アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

おにはそと」 みんなの声

おにはそと 作・絵:せな けいこ
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2010年12月
ISBN:9784323032184
評価スコア 4.28
評価ランキング 14,923
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • かわいいおに

     節分の夜、やってきた鬼たち。大人の鬼は、豆をまかれて退散しますが、ちび鬼は、こどもたちとすっかり仲良しになります。
     心配した鬼たちは、ちび鬼を助けに行きますが、子供たちにやられてしまいます。子供たちに助けられます。
     鬼も、子供は先入観がないのだな、と思いました。
     鬼が怖いと思っているお子さんにお勧めです。
     節分の時期に是非読みたい本です。

    掲載日:2012/02/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 節分前に

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、女の子5歳

    節分前に読みました。
    鬼が可愛くて、しかも親子。「おにさんこちら、手のなる方へ」こう言って遊びたくなります。
    去年はパパが…かわいい鬼って怖くないんだね。と、去年の節分を思い出したり、怖かった節分にちょっと安心したりと、節分の気持ちを高めるのにとてもいい1冊でした。

    掲載日:2018/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鬼がかわいい

    節分の絵本を探していてこの作品にたどり着きました。おにはそと、と豆を撒く節分の文化を子どもに教えてあげたかったので、この絵本は最適でした。節分の日、豆まきをして鬼を追い払った子どもたちは、巻かれた豆を食べていて逃げ遅れた子どもの鬼と仲良くなるお話。登場人物の言葉だけで話は進んでいくのが面白いです。小さい子も分かりやすいですね。子どもの鬼が可愛いです。

    掲載日:2017/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • つかまったんじゃなかったんだ

    節分のお話です。
    子供たちが豆まきをして、鬼たちが、逃げ出しますが
    子供のちび鬼だけは、子供たちの友達になって仲よく遊んでいます。
    おとなの鬼たちは、ちび鬼がつかまったと思って、ちび鬼のお父さんのボスが、取り返しにゆきます。
    ちび鬼が、おには〜そと〜と豆を楽しく撒いているようすは面白いです。
    あれ、おとうちゃん!だって気楽なもんですね。

    掲載日:2016/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い鬼

    節分に鬼が来ると聞いて怯えていた息子に読んであげました。「ねないこだれだ」のおばけの絵本と同じ作者なので、表紙を見た時にもちょっと怖がる素振りを見せていましたが、読んでみると意外と鬼って弱い!それに可愛い!こんな鬼なら節分に来ても良いね、と読み終えた後は明るい顔になっていました。

    掲載日:2016/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供同士!

    節分シーズンにぴったりな絵本です。
    せなけいこさんのイラストが好きな方にもおすすめです。
    人間の子供に鬼の子供,やっぱり子供は子供同士で楽しいのでしょうね!
    「鬼=怖いもの」と思っているお子さんは,こちらの絵本でまた鬼の印象が変わるかも!?

    掲載日:2016/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 節分を幼児に説明するのにいいなと思いました。
    絵を見ていればとても分かりやすいし、
    お話も簡単、完結だから読みやすかったので。

    鬼の子供が登場したり、とてもかわいいです。
    せなけいこさんの絵本は大好きです。
    節分の季節にはまた読みたい絵本です。

    息子も何度も読んでいました。
    ついでに真似しておにはそと ふくはうちも言っています。

    掲載日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 和む鬼のおはなし

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    節分のお話。
    ですが、出る鬼は怖くはありません。
    ちびおにが出てこどもたちといっしょに遊んだり、ちびおにのお父さんが出てきたり…となんだか和む鬼のお話でした。
    娘はちびおにが豆を食べるところを見て「まめ、嫌いじゃないの?」と言っていました。

    掲載日:2015/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわくないおにのほうが好き

    季節外れではありましたが、4歳の息子が図書館で手にしたので読みました。せなけいこさんのかわいい挿し絵が目をひいたようです。
    登場するおにがかわいくて、ぜんぜんこわくありません。 でも、我が子はこわくないおにの方が好きみたいでした。
    読みながら楽しそうに「おにはそと」と真似しています。また節分の頃、一緒に読みたいなと思いました。

    掲載日:2014/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいらしい展開

    まさに節分のお話。
    節分の夜に豆をまかれて逃げた鬼たちに
    取り残された子ども鬼。
    人間の子どもたちにかわいがられていっしょに
    遊ぶのですが、大人の鬼たちは捕まえられたと思って
    親分のお父さん鬼を呼びに行きます。
    そのお父さんが豆よけによろいをつけて
    人間のところに行くというのがなんともほほえましく。
    その姿はちょうごうきんのようで笑えます。
    最後はほほえましいオチです。
    せなさんらしい絵本だなあと思いました。

    掲載日:2014/07/10

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.28)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット