないときに
    こっそりやってきて遊びました、終わり』というサラッとした感じ方
    になるかもしれないなぁと思ってしまいました。

    「きつねとタンバリン」という絵本を読んだことがあり、
    きつねは学校や幼稚園にやってきて
    こっそりいたずらしたり遊んでいくもの、ってイメージが
    子どもにはあるみたいです。

    掲載日:2010/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見守る気持ちが心地よい

    山の幼稚園を覗くのが好きなこぎつねキッコが主人公。
    キッコは、山の幼稚園の裏山に住んでいるキツネです。

    幼稚園が夏休みに入り、誰も来なくなる期間を見計らって、
    キッコは、憧れの幼稚園へ毎日遊びに行きます。

    幼稚園で1人(一匹)で遊んでいるキッコの姿が、とても
    楽しそうで、微笑ましいです。
    とってもとっても幼稚園に憧れている感じが伝わってきます。
    そして、夏休みが終わりに近づき、幼稚園とお別れする時に
    キッコのとった行動が、またとても愛らしいですね。

    大好きな幼稚園の子供達を見守るキッコ、そして、そのキッコの
    気持ちをくんで見守っているキッコのお母さんの存在。
    そんな見守る気持ちが心地よい、素敵な一冊です。

    どうやら「キッコ」シリーズとして、シリーズ化しているようですので、
    他の作品も読んでみたいと思いました。

    掲載日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地味だけど、いい感じ

    山間のちいさな幼稚園。近所に住んでいるこぎつねのキッコは、自分も幼稚園に通いたくて仕方ありません。
    幼稚園が夏休みに入って、誰もいない幼稚園。キッコは園にそうっと遊びに行きます。

    「きっこ」と言えば、こいでやすこさんの「きつねのきっこ」なので息子は「ええ〜〜??」という反応。絵も「きっこ」より地味だし、どうかなあと思ったのですが意外にも気に入ったようです。何度も読みました。
    同じシリーズで他のお話もありますが、この絵本が私は一番好きです。

    掲載日:2010/02/26

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット