しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

にんじゃサンタ」 みんなの声

にんじゃサンタ 作:丸山 誠司
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年11月
ISBN:9784569780962
評価スコア 4.42
評価ランキング 8,759
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 確かに忍者かも

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子21歳、男の子18歳

    意表を突かれるコラボです。
    でも、案外、本当かも、と納得してしまいました。
    舞台は、丸山誠司さんお得意のお城です。
    とくれば、忍者は必然ですね。
    日々修行中の忍者が、やはり面白いです。
    そして、クリスマスイブになれば、サンタに早変わり、
    これはお手の物ですよね。
    もちろん、修行の賜物、身軽な仕事ぶりは、サンタクロースの仕事にぴったりです。
    極秘の任務も、得意技。
    最初は、殿、ご乱心か!と心配しましたが、この発想に、拍手です。
    忍者ものなので、子どもたちもサンタクロース像の夢は壊さず、楽しめると思います。

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 不思議な組み合わせですが面白い

    4歳3ヶ月の息子に読んでやりました。戦隊モノやちゃんばらにはまっている息子ですが、忍者が実はサンタクロースだったと珍しい展開。忍者の技がうまくサンタとマッチして、説得力があるのです。忍者だったらサンタも可能かも・・・。息子は信じたのかどうかわかりませんが、面白かったようです。たまにはこんな話も軽くていいですね。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • おとぼけぶりが楽しい

    • 豆たろうさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子5歳、男の子1歳

    なんともいえないユニークな風貌のサンタたちが修行している絵本です。でも修行と言ってもにんじゃサンタですから、一風変わっています。
    ひたすらなげて、かくれて、もぐって・・・・ こんなサンタは必要なのかとつっこみたくなりながらも、読み進めていくとそこはサンタ。
    手裏剣を投げる修行も、実はプレゼントを子供たちの枕元に投げ届ける練習だったのです。
    とにかく、サンタがぐっと近い存在になりそうな楽しい絵本です。

    掲載日:2010/12/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぴったり感が気持ちいい

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    サンタさんって忍者やったんか!と思うくらい、忍者の修行がぴったりとサンタの仕事にマッチする。その感じがおもしろかったです。
    サンタさんがたくさん集まって作戦会議をしているシーンはおもしろく、息子はサンタさんはクリスマスの日って大変だね〜と、サンタさんに対しておもしろい感想をのべていました。

    掲載日:2017/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外性

    忍者とサンタの組み合わせが意外でした。
    でも忍者ならサンタにも化けることができるか〜と妙に納得もできます。
    躍動感あふれる絵に終始圧倒されます。クリスマスの日に召集され、忍び足で町をかけまわり、プレゼントを瞬時に渡していく早業にくぎづけになります。

    掲載日:2016/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気配を隠し家にやってきますのもね

    小学校のおはなし会のボランティアの方のお薦めです。

    確かに忍者もサンタさんも気配を隠し家にやってきますのもね。
    忍者サンタの修業が愉快です。

    いよいよ12月24日、日々の訓練が生きるとき、彼らの活躍に目を見張ります。

    忍者たちの動作の擬音が独特で、少々早口で読んだほうが効果的かな。

    忍者もサンタさんも好きなお子さんへおすすめします。

    掲載日:2015/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • はまりました!

    表紙を見て思わず笑ってしまいました。

    忍者なのにサンタってどういうことなのかな??
    と思いながら開いてみると…

    何のひっかけもなく、本当に忍者のサンタの物語でした。

    この忍者達、語尾がとても面白く、読んでいるうちに、どんどんはまってしまいました。

    修行はとても真剣にやっているのでしょうが、なんだか面白くて、明るい気持ちになりました。

    サンタクロースの季節でなくても、何度でも楽しく読める絵本です。

    掲載日:2015/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言われてみれば

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    クリスマスらしい絵本です。
    でもそのサンタさんの正体は忍者なのです。
    その奇抜さにおどろきつつも
    よくよく考えてみると
    忍者っておうちに忍び込むのも得意だし
    ひっそりなお仕事だし・・・
    にんじゃとサンタの組み合わせいいですね

    掲載日:2014/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い!

    クリスマスシーズンにサンタさんの絵本が読みたく,大人の私が読ませていただきました。
    サンタさんと言っても,この絵本のサンタさんは「にんじゃサンタ」。
    12月24日,我が家にはどんなサンタさんがくるでしょうか。
    サンタさんにも色々いるのかも知れませんね!
    そういう意味では面白い絵本でした。
    「みつからないように」そのフレーズが何だかよかったです。
    クリスマスイブの晩はそう!みつからないように。。ですからね!

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • そういうことだったのね!

    なるほど〜!読んで納得!
    実はサンタって、そういうことだったのね!

    インパクトある題名と表紙で、思わず手にとった一冊です。
    短いストーリーながら期待を裏切らない面白さ。

    前半は修行の様子。
    後半はサンタとしての活躍ぶり。
    見事につながるユニークな発想です。

    丸山誠司さんのナンセンス絵本は他にもたくさんあります。
    「おしろとおくろ」「ふじさんです」「だるまなんだ」など…。
    笑えますよ〜。
    和を感じる作品が多いところにも注目しています。

    掲載日:2014/12/02

    参考になりました
    感謝
    0

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



自由研究にぴったり!夏休みのおたすけ絵本

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット