ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻の試し読みができます!
作: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
レビューコンテスト、スタートしました!

源平絵巻物語 5 ひよどりごえ」 みんなの声

源平絵巻物語 5 ひよどりごえ 作:今西 祐行
絵:赤羽 末吉
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\2,718+税
発行日:1981年10月
ISBN:9784034270509
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,448
みんなの声 総数 4
「源平絵巻物語 5 ひよどりごえ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • びっくりしました

    この時代には、15,6でも戦いに出るのでびっくりしました。

    今の時代とはとてもちがうと思いました。

    直実がかわいそうだなあと思いました。

    知盛は馬と別れなくてはいけないからこれもかわいそうだと思いました。

    馬がその後しあわせだったらいいなあと思いました。

    ひよどりごえがすごいと思いました。

    掲載日:2011/01/24

    参考になりました
    感謝
    2
  • 義経、策士!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子6歳

    小5の息子の国語の教科書で紹介されていた平家物語
    がきっかけで、読み始めたシリーズ。

    ひよどりごえ

    って、ひよ鳥声?
    と思ったら、そうではなくてけわしい山をこえていくというお話でした。
    我らが義経は策士でもあるのですね。
    南は海、北は山の神戸の地で背後を油断した平氏に
    奇襲攻撃をしかけます。

    この巻でもまた、なんだかとっても泣けるくだりもあり、
    歴史の面白さをとくと感じられる一冊です。

    掲載日:2017/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 若者も戦わなければならない源平合戦の中に、なんとも人情味のある逸話をいくつも含んでいて、血生臭さとは別に哀愁を感じさせるお話です。
    何で殺し会わなければならなかったんだろうと、思いを戦から離して、敵も味方も人間なのだと感じさせる巻でした。

    掲載日:2017/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひよどりごえが圧巻

    『画集 赤羽末吉の絵本』でこのひよどりごえの場面の絵があり、ぜひとも絵本で見てみたいと思っていました。

    文章を読みながら絵を見ると、絵に勢いがあり、馬たちが超えて行く蹄の音が聞こえるような感じがしてきました。

    ひよどりごえだけでなく、敦盛の笛の話、知盛の馬の話がそれぞれ切なく感じました。

    戦ものなのですが、どこか優雅で気品ある世界を醸し出しています。

    文章は流麗で、絵は美しくこのシリーズ見応えがあります。

    掲載日:2011/01/01

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『たからもののあなた』まつおりかこさんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット