大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

コんガらガっちおそるおそるすすめ!の本」 みんなの声

コんガらガっちおそるおそるすすめ!の本 作:佐藤 雅彦 ユーフラテス
絵:佐藤 雅彦 ユーフラテス
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年12月
ISBN:9784097264316
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,766
みんなの声 総数 21
「コんガらガっちおそるおそるすすめ!の本」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 何度読んでも楽しい

    迷路形式なので、何度やっても飽きずに楽しめます。
    外出先には是非持っていきたい絵本です。
    登場人物が色々とミックスしていて面白い上、迷路途中に
    出てくるおばけたちも楽しく隅々まで凝っています。
    最後にキャラクター紹介がありますが、これを読んでから
    また絵本に戻っても楽しい発見がありそうです。

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • やっぱり、ダイスキ☆

    いや〜、スゴイですね〜♪
    まだ、ネタがあったとは・・・。
    しかも、前作・前々作とはまた違うカンジ。
    個人的には、この「おそるおそる」が一番スキです。
    特に「こまっているおばけ」のところ。(笑♪゛)
    娘とケラケラ笑いながら、楽しんでます。
    このシリーズ、全作揃えてもソンはないです!!

    掲載日:2011/08/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供と一緒によんで

    まっくろでえたいのしれないせいぶつ、いぐらとたらす!

    今、子供はこの本に夢中です。

    今回は夏にピッタリのきもだめしです。
    なので、おそる、おそる出発なのです。

    いつものように二人で進んでいくと…。

    見知ったおばけたちがいるのですが、ホントにこわいの?っというくらいかわいいんですよね。

    又、ビビりながらもふたりのボソボソっとした会話がおもしろくて…。

    いくつか道がわかれているので何度か読みなおしても楽しめると思います。

    わたし的には墓石にいぐらの悪口が書かれているのに、はまってしまいました…。

    掲載日:2011/07/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 出ました!

    このシリーズは子供が釘付けになりますね。
    遊び心いっぱいの絵本です。
    (絵本というくくりでよいのかな?!)
    「あっちこっち」と「どっちにすすむ」より
    少し大きい子向きかな?と思いました。
    (3つ目の「カメラマン」が少し難しいかな…と)

    「きもだめし」は怖いテーマをおもしろくアレンジしてあります。
    ちっこいアイスをベロンとしたりのっぺらぼうに顔を書いたり
    ろくろっくびの首ををほどいてあげたりするところが
    おばけなのに怖さをカンジさせませんね。ユニークです。

    「なんのおと?」はトントンゴロゴロペタペタドーンが
    一体何から音が出ているのか自分で選んでみての
    お楽しみです。

    「カメラマン」はカメラでどの方向から撮ったか
    空間認知能力が試されます。
    意外と子供は分かるものですね。
    反対側から撮ると右左反対になることをちゃんと理解して
    います。

    期待を裏切らない新刊です。

    掲載日:2011/01/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • シリーズで大好きです

    こんがらがっちが大好きで何度も読み返しているのでこちらも購入しました。
    おばけを怖がるかな、と思いましたが、楽しんで読んでいます。
    何度も繰り返して、その都度違う道をたどって楽しんでいます。
    分岐点が多いほど、楽しいようです。
    「どっちにしよう。こっち」と、自分で指でたどったり、一緒にやって「お母さんはこっち、僕はこっち」と指定することもあります。
    親子でも楽しめる絵本です。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい本

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    子供が選んだ本です。
    きもだめし、音の正体をさぐりに、動物園に、といったお話たち。3本。
    どっちかなと道を選びながら楽しみました。
    子供はこういう本好きですね。
    まだ読んでいないコんガらガっちもあるので、おいおい読んでいこうかな。
    きもだめし等、夏にいいかなと思いました。

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供うけはいい!

    「こんがらがっちシリーズ」,幼稚園児の我が家の娘が大好きです。
    迷路遊び絵本ですが,どっちの道に進むか自分で決めて行けるところがとても楽しいようです。
    シリーズとして出版さらているということは,やっぱり子供達に人気があるということなのでしょうね!

    掲載日:2016/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自ら選ぶ物語

    • レイラさん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子20歳

    頭がこんがりそうなタイトルに惹かれました。
    それもそのはず、いろんな動物がこんがらがったキャラクターが、
    コんガらガっち。
    ということで、その仲間が繰り広げる、迷路仕立てのストーリー。
    肝試し、音の探索、動物園で写真撮影、の3本立て。
    ページをめくるたび、いくつかの岐路があり、指でたどったらそれぞれに違うストーリーが待ち構えています。
    「選ぶ」楽しさに、子どもたちはわくわくでしょうね。
    頭が柔らかくなりそうです。
    それもそのはず、ユーフラテスって、あの「ピタゴラスイッチ」の企画グループ。
    慶応大学の佐藤雅彦研究室の卒業生グループということで、
    やはりクオリティは高いです。
    まだいくつかシリーズがありそうなので、チェックしてみましょう。
    幼稚園児くらいからはまりそうですね。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • たのしいし、意外と頭使う!

    お話は三つ入っています。

    最初の二つは迷路のように道をたどっていくお話です。

    最後のお話は絵さがしなんです。

    なんですが、意外と難しい!

    大人でもあれっ?どれだ?って探すのがひとつありました。

    答えがかかれていないので、これが答えかな?と

    少し納得いかない部分もありますが、

    結構時間かけてやりましたので、

    ねかしつけに選んで読むと、

    なかなか眠れないかもしれません。

    時間がたっぷりあるときに一緒に

    やるといいと思います。

    掲載日:2016/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユニークな参加型絵本

    • 沙樹さん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子6歳

    何ページにもわたる迷路形式の絵本です。
    分かれ道のさきは、次のページなので、
    何がおこるかドキドキなのです。

    肝試しや、お祭りなどの描写があるので、
    夏にピッタリです。

    最後は、どこの位置から撮った写真か探すもので、
    斬新〜!と思いました。

    後ろのページキャラクター紹介があり、
    これもまた面白かったです。

    掲載日:2015/09/17

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット