もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

クリスマスのぎんのすず」 みんなの声

クリスマスのぎんのすず 作:ロルフ・クレンツァー
絵:マーヤ・デュシコーヴァ
訳:佐々木 田鶴子
出版社:ペンタン
本体価格:\1,553+税
発行日:1994年12月
ISBN:9784885544309
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,019
みんなの声 総数 2
「クリスマスのぎんのすず」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • プレゼント

    「リン リリン リンー」と、とても素敵ないい音のする小さな鈴を拾ったラケルは、目の見えないルツおばあさんの手に握らせてあげたのがとても優しいと思いました。でもルツおばあさんは、「ラケルが持っていた方がいい。そのうち、きっといいことがあるから」と予言通りに、馬小屋で生まれたイエスさまへのプレゼントとして役にたってよかったです。クリスマスの夜に、ラケルがお祝いに送った小さな銀の鈴は、ずっと永遠になり続けるでしょう・・・・!

    掲載日:2011/08/11

    参考になりました
    感謝
    0
  •  表紙絵に惹きつけられ図書館から借りてきました。

     奥付を見ると1994年、チェコスロバキア時代に出版された作品のようです。

     イエス様の生誕を神の遣いに知らされ祝福に駆けつける貧しい羊飼いの事が記されているのは、新約聖書のルカ福音書ですが、そのお話をふくらませた作品のようです。

     考えてみると、クリスマスに大活躍の鈴の起源は何なのでしょう?
     そりを曳くトナカイの首につけられたものと言うよりは、やはりこの作品の時代まで遡りあったと私も考えたいですね。

     ベツレヘムの町に住む貧しい羊飼いの娘ラケルは、母親を失くし、遠方まで移動し羊を飼う留守がちな父親に育てられている淋しげな少女です。
     ある日町で小さな銀の鈴を拾い、落とし主の見つからぬこの鈴を大切にしまっておきました。
     それから間もなく、ベツレヘムへヨゼフとマリアがやって来て、・・・。

     まさしく、イエス誕生のお祝いのその場に一緒に居合わせたような感動がある絵です。
     貧しいながらも差し出す羊飼い親子のギフトの温かさが、馬小屋の中に満ちています。
     
     鈴の起源は、こうであったに違いないと思いました。

    掲載日:2010/12/20

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット