庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

おれ、うさぎのラビィ」 みんなの声

おれ、うさぎのラビィ 作:マーティン・ワッデル
絵:バーバラ・ファース
訳:山口 文生
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2001年01月
ISBN:9784566007000
評価スコア 3.33
評価ランキング 36,472
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • もう少しオチが欲しかったです

    うさぎのぬいぐるみのラビィが、サミーぼうやと一緒に屋外へ。置き去りにされたまま(悪意はないんですよ)のラビィは、そのうちうさぎの集団に遭遇。でも、明かりがつくとうさぎたちが逃げていって、、、。

    最後はサミー坊やが「忘れてごめん」という感じにあわてて迎えにきてくれます。一緒に眠る姿はかわいらしい。

    全体に生意気な可愛い感じがよく描写されていますが、大人としてはストーリーにはもう少し展開とオチが欲しかったです。3歳の子供はまあまあ面白かったような顔をしていました。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • かっこいいイメージ

    • キンコママさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子4歳、男の子2歳、男の子1歳

    うだぎってかわいらしいというか、女の子のイメージが強かっただけに題名で「おれ・・」と見た時にはちょっと興味をそそられました。このうさぎが主人公でちょっと悪ぶった言い方がこれまたさっぱりした感じでかわいい。持ち主の男の子の事が大好きでいつも一緒。ある日このうさぎに事件が・・・・・うさぎが男の子を想う気持ちが痛いほど伝わってくるきkっかけの事件。思わずジーンときちゃいました。子供達はこの絵本を読んだ後、しばらく今まであまり触らなかったぬいぐるみを持って遊んだりするようになりました。

    掲載日:2008/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳の娘はぬいぐるみを大切にしません。
    ぬいぐるみを抱っこしたりなでたりしないのはもちろんのこと、ポーイと言って床に投げたりふんずけたりといった調子です。

    私自身は子供の頃に大好きなくまのぬいぐるみがあり、とても大切にかわいがっていたのでなぜ娘がぬいぐるみにたいしてこのような態度なのか分からず、なんとかもう少しぬいぐるみを大切にしないものかと日々思っていました。

    こんな時に出会ったこの絵本、うさぎのぬいぐるみ、ラビィが主人公で彼の視点で描かれているストーリーなので、この絵本を読めばぬいぐるみはお友達と同じ、感情を持っているものだし大切にしてあげないとかわいそうだ、と娘は感じでくれないかと思い、図書館で借りて読みました。

    一人ぼっちで残されたラビィのさみしい気持ち、そして最後はハッピーなラビィの気持ちがよく伝わってくると思います。

    娘のぬいぐるみに対する態度は相変わらずですが、少しはぬいぐるみの気持ちを分かってくれたかな?

    掲載日:2007/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなぬいぐるみあったら欲しい

    うさぎのぬいぐるみラビィの独り語りという構成がユニーク。

    ラビィは持ち主のサミー坊やのことが大好き。
    大の親友だと思ってるのに、ある日お庭に置いてけぼりに。
    それでも、ラビィは「サミーがオレを忘れるわけが無い」と
    サミーとの友情を信じて自信満々でサミーを待ち続ける…。

    とってもいじらしい!

    サミーの側から描くと、あ、お庭にぬいぐるみ忘れた!
    取りに行かなきゃ…っていうだけの話だと思います。

    この二人のギャップが面白いですね。
    ぬいぐるみが自分を人間と対等だと思ってるところも
    なかなか微笑ましい。

    子供がこれを読んだら、きっと自分のぬいぐるみを
    大事にするんじゃないかなあ。

    それと掛け値なしに人を信じる一途さも
    ラビィから教わって欲しいなあ。
    ややポジティブ過ぎかもしれないけど(笑)

    掲載日:2007/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小生意気な口調がかわいらしい♪

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子10歳、女の子8歳、女の子3歳

    長男が借りてきて読んでくれました。
    家でうさぎを飼ってるせいか、うちの子たちは、うさぎに対する愛着がかなり強いようです。

    男の子が、大事にしているうさぎのぬいぐるみを、外に置き忘れてしまう、わりとよくありそうなお話ですが・・・。
    でも、おもしろいのは、うさぎ(ぬいぐるみ)の視点でかかれていて、しかも、「サミー(男の子)って いいやつ。おれ、大すき。」なんて、小生意気な口調でしゃべってるところが、何ともかわいらしいです♪
    ほのぼのとした絵も魅力的です。

    掲載日:2004/04/05

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット