しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

大魔法使いクレストマンシー魔女と暮らせば」 みんなの声

大魔法使いクレストマンシー魔女と暮らせば 作:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
絵:佐竹 美保
訳:田中薫子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:2001年12月
ISBN:9784198614614
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 日常に魔法が関わっている中で

    大魔法使いクレストマンシーのシリーズの中で、
    この本が1番おもしろかったです。
    わたしは、グウェドリンみたいなお姉さんがいたら、
    いやだと思います。
    いじわるだし、かってに命を使うなんて、ひどいからです。
    グウェドリンに、クレストマンシーは、あまりおこらずに、
    ほっとくから、すごいと思いました。
    わたしなら、すぐおこると思います。
    (おしろから追い出すかも。)
    こんな世界があったらいいな、と思います。
    そっちの世界は、自由だからです。

    掲載日:2014/08/25

    参考になりました
    感謝
    2
  • グウェンドリンがひどすぎ!

    めちゃくちゃ面白い一冊でした!

    グウェンドリンとキャットは親に死なれた2人きりの姉弟。いつも割をくってかわいそうなキャットですが姉を慕っています。でも、クレストマンシーという役職についた親戚のところにいくと大変なことがたくさんわかってきます。最後のあたり、、、姉が弟をどう思っていたか、これで弟は傷つきますが本当にひどすぎる。命をなんだと思っているのか、、、。幸せになってほしいです。

    クレストマンシーの話はシリーズであるようなので、読むのが楽しみです。シリーズでも、役職名だから続編ではないのかもしれませんが、とりあえず楽しみ!キャットがクレストマンシーになったらその話も読みたいものです。

    掲載日:2012/03/07

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / バムとケロのにちようび

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット