ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

おたんじょう月おめでとう2月生まれ ふくはうち」 みんなの声

おたんじょう月おめでとう2月生まれ ふくはうち 作:中川 ひろたか
絵:長谷川 義史
出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年12月
ISBN:9784426110529
評価スコア 4.37
評価ランキング 9,894
みんなの声 総数 26
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 私も2月生まれ!!

    • ももうさ♪さん
    • 20代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子2歳、女の子0歳

    全ページ立ち読みで拝見しました。

    「あ!私の誕生月!」で嬉しくなり、
    とっても素敵なお話で、また嬉しくなり、
    2度誕生日プレゼントを貰ったように嬉しくなりました。


    お父さんと2人だから、
    次から次へと「おばさん」が現れるのでしょうか。

    でも、お父さんと2人がいい・今が十分幸せ、
    と言い切れる女の子に、
    ホッコリと心を温められました。


    欲をかきがちな自分に反省。
    娘たちにもこう思ってもらえる母親かしら、
    と、ちょっとまた反省。

    だけど、心は何だか温かいんです。

    本当の幸せを考えさせてもらえました。

    掲載日:2011/01/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • 節分のおはなしのジャンルでいいかと

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    「全ページ立ち読み」で読ませていただきました

    節分のおはなしかな?
    でも、おたんじょうびおめでとう???

    ちょっと、そこにこだわってしまうおばさんです(^^ゞ

    「ふく」さんが4人!
    それは、またおもしろいかも
    衣・食・笑
    たしかに、どれをとっても
    生活するのに
    困りません

    でも、お断りするこの女の子・・・

    本を閉じたあと
    窓から覗いている4人に
    「見守っててね」と
    お願いしたくなりました

    長谷川氏の絵がいい味だしています

    掲載日:2011/01/17

    参考になりました
    感謝
    2
  • そのふく、かあ。

    • ちょてぃさん
    • 40代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子13歳、女の子9歳

    中川ひろたかさんと長谷川義史さんの最強タッグの作品です。
    おもしろくないわけがない!
    そのふくですかあと、というふくの出現に思わずぷっと吹き出してしまいます。まだまだ寒い2月も、こんなユーモア溢れる絵本を読んで、ほっこり気分が味わえます。

    掲載日:2015/01/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 2月ってこんな月だったのね

    2月の絵本らしい。
    2月といえば、「節分」。
    ということで、親子で豆をまくのです。
    豆をまけば「ふくはうち」という言葉が出てくる。
    そして、この絵本の中では、その言葉にしたがって、いろんな「ふく」がやってきます。
    「ふくわらい」に「だいふく」「ようふく」までやってくる。
    「ふく」は福でも、それはちょっと違うだろ?というのはありますが...こうしてみると、いろんな「ふく」があるもんだ。

    最後のページには、2月ってどんな月かわかるように、いろんなことが書かれています。
    旧暦の呼び名とか、2月の誕生花と花言葉、ほかの国では2月をどう呼ぶ?旬な食べ物や誕生石にいたるまで。
    そっか、2月ってこういう月なのか、ってここのページが一番楽しかった。
    巻末を見ると、続刊予定で12月まで出るみたい。
    自分の誕生月ってどんな月?月をこうやっていろんな角度から子どもと見てみるのは楽しいです。

    掲載日:2011/02/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • いつものしあわせ

    • ひかりひまわにさん
    • 40代
    • ママ
    • 長野県
    • 女の子12歳、女の子10歳、女の子8歳

    おにはーそと!ふくはーうち!
    豆まきをする娘と父親。そこにいろいろな福を運んでくれる
    女の人がやってくる。
    「わたしがいれば、笑いのたえないうちになりますよ〜。」
    とか、服にこまりませんよ〜とか・・・この人たちがいればどんな望みもかなえてくれそう〜いいなぁ〜。

    でもこのむすめはいうのです。
    「いまのくらしが一番」と。
    このいまのくらしとは・・・
    ずっと読んでいて胸につかえていたものが、「あぁ、そうだったんだ。」と納得し、同時にホロリ。
    なぁに?それは読んでのおたのしみ。

    あなたならどうします・・・?

    掲載日:2011/01/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • げんきなお父さんと女の子

    おたんじょうシリーズは、図書館で時々見ています。
    2月生まれの本は、絵が面白いですね。
    オレンジ色のねこの絵が良いなと思っていたら、
    おばさんがいて、お母さんかと思ったら違うのです。
    ふくさん、ふくわらいさん、だいふくさん、ようふくさんと
    便利なおばさんが勢ぞろいでした。
    すごく便利なのに、ふつうが良い!
    そうですよね。普通が一番。私もそう思いました。
    謙虚で明るいイメージの2月です。
    キーワードはアメジストや土筆、ふきのとう、フリージアなど、素敵なものでした。

    掲載日:2016/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 欲のない娘、素晴らしい。笑

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    絵はこんなだけど、このお話はとても大事な事を気づかせてくれます。人間、自分の力で得られる以上の物を手に入れてしまうとロクな事考えませんからね。私も、今の生活がとっても幸せ。この幸せな生活がずっと続きますように…。

    掲載日:2015/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 豆まきシーズンに!

    2月といえば豆まき。
    豆まきから巻き起こるおかしなお話です。
    「ふくはうち〜」の「ふく」さんのおばさん達が訪ねてくるという,何ともユーモア感ある絵本でした。
    今の暮らしで十分幸せと思う父娘が微笑ましい絵本でした。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ふくはうち」っていう度に次々に現れる福の神たち。
    ふくはふくでも…って、すっかり笑いワールドに引き込まれてしまいました。
    こんなお母さんがいたら最高だと思うのですが、「お父さんと一緒ならそれでいい」という女の子の言葉にしんみりしてしまいました。
    だって、お父さんと女の子の二人暮らしですよね?
    2月生まれに幸多かれ!!

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色々なふく

    このお話は、豆まきをしていたお父さんと娘の所に色々な「ふく」がやってきたお話でした。福笑いだったり、服だったり、色々なふくのつく幸せなおばさんたちがどんどんやってくるのがうちの子は面白いって言っていました。でも、最後はその人たちに帰ってもらってお父さんと二人でつつましく暮らすのがいいと女の子は言っていました。普通がある意味「福」ですね。

    掲載日:2015/02/04

    参考になりました
    感謝
    0

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.37)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット