だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

いちばん!の図鑑」 みんなの声

いちばん!の図鑑 監修:今泉 忠明
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:2010年12月
ISBN:9784052033452
評価スコア 4.75
評価ランキング 732
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いろんないちばん!

    「いちばん」が好きな10歳の娘のためにと思って購入しましたが、思わず私も夢中になってしまいました。
    前半はいろんな動物たちのいちばんが紹介されていました。走るはやさのいちばんや、卵を産む数いちばんなど、興味深い内容ばかり。写真がたくさん載っているのでわかりやすいです。
    その他にも、植物のいちばんや、地球のいちばん、気象のいちばんなどなど、いろんな角度からの情報がちりばめられているので飽きません。
    図鑑初心者にピッタリな内容でした。

    掲載日:2014/12/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 面白い

    実は、私が図鑑苦手だったんです。
    写真と説明文だけで、正直、面白さが解らなかったんです。
    ところが、最近、学研の図鑑が面白いという話を聞いて、こちらを手にしてみました。
    結果、大正解。
    私や子供も楽しんだのですが、一番はまっていたのは夫かもしれません。

    掲載日:2012/03/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 図鑑最初の1冊としてお勧めです

    学研ニューワイド図鑑シリーズのなかの1冊です。
    でも、いわゆる図鑑と違い、なにか一つの分野にしぼった専門的な本ではありません。
    さまざまな分野における「いちばん」にスポットが当てられた内容なのです。
    どのページをめくっても、へーー!と感心したり驚いたり楽しめます。
    もちろん、幅広い分野にわたっていることもあり、一つ一つの項目についてはそれほど詳細な説明があるわけではありません。
    なので、この本を読んで興味を持ったら別の図鑑で詳細な説明を調べる、という形で補完していけばいいのかなと思います。

    学研のニューワイドと双璧の図鑑である小学館NEOシリーズにも、「くらべる図鑑」がありますよね。
    コンセプトとしてはよく似ていると思います。
    「くらべる図鑑」を持っていたので、こちらは必要ないかな・・と親としては思ったのですが、微妙に違うので、こちらはこちらでとても面白いと息子は言っています。

    図鑑を全シリーズ集めるのは金額的にもかなりしますし、あんまり活用してもらえなかったらと思うとどの本から買えばいいのか悩むところだと思いますが。
    まずはじめの1冊として、この本はお勧めです。

    掲載日:2011/03/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • これぞ図鑑!!

    もう直ぐ3歳ですが、少し早いと思いながらも大人も楽しめる為購入しました〜(*^^)v 

    今一意味は解らないようですが、小さな子供にも捲りやすく
    動物、乗り物等男の子には大変興味の有る物が掲載されている為
    結構ガンミしてました(#^.^#)  

    掲載日:2011/02/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • お正月に家族でみました。

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    お正月におばあちゃんから長女へのプレゼントでした。
    (現物お年玉??)
    もうすぐ小学生だから図鑑もいいかなって思ったそうです。
    ありがたいです。図鑑は高いし借りるには重いし・・・。
    内容が多いのでやっぱり長く読みたいし、調べたいですもの。

    さて、この図鑑の内容はその名の通り
    あらゆるジャンルの一番紹介です。
    動物、植物、地球、気象、乗り物
    日本の一番、世界の一番なんかは面白いですよ。
    県の特色もわかりますから。

    しかし、長女がチラッと見た後
    元旦で集まった大人たちの様子が面白かったです。
    一日中誰かがどこかでこの図鑑を広げてるんですよ。
    親戚中で回し読みをした元旦でした。

    掲載日:2011/01/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 写真たくさんで見やすい

    まだ購入して1週間ですが興味なさそうだったこどものそばで私が本を開くと「何々?」みたいにちかよって一緒に見てます。今見た中で食いついてきたのはいちばん早く走れる動物のパノラマ写真と実物大のぞうの鼻写真です。もちろん象の鼻の役割などものってます。写真がたくさん載っているし幼稚園児からでも楽しめますよ。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知りたいことが詰まっています!

    学研の図鑑はとても内容が充実しているので個人的に気に入っています。
    このいちばん!の図鑑もそのひとつです。
    動物の大きさ、重さ、速さ、食べる量・・いろんな視点からの一番を教えてくれるので大人も勉強になります。
    動物、植物、昆虫、自然・・
    とにかく一家に一冊あれば子どもの好奇心はかきたてられるかと思います。
    我が家の子どもがちょうど120センチくらい今あるのですが、比較するときに登場する男の子の身長が120センチという点もより驚き、感動を覚えるようです。

    掲載日:2013/02/01

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット