おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

さらば、シッコザウルス」 みんなの声

さらば、シッコザウルス 作:服部千春
絵:村上 康成
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2010年11月
ISBN:9784265062850
評価スコア 3.67
評価ランキング 31,592
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おねしょの克服に

    このお話は、おねしょが治らない男の子の夢の中に出てくるシッコザウルスのお話でした。夢の中にこのシッコザウルスが出てきたら絶対におねしょをしてしまうのですが、夢の中でこのシッコザウルスと葛藤してとうとうおねしょを克服する様子がまだちょっとおねしょを克服していないうちの子には励みになったみたいです。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • おねしょさん

    題名に「お!」と思い、手にとって2・3頁読んでみて面白そうだったので、息子用に
    図書館から借りてきました。

    タクヤはまだおねしょをしてしまいます。それが恥ずかしいと思っているのですが、
    どうしても、夢にカイジュウが出てくると、そのカイジュウがいろいろなトイレに
    連れて行ってくれ、そして起きるとおねしょをしているというパターン...
    お父さんにその話をすると、お父さんはそのカイジュウをシッコザウルスと命名し、
    「カイジュウをやっつけろ!」と言います。カイジュウをやっつければおねしょは
    とまるのでしょうか?! という話でした。

    前半はすごく面白かったです。“あ〜、またシッコザウルスにやられちゃうのか!”と
    こちらも笑いながら心配していました。
    でも、後半で、シッコザウルスとの決別がお兄ちゃんになるからという、ちょっと
    普通すぎる設定で、なんだかそこまでの面白さが減退したように感じました。
    でも、最後にシッコザウルスがお別れに来てくれたところは、ちょっとウルっと
    しました。

    可愛らしい話だと思いました。下に弟や妹が出来た子やこれから出来る小学校
    低学年の子にお薦めの話だと思います。読んでみてください。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「パンダのポンポン」シリーズ 野中柊さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット