おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ナノってなんなの? 〜ベンジーとブルーノのぼうけん〜」 みんなの声

ナノってなんなの? 〜ベンジーとブルーノのぼうけん〜 作:ハリー・クロトー
絵:デイヴィッド・クロトー
訳:まえかわとおる
出版社:冨山房インターナショナル
本体価格:\1,800+税
発行日:2010年12月
ISBN:9784905194040
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,103
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ノーベル化学賞の内容!?

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子15歳

    最近よく耳にする「ナノ」という言葉のイメージをわかりやすく冒険物語形式で
    解説した絵本です。
    ナノとは、基礎となる単位の十億分の一の量であるということ。
    ベンジー少年は愛犬のブルーノとサッカーボールで遊んでいる時に、
    「小さくなる」ことについて考えます。
    さらに、サッカーボールの模様、五角形の部分にも着目します。
    すると、不思議なことに、「五角形や5つのものがつながってできた輪を見るたびに」
    十分の一になっていきます。
    面白いのは、小さくなって出会う小さなもの(花粉や白血球、ウィルスなど)に、
    五角形や5つのものがつながってできた輪があるということ。
    ついに、ナノメートルの世界では、バッキーボールが登場します。
    バッキーボール?
    60個の炭素原子からなる分子のことです。
    実は、このバッキーボールの発見によって、ノーベル化学賞を受賞したのが作者なのです。
    つまり、この絵本は、ノーベル化学賞の内容にまで行き着きます。
    でも、やはり、そのあたりは大人でも難しいですから、
    ブルーノの冒険を通じて、ナノというものを体感してくれれば、いいですね。
    そこから、たくさんの興味を得て、大きくなってから関心を持ってもらえれば
    いいと思います。
    私も思わずバッキーボールについていろいろ調べてしまいました。

    掲載日:2011/10/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 今をトキめく“ナノ”の世界

    電化製品などいろんなところでよく聞くようになった“ナノ”という言葉。
    私自身がぜひ知りたい!という気持ちで図書館から借りて来ました。
    8歳の娘には難しいだろうなと思ったのですが
    60ページ近くある この絵本も最後まで楽しそうに聞いていました。
    どのくらい分かったかは疑問ですけど
    どんどんどんどんベンジーの大きさが小さくなって行く様子を眺めて
    楽しんだり ちょうど習ったばかりのpやmという単位から始まって
    μmやnmなどまだまだそれよりも小さな単位があることを知って驚いていました。
    五角形の不思議・・・はよく分かっていないみたいでしたが
    懸命にモノのなかにある五角形を探して楽しんでいました。

    子どもにも分かるように説明されたかがく絵本は
    いまさら「分からない」と言いにくい大人にもうってつけですね^^;

    掲載日:2011/03/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 学校の先生にも

    出版された時から気になっていた絵本でした。

    ナノってなんなの?と子どもから質問されても
    子どもにわかりやすく説明するほどの知識は持ち合わせていません。

    でも、この絵本のベンジーとブルーノの冒険を通してなら、
    子どもにもわかりやすく伝わるのかなと。

    ちょうど息子も少数と分数を習ったところなので、
    わかりやすかったようです。

    ただ、巻末のさらに詳しい説明は「これは高学年用」と言って
    自分からページを閉じていました。

    こういう絵本は、学校で副教材として使ったら、
    知識の定着も、また子どもの中にも残っていくようにも思います。

    科学好きな親子しか手にとらないとしたらとてももったいないと思います。

    親子で読む機会がないお子さんにも、ぜひ学校の先生が手にとってほしいと思います。

    掲載日:2011/03/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • ナノの世界を探検しました

    ナノの世界って…。
    ノーベル化学賞を受賞したクロトーさんの研究するナノサイエンス、ナノテクノロジーの世界を子ども向けに解りやすく説明されています。
    ミクロの世界までが限界の私には、とてもついていけない世界なので驚くことばかり。
    説明が少し硬いような気もしましたが、専門家でなければ書けない絵本だと思いました。

    掲載日:2011/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 5角形の不思議

    算数・科学が大好きな息子。
    数字が出てくる絵本には目がなく、この本にも飛びつきました。

    少年と飼い犬が、ふとしたきっかけでミクロの世界へ(この本ではそれが《ナノ》とあらわされていますが)飛び込んでいきます。

    人間が10分の1ずつ小さくなっていったときには、何が見えてくるのか。
    主人公達は、5角形を見つけるたびにカラダが縮んでいきます。
    そして、人間の体内の細胞のなかに入り込んでいきます。
    5角形って、不思議ですね。
    小さくなってもなっても、新たな5角形が出てくるのですもの。

    一番最後に登場するナノレベルのボール型の物体。
    これは、5角形と6角形で出来ている、つまり現実のサッカーボールととても似た形であること。
    とてもビックリしました。
    つい最近、息子もサッカーボールが5角形と6角形で出来ているということに気づいたばかりでしたから。
    ナノの世界の不思議にすっかり魅了されました。

    内容的にはかなり難しいです。
    細胞の仕組みやDNAといった内容も登場していますので、小学校高学年〜向きでしょうか。
    もう少し小さなお子さんであれば、一緒に読んであげて、小さな小さな世界に思いを馳せるのもいいかもしれませんね。

    掲載日:2011/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうナノ!

    • 夢見るアリスさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子15歳、女の子13歳、男の子7歳

    内容は高学年向けです。
    低学年には補足しながら読んであげるとかなり引き込まれるようです。

    少年と犬が、科学を教えてくれる本、といいましょうか。
    ページをめくる度に世界に引き込まれていくので、この本を読み終わったら、身の回りにある物への疑問を探求しようという気持ちにかられるかもしれません。

    科学思考の強いお子さんに特におすすめです。

    掲載日:2011/02/18

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット