おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

おきにいり」 みんなの声

おきにいり 作・絵:田中 清代
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1998年04月
ISBN:9784893255983
評価スコア 4.43
評価ランキング 7,956
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • このお母さんスゴイ〜☆

    魚の着ぐるみって発想が面白〜い☆
    しかも、保育園に行くのにその格好許しちゃう??(笑)

    ネコに驚かれ、おばさん達に笑われ、女の子に泣かれ・・・。
    途中の雨で「重くなっちゃったよ!」って、魚なのに!!(ぷぷっ)

    そして、保育園に行けば、みんなのヒーロー☆
    子どもは、常識とか関係ないもんね〜。面白そうならOK☆

    お母さんの傘や、お弁当包みにも注目ですっ☆

    掲載日:2010/06/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • えがおもしろかったです

    おもしろかったところは、たむがさかなのきぐるみをきたところです。

    さかなのきぐるみをはじめてみたので、「これなに」ってわらっちゃいました。

    びっくりしたところは、がみがみじいさんがたむのきぐるみをみると、にこにこじいさんになっちゃったところです。

    かおが、すごくかわったので、ぴっくりしました。

    おもしろかったところは、とびだしちゅういっていうかみにかえるがかいてあったところです。

    かえるにもきをつけてってことなのかなって、ふしぎだけどおもしろかったです。

    えがおもしろかったです。

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 息子のお気に入りに

    お母さんの手作りの被り物を来て登園するタムくん。
    道行く人の反応は様々です。突然の雨に降られてお母さんと共に登園し、そこでの友達の反応。
    とてもユニーク。ユニークすぎて、私はなんだこりゃ状態でしたが、息子は何故かとても気に入っています。

    掲載日:2015/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい子育て

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    幼稚園の年少さんの時に
    息子がパジャマのまま行きたい!とぐずったことがありました。
    私は当然そんなこと許されないとおもい
    怒りながらもどうにかこうにか
    通園ジャージに着替えさせました。
    そんなこと忘れていたのですが
    先日幼稚園にパジャマのまま来ている子がいました。
    そのママが「着替えないってきかなくって」と困った様子でした。
    すると先生が
    「そんな時もありますよね。問題ないですよ」と笑顔なのです。

    なんて素敵なんだろうと思ったのです。
    それから数日後に図書館で借りてこの絵本を読みました。
    保育園にいくこに魚の着ぐるみを作ってあげて
    それで通園するおかあさん素敵です。
    そりゃおきにいりですよね。
    少し感動すらしました。

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子のおきにいり

    お母さんお手製のさかなのきぐるみ。
    全身すっぽり包まれる。
    これが、ぼくのおきにいり。

    それを着て保育園へ向かうお話です。

    こんなふうに実際できるかと言えば難しいけど
    子どもの望む世界を広げてあげるこのお母さん素敵です。

    だって「それ、着ていくの?汚れるからやめて」とか
    「へんだよ、笑われるから脱ぎなさい」とか。
    大人は現実的でつまらないことを言いがちですもの。

    道すがら「おかしな子」と笑う人もいれば
    「りっぱなさかなだ」と褒めてくれるおじいさんもいる。
    人の評価も感想も人それぞれ。

    最後のページがまた微笑ましい。
    お弁当の時間かな?
    おさかなを上だけ脱いで、お弁当を掲げる嬉しそうな彼の姿。
    足元には雑巾が敷かれ、どろんこのついたさかなの足が見えます。

    子どもの夢を「常識的ではない」として、すべて奪うことも容易。
    でも、子どもの夢に歩み寄って受け入れることも、また容易なのかもしれませんね。

    どのあたりのバランスで子どもと付き合ってるかな?と考えさせてくれました。ありがとう。

    掲載日:2012/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 擬態語表現が共感できて笑いを誘われ

     「トマトさん」でノックアウトされてしまった田中先生の絵。
     今回も楽しい作品です。

     主人公のたむ君のお気に入りは、おかあさんお手製のお魚の着ぐるみ。
     え゛〜〜〜って思いながら、着ぐるみを着てたむ君が幼稚園へ行く様子を読みました。
     確かに魚が立って歩いています。
     もう、爆笑!
     ご近所の反応も様々。
     猫はひっくり返るし、頑固じいさんは相好を崩し、井戸端会議中のおばさんたちの表情がもう最高!
     幼稚園へ向かう途中、雨がぽたん、ぱらりと振ってきます。
     着ぐるみが、重たくなったその時に現れた・・・。

     とにかく素敵なお母さんです。
     たむ君と一緒に楽しんでいるっていう感じ。
     受け入れる幼稚園の先生も素敵。
     ラストのページのお弁当の時間のたむ君の足元を見てください。
     ところで、たむ君はお弁当を頭の上に乗っけて着ぐるみを着てたのかな?
     ナイスアイディア〜!っていうか、ナイステクニックです(笑)。

     絵もストーリーも素敵でしたが、なかでも田中先生の擬態語表現が素晴らしい。
     雨の落ちてくる音の変化。
     雨が傘にぶつかる音・長靴で歩く音・濡れた魚の着ぐるみの歩く音など、み〜んなみんな共感できて笑いを誘われました。

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • さかなの着ぐるみ・・・!

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    親子のお話会で参加していたママが、紹介してくれた絵本ですが、インパクトの強さに非常にひかれます
    さかなの着ぐるみっていったいどうやって作るのだろう・・・?
    と私の頭はいっぱいになってしまいました
    雨が降っての送りに行った傘の模様だって笑っちゃいますよ!
    いやぁ〜あんな親子がいたら楽しいだろうなぁ〜と後から後から笑いが止まりませんでした

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何だこれは・・・(笑)

    • 白ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    とても変な絵本です(笑)
    お母さんが作ってくれた魚のきぐるみがお気に入りの男の子。
    そのきぐるみを着ると全身すっぽり魚。立った魚。
    そして、そのきぐるみを着て出掛けるのですが、すれ違う大人はみんなイヒヒ顔に。
    そして、最後は保育園にその姿で登園するのですが・・・。
    読み終わるとこちらの顔もイヒヒ顔になっています(笑)

    NHK教育テレビの『てれび絵本』でも放送されていました。

    掲載日:2010/09/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    「トマトさん」が気に入っているので、田中清代さんの作品を探して読んでみました。
    いや〜、なんて言ったらいいのか、不思議な空気が流れている絵本です。
    「トマトさん」に比べると、こちらは登場するのが普通の人間な分、余計に不思議な雰囲気が増している気がします。日常のような、でも別世界のような。
    魚になっているたむくんと出会う人たちの、それぞれの反応っぷりが楽しいです。
    それにしても、魚の着ぐるみ作ってくれるお母さんって、どんなお母さんなんだろう。ぜひお話してみたい!

    掲載日:2010/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • やはり受けていました

    田中清代さんということで読んでみました。

    おもしろ系が好きな息子が好きそうと思ったのです。

    やはり受けていました。

    着ぐるみでも、お魚ということがまず意表をついていておもしろかったです。

    着ぐるみを着ていることで、会う人といつもとは違う印象を持つというのも、新鮮なことだろうと思いました。

    お母さんがお魚のかさでランチクロスもお魚柄と、細部へのこだわりも感じました。

    こういうのって、見つけるとうれしいです。

    田中清代さんファンの方やおもしろ系が好きな方におすすめします。

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット