しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

カムイチカプ」 みんなの声

カムイチカプ 作:藤村久和
絵:手島 圭三郎
出版社:絵本塾出版 絵本塾出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2010年05月
ISBN:9784904716069
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,038
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アイヌのお話を伝える大切さ!

    カムイチカプと言うアイヌ語は 神の鳥という意味で シマフクロウのが 村々を見守っていました

    トロリンボー トロリンボーとなきながら 手島さんの版画の迫力はすばらしく シマフクロウの威厳を感じます!   ある時 海でシャチの群れが現れ とうもくのシャチの言うことを聞かない 若いシャチたちが 神の鳥を馬鹿にして ぶかっこうな鳥といい 波しぶきをかけたことに 怒った   神の鳥 シマフクロウの凄い目 怖いぐらいです!(手島さんの版画は すばらしい!)

    そして 怒りの大波に飲まれて シャチの群れは肉をきり 骨を砕かれあとかたも なくなってしまいました
    神に対する  ルールを守らなかったことが こうした結末になるのですが・・・・
    自然の掟 大切さを アイヌの神々の物語で伝えているのでしょう!

    長い年月がたち 又 シマフクロウのもとに 海のシャチの群れが現れますがこの時は きちんとルールを守っているシャチたちがいたのです
    そして  シマフクロウは 末永く シャチの一族を見守ることを深く心にきめたんじゃとと 語られています。

    アイヌ文化の伝承者 四宅 ヤエさんはもう亡くなられましたが、彼女の語りで 聞いたら 深く心にしみたのではと、残念です!

    後書きの 梅原 猛さんの アイヌの人たちは東北の人と大変近い面を持った人たちであると書かれています
    日本の文化を強く残している。 アイヌ文化は 日本文化の原点であり人類の文化にとって大切な方向を指し示している。

    今こそ 人類は、自然すなわち動植物どんな深い意味を持ってわれわれに語りかけているかを 真剣に考えなければならない時代にきているからです(東北の大震災のことも考えながら・・・・)

    この言葉の重みも感じつつ  この絵本が伝えたいことを感じました。 

    掲載日:2011/10/05

    参考になりました
    感謝
    2
  • アイヌの神様は自然界の秩序を守っています。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    アイヌの昔話の語り部≪四宅ヤエ≫さんのお話を藤村久和さんが文章にして、手島圭三郎さんが描いてくれた「アイヌの神話絵本:神々の物語」シリーズの1冊です。

    “神”といってもアイヌの人々にとっての紙は、人間の姿をしてるものはなく、そこに住む自然界の生き物であることが多いようです。
    しかも、底知れぬ神々しい力はありますが、決して人々の平和のためなどという博愛精神は持たず、
    しいて言うと自然界の秩序を守るための存在といった感じでした。

    この「カムイチプカ」に登場する神さま=シマフクロウを、手島さんは荘厳に美しく描いてくださっていました。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • アイヌの物語、神々の物語、知床の物語

    少し前から、手島さんの版画がとても素敵だなあと思っていて。
    羅臼のビジターセンターに行ったら、この絵本が置かれていたので
    手にいれました。
    ビジターセンターではシマフクロウの標本や、本物のシマフクロウと
    同じ重さのぬいぐるみも置かれており、その大きさやふわふわ加減に
    しびれてしまったのです。巨大なシャチの骨にもしびれました。
    しびれてしまっていたところにこの絵本。
    迷わず購入、です。
    シマフクロウの神々しさが本当によく表現されている絵本だと
    思います。山から吹き下ろす激しい風も!(羅臼おろしの大風に
    ついても聴いていたところだったので)
    アイヌの人の言葉が使われているのも素敵でした。
    その土地の言葉やその土地にまつわる物語はずっしりと重たくて
    いいですね。

    掲載日:2011/05/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • なるほど!と思うシリーズです。

    シマフクロウの神様と若いシャチの群れのお話です。
    こちらのシリーズ絵本は,手島圭三郎さんの木版画のイラストがとても魅力的な絵本です。
    そしてメッセージ性もあり,現代を生きる人間にも参考になるシリーズでもありますね!

    掲載日:2015/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • シャチからも神と崇められているシマフクロウ。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    神に逆らうと痛い目にあいますね…。お話の一番最後に出て来た「タネパクノ」の意味がわからなかったのですが「めでたしめでたし」みたいな感じでいいのかな?アイヌ語ですよね?見開きいっぱいに描かれた版画はどのページも迫力満点です!

    掲載日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然の神

    アイヌの物語です。
    豊かで厳しい自然に生きていた人々は、シマフクロウを「神の鳥」と考えていたのですね。
    神を敬わず、年長者の言葉にも耳をかさなかった結果は、恐ろしかったです。
    まさに、神の力を思い知った瞬間と言えることでしょう。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • シャチたちの運命

    現実離れした物語ですが、妙に説得力があります。

    とても迫力のあるこの絵が
    物語にリアリティを与えているようにも感じます。

    神を愚弄したシャチたちの運命・・・。

    ヒヤヒヤしながら読みましたが、
    想像以上にひどい最後でした。

    神を敬う気持ちを、忘れてはなりませんね。

    掲載日:2014/02/10

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 1
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 6

全ページためしよみ
年齢別絵本セット