しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

かべ―鉄のカーテンのむこうに育って」 みんなの声

かべ―鉄のカーテンのむこうに育って 作・絵:ピーター・シス
訳:福本友美子
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2010年11月
ISBN:9784776404347
評価スコア 4.22
評価ランキング 15,463
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 人生の始まりは、冷戦とともに

     ピーター・シスさんの自伝的絵本。シスさんは、1945年から始まった冷戦の頃に東側陣営のチェコスロバキアで生まれました。その後、どのような環境の中で育ってきたか、生きてきたかが描かれています。

     自由や人権がいかに貴いか、そして、どれほど容易く それらが踏みにじられていくかがわかります。そして、為政者がどんなに自由を禁じても、人々はそれを求め、やがては手にしたことも描かれています。自由の息吹が入り込んでくると、世界は色づきます。色づいたり、でもまた、黒と赤の世界になったり・・・。いろんなことが繰り返されて、今があります。

     そう、壁は壊れました。壁はいりません。いつまでも自由と人権が守られる世の中でありますように。描きたいものが描ける世の中でありますように!

     ご自分が経験してきたことを、画家である自分ならではの方法で伝えようとした、力作の絵本だと思います。

    掲載日:2016/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歴史の生き証人

    チェコに生まれ、時代に翻弄され乍ら、常に描き続けたピーター・シスの

    壮大な自叙伝です。

    子ども時代も含めて、膨大な数の絵で構成されているので、一つ一つ

    が、切手のように小さくなっていますが、どれも愛おしくて、外せなかった

    ということはよくわかります。

    細かな線の一つ一つに、見たものは、すべてとどめておこうという、強い

    意志がにじみ出ている気がします。

    絵を描くことは、自分を支えることであり、世界を見つめることであり、と

    りもなおさず、生きていることの証であったのでしょう。

    そしてそれは、そのまま貴重な歴史の記録となって、私たちに、自由や

    平和について、考えさせてくれるのです。

    掲載日:2015/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • プラハの春

    東西冷戦時代を、子供から見て描かれていたと思います。
    ベルリンの壁が崩壊した当時、私はまだ小学校に入るか入らないかといった年齢でした。
    リアルタイムで見た出来事というよりは、教科書で学んだ歴史なので、こういったリアル感のある本は、自分にとって参考になります。

    掲載日:2013/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 園児には・・・

    このお話はベルリンの壁が崩壊するまでの事を描いたお話だっのですが、幼稚園児はまだそんな歴史的なことは知らないので、全く分かっていなかったです。大人でもちょっと難しい感じだったのですが、私は学生の頃に勉強したことを思い出してちょっと楽しかったです。

    掲載日:2012/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冷戦下の資料としても

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子16歳、

    作者の自伝的作品。
    第二次大戦後、1949年にチェコスロバキアで生まれた作者は、
    社会主義の教育や統制を受け、育つのです。
    絵の好きな少年、というごくごく普通の子どもすらにも影響する社会環境が描かれます。
    ほとんどモノクロの線画のような絵に、共産主義の赤色が鮮明に映えます。
    そして、冷戦。
    象徴的な壁(THE WALL)の存在感を体感できそうです。
    自分史の中に踏み込んでいるイデオロギーの重みを実感させられた思いでした。
    ところどころにちりばめられた絵や写真は、おそらく作者のものです。
    これは資料としても価値があるかもしれません。
    歴史的な背景がわからないと難しいので、世界史まで理解できる年齢でないと難しいでしょう。
    とても読みごたえのある作品でした。

    掲載日:2012/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢を持ち続けること

    私が小学生だったころ、ベルリンの壁が崩壊した。
    遠い国の出来事を連日テレビで報道されるのをただなんとなく見ていた記憶がある。

    この絵本は、その「かべ」が崩壊するまでの作者の記憶である。
    物心ついたときから絵を描く事が好きだったけど、学校では好きなモチーフの絵は描けなくて、家の中だけで描いていた・・・など。

    日本に住んでいる私たちには経験のないこと。
    政治家たちへの不満も口にできる。
    好きな服を着て、好きな音楽を聴ける。
    生まれた時から、ある程度の自由が保証されて育った私には
    作者の境遇がどれほど厳しいものだったか・・・
    想像しがたい。

    ただ、常に心の中で夢を描き続けること。
    その執念にも似た想い。

    たぶん、今・・・
    私にはそれが足りないのかもしれないと自分を省みる。

    この絵本には小さい頃からの自身の境遇を淡々と受け止めて生きる
    作者の潔さのようなものが感じられて読んでいて息苦しくならない。
    おそらく、こういったテーマの場合、暴力模写や、憎しみが充満している場合が多く読んだあとに苦しくなるものが多い気がする。

    これは、人にも勧めやすい。
    息子のためにも絵本棚の端に置いておこうと思う。
    小学生になったら読む日がくるだろう。

    掲載日:2011/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冷戦を描いた異色作

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    2008年のコールデコット賞オナー賞受賞作品。
    原題は、「The Wall: Growing Up Behind the Iron Curtain」

    舞台は、第二次世界大戦後、冷戦時代のチェコスロバキア。
    アメリカに亡命した絵本作家ピーター・シスが、冷戦下のチェコスロバキアでの生まれてからの世界を描いた異色作とも呼べる作品です。

    ものごころついてからずっと、絵をかくのがすきだった。
    はじめは、いろいろな形。
    やがて、人をかいた。
    家では、なんでもすきなものをかいたが、
    学校では、かきなさい、といわれたものをかいた。
    戦車をかいた。
    戦争をかいた。
    教わったことに、何の疑問ももたなかった。
    やがて、教わらないこともあると知った。
    という文が、それぞれの絵の下にあります。

    絵は、コマ割で描かれていて、どういう事象があったのかが、詳細に描いています。
    モノクロに、共産主義のシンボルである赤旗や星が赤で、実に象徴的な構図となっていて、胸を打たれました。

    また、所々に、私の日記と称されたピーター・シスの日記のページがあります。
    日記のまわりには、当時描かれた絵や写真が散りばめられていて、その世相や、如何にシスが絵が好きだったのかが伺い知れます。

    それほど歴史を遡ることなく冷戦下の世界が存在していたことを思い起こすと、今の日本で生活していることの幸せを改めて認識させられます。
    平和ボケと言っても過言ではないかも知れません。

    こういう史実を伝えること、翻って知ることは、現代を生きる私達にとって必要なこと。
    また、伝えていかないと、風化してしまいます。

    書籍で知ることも必要ですが、こんな絵本という形式は、史実を伝えると言う点において、実は優れているのではないかと思いました。
    その生活が、実に分かりやすく描写されています。
    さらに、この絵本が良いのは、ピーター・シスが、常に現状に対して考え疑問を抱き、希望を持ち続けた人物であったと言う点。
    この視点があるからこそ、作品が活き、読む人の共鳴を得ることが出来たのだと思います。

    対象年齢は難しいですが、中学生くらいからでしょうか。
    歴史を考える上で、貴重な副読本としてオススメできる作品です。

    掲載日:2011/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知らないことを知りながら

    ピーター・シスの自伝だそうです。

    「モーツアルトはおことわり」と同じ時期に読んだので、この絵本も私にいろいろと考えさせる機会をくれました。

    チェコの鉄のカーテンの時代のことはよく知りませんでしたが、この絵本は絵だけ追っていってもわかります。

    プラハの春と呼ばれた時代には、色が華やかであるのに対して、弾圧されていた時代には白と黒と赤のみだからです。

    戦後生まれの私には、父や母からその時代のことを聞く機会がありました。

    でも、今の息子の世代はこれからどうやってその時代のことを知っていくのか?ということを最近考えます。

    語り継いでいかなくてはいけない内容ではあるので、それはやはり親としても考えるところです。

    自分に描きたいものがあり、一度自由な世界を知ってまた弾圧があったら、私としてはどう生きるのだろうと考えました。

    自由のありがたさや平和のありがたみを感じられる国に住んでいるからこそ、やはり考え続けなくてはならないのだろうと。

    まだまだ考えは簡単にはまとまりませんが、これからも知らないことを知りながら考え続けていくのだと思います。

    掲載日:2011/01/20

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おやすみなさい おつきさま / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / 14ひきのあさごはん / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット