十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

日曜日は魔女びより」 みんなの声

日曜日は魔女びより 作:竹田 まゆみ
絵:中村 悦子
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\951+税
発行日:1986年10月
ISBN:9784338052306
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,019
みんなの声 総数 2
「日曜日は魔女びより」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 頑張る2人

    7歳長女に読みました。この児童書は、私が子供のころに読んでいたものです。長女ももう1人で児童書を読むようになったので、渡してみました。夢中で読んでいました。この児童書は楽しい、面白いという内容ではないんです。母1人娘1人の家族のお話なんです。頑張ってる2人に胸が熱くなります。

    掲載日:2015/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母子で頑張るお母さんへ

    幼年童話の類に入るのでしょうか。あまりに読み応えがあったので、自信がありません。

    ユカは1年生の時にパパを亡くした3年生(だったと思います)。
    寂しくなると、ときどき魔女になります。日曜日はママと魔女ごっこで、いっせいにお洗濯したりお掃除です。
    パパと買った家のローンを払うため、ママは夜勤のある病院へ転職します。夜の留守番は案外いけたのですが、ママが。

    もう途中から涙が。どちらも頑張っている姿に切なくて感動して。
    薄い本で、よくこれだけ内容の詰まったものを書いたものですね。いっぺんで作者のファンになりました。
    子どもの葛藤や成長も心を打ちますが、大人としてお母さんがリアルでした。ちょっとファンタジーが突然始まって終わる気がしますが、これは頑張っているお母さんへのエールにも思えます。

    聞けば娘も涙ぐんだとか。
    どこでグッときた?と聞いたら、似たようなところを言って、親子なのかツボなのか、おもしろかった。

    挿絵は、「つるばら村」の中村悦子さん。繊細できれいな絵は、すぐ!娘をとらえました。

    掲載日:2010/12/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ぐりとぐら / いないいないばあ / もこ もこもこ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット