ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!

おねえちゃんはしゃしょうさん」 みんなの声

おねえちゃんはしゃしょうさん 作:長崎 源之助
絵:山中 冬児
出版社:実業之日本社
本体価格:\0+税
発行日:1980年08月
ISBN:9784408360355
評価スコア 4
評価ランキング 23,560
みんなの声 総数 1
「おねえちゃんはしゃしょうさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 兄弟姉妹っていいなぁ

    主人公のゆきおくんのお姉ちゃんは学校を卒業して、バス会社に就職し、
    車掌さんになる為の研修中。家で2人の弟にお客さんになってもらって
    練習をします。そして、今度の日曜日に初めて乗車実習になり、
    弟2人はお姉ちゃんに内緒で、お客さんとして乗車することに...
    さて、初めてのお姉ちゃんの車掌さんぶりは?! という話です。

    この話が初めて世に出たのは1972年だそうで、もう今から40年近くも前
    なので、今の子供達には、バスにも車掌さんが乗っていたなんてピンと
    こないかもしれません。

    でも、作者:長崎源之助さんの子供達に対するやさしいまなざしを
    とても感じる童話で、特に兄弟愛(実際は姉弟愛)っていいなぁと
    感じさせられる本です。

    お姉ちゃんの家での練習中の兄弟とのやりとりが実に滑稽で、
    (例えてみると、サザエさんとカツオくん並です)
    まさに活きた会話という感じで、5歳の一人っ子の息子もゲラゲラ笑い、
    逆に兄弟がいたらこんな風な会話が日常茶飯事だったんだろうな、と
    親の私の方が息子に対して少し申し訳なくなりました。

    そして、最大の山場の乗車実習もとても面白く描かれていて、
    年代を感じるかもしれませんが、これからも幼年絵童話として、
    ずっと残っていって欲しい話でした。

    「ばか」とか「いんちき」とか、そういう言葉もいっぱい出てきます。
    そこがこの話をとても楽しくしているスパイスだと思います。
    また、山中冬児さんの絵が実にこの話にベストマッチしています。

    絵本としては、ちょっと長めですが、全ページに絵があり、ストーリーが
    ちゃんとあるので、年長さんくらいからなら十分に楽しめると思います。
    是非、読んでみて下さい。お薦めです。

    掲載日:2010/12/15

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

おつきさまこんばんは / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


頬をひっぱったら?お子さん・お孫さんといっしょに!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット