ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

うさぎくんとはるちゃん」 みんなの声

うさぎくんとはるちゃん 作:おかだ ちあき おかだ こう
絵:おかだ ちあき
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年12月
ISBN:9784265070411
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,441
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子供が成長する瞬間

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    うさぎ君はお母さんが病気で
    はるちゃんのうちにお預かりようです。
    初めてのはるちゃんとの時間、
    最初はぎこちないけど
    わにのお人形の怪我を手当てしてもらったことをきっかけに
    二人の距離が次第に縮まります。

    数日するとすっかり環境にも溶け込み
    うさぎくんの特別な日がいつもの日々に変化してきます。
    そんな頃、お母さんが迎えにきて
    うさぎくんとはるちゃんとのお別れがやってきました。

    お母さんが元気になって迎えに来てくれたことは嬉しい。
    でも一緒に遊んだり、ごはんを食べたり、
    同じベットで眠ったはるちゃんとの別れは悲しいばかりです。
    泣きじゃくるはるちゃんに思い出のわにのお人形を
    手渡しするうさぎくんの心の成長が現われています。

    掲載日:2011/02/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • うさぎくん成長

    うさぎくんが、はじめてのおうちに、お泊りにいくところから
    始まります。
    うさぎくんは、不安で、わにのぬいぐるみを片時も離しません。
    そんなうさぎくんが出会ったのは、はるちゃんという女の子。
    うさぎくんの不安を取り除いてくれる、とっても優しい女の子
    なんです!!
    うさぎくんは、少しずつ、その家に溶け込んで・・・。
    そんな心温まるお話を、優しくて、やわらかな絵が
    包み込みます。
    最後、家にもどるときに、わにのぬいぐるみを手放すシーンは、
    成長を感じられて、ぐっときました。

    掲載日:2015/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • うさぎくんが主人公。

    私自身が絵本が好きで
    図書館で借りているのですが
    岡田千晶さんの絵が好きで
    片っ端から予約して 読んでいます。

    「うさぎくんと はるちゃん」
    私の長女はもう30歳で二人の子育て真っ最中ママになってますが、
    小さいころ「はるちゃん」って呼ばれてました。今も?
    そんなこともあって、
    タイトルも印象に残りました。

    絵本と言えば、
    ふつうは 女の子が 
    大事な仲良しのうさぎのぬいぐるみをもって、
    心細さや 初めてのお泊りを克服するとかいうストーリーを
    勝手にイメージしていたのですが、
    これは、うさぎくんが主人公。
    うさぎくんが わにくんのぬいぐるみをもって、
    見知らぬ「はるちゃん」ちに 預けられる。。
    はるちゃんがやさしくいろいろしてくれて
    うさぎくんの表情がかわっていく。

    うさぎ目線で女の子「はるちゃん」との交流を
    描かれている作品とは意外でしたが、
    心温まる絵本、物語だと思いました。

    掲載日:2015/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • はじめての家にお泊り

    • ミモザさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳

    ママが病気になっちゃったのかな?
    初めての家にしばらくお泊りすることになった、うさぎくんのお話。

    初めての場所・・・そりゃあ緊張しますよね。
    それにママも一緒じゃないし、とっても不安。
    うさぎくんの強張った顔にせつなくなります。

    でも、はるちゃんが一生懸命仲良くなろうと接していて、その優しさにもほろっときます。

    お迎えが来てお別れになるけれど、きっとまた仲良く遊べるはず。

    絵のふんわりさがストーリーとマッチしていて、優しい気持ちになれました。

    掲載日:2013/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい絵

    優しい絵に魅かれて図書館で借りてきました。

    お母さんが病気になってしまったうさぎくんが、はるちゃんのお家にお泊りに行き、そこでのはるちゃんとの交流が描かれています。

    うさぎくんんと仲良くなりたいはるちゃんと、慣れないうさぎくんの距離が縮まっていく様子が描かれています。

    やっと仲良くなれた時、5歳長女と「良かったねー」と顔を見合わせました。でもその後うさぎくんはお迎えが。

    また会える日が来るといいな。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 出会いと別れ

    うさぎくんと はるちゃんの出会いと別れが、描かれていますね。
    初めの頃の、心細く不安な気持ちは、共感できました。
    二人で過ごした楽しい時間は、あっという間だったことでしょう。
    別れの時間は、本当に切ないものでした。
    こんなに素敵な時間を過ごした二人なので、離れていても、変わらない友情でいることでしょう。

    掲載日:2012/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 進級するときに

    幼稚園教諭です。
    年少3歳児を受け持ち、3月の終了式の時に読みました。
    うさぎの様子が入園して泣いてばかりいた子ども達が少しずつ先生に慣れ幼稚園に慣れ安心して楽しく過ごせるようになっていく姿と重なったからです。
    保護者にも紹介して人気でした。

    掲載日:2012/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ウサギ君との触れ合い

    うさぎクンが家にきて、交流していきます。でも、うさぎの家族(お母さんぽい人間)が迎えに来て、、、泣くはるちゃんに、うさぎクンは自分のワニのぬいぐるみをあげます。触れ合いが素敵で癒されます。

    絵も、なんだか宮崎はやお監督ににていて、とってもほのぼのする可愛い女の子とうさぎくんです。おすすめ。

    掲載日:2011/05/25

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット