ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

はみだしちゃった魔女」 みんなの声

はみだしちゃった魔女 出版社:東京創元社
本体価格:\2,600+税
発行日:2010年09月
ISBN:9784488019778
評価スコア 4
評価ランキング 22,265
みんなの声 総数 1
「はみだしちゃった魔女」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 今度は何個、昔話が入ってたかな?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    このシリーズは中3の娘とハマっている1冊です。
    この世界は『物語の世界』なので、“物語はこうあるべき”“物語のお姫様はこうあるべき”みたいな法則が常に付きまわっていているのですが、
    このシリーズの主人公たちは、そういう定義からはみだしちゃったキャラクターたちなので、はじけていて、面白いのです。
    1冊1冊に定義として、あるいは例として、知人&友人として登場する物語の1編1編は、昔から世界中で語り継がれてきている有名な昔話や物語です。

    このシリーズを読んでいて、一番楽しいのは、ストーリーのどこにそうした物語が描かれているか見つけ出す楽しさです!

    ちなみに3巻で娘は2,3個しか分からなかったといっていましたが、私はかなりたくさん見つけましたよ。(v^^v)

    3巻目の本書で、主人公は、今までお姫様らしくない姫(1・2巻の主人公)シモリーンを理解し、良き友人として手助けしてくれていた魔女・モーウェン。
    彼女ものっけから、「魔女らしくない」という苦情を受けてしまいます。
    色々なキャラクターが登場してくる世帯数の多いお話ですが、
    それぞれのキャラクターたちが非常に色濃い味を出してくれているので、洋物の物語は登場人物を覚えるのが大変で…。という人にも、比較的楽に覚えられると思います。

    今回、うちの子と一番ウケたのは、ドラゴンの王・カズールのお茶目な行動。
    『魔法の森』を我が物にしようとたくらむ魔法使い軍団のリーダーを、怒りのあまり「かっとなって、つい」食べてしまったの。と、告白するシーン。
    ぜひ、多くの昔話や物語が好きな人たちに味わってもらいたい楽しいシリーズです。

    掲載日:2011/01/04

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット