ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

雲じゃらしの時間」 みんなの声

雲じゃらしの時間 作:マロリー・ブラックマン
絵:平澤 朋子
訳:千葉 茂樹
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年10月
ISBN:9784751524473
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「雲じゃらしの時間」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自己を見つめる

    詩を書いてみようとマッキー先生に言われたぼく。

    デービーのことを書いてみようと思います。

    詩を書く、ある意味作文を書くよりももっと難しいかもしれません。

    自分の気持ちのより深いところを探り、書いたこととは?

    自分の中の辛かったことを見つめ直すのは、次に進むためなのかもしれないと思いました。

    失敗や取り返しのできない過ちは誰しもすることで、そこから何を見つめ何を気付きとしていくのか、それがまた大切で。

    おし隠していた気持ちが表面にでてきたことでぼくの気持ちも明るくなってきた感じがしました。

    読み終わった後に清々しさがありました。

    掲載日:2011/02/17

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット