クリスマスのかくれんぼ クリスマスのかくれんぼ
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
大人気!「これなあに?かたぬきえほん」のスペシャル版です。ツリーやトナカイなどクリスマスのいろいろがいっぱい登場します。

おもちゃのくにの ゆきまつり」 みんなの声

おもちゃのくにの ゆきまつり 作・絵:こみねゆら
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2011年02月
評価スコア 4.3
評価ランキング 14,044
みんなの声 総数 9
「おもちゃのくにの ゆきまつり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 魅了されました

    とても繊細で、優しい絵本です。
    こみねゆらさん独特の雰囲気が流れていて、すっかり魅了されてしまいました。
    おもちゃたちが暮らしている、おもちゃの国…
    本当に、ありそうです。
    こんなすてきな国へなら、行ってみたい!
    こどもの頃に大切にしていたぬいぐるみも、ここに住んでいるのかなあ なんて想像してしまいました。

    掲載日:2016/01/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • ほんとうにあれば

    こみねさんの絵にひかれて読んでみました。
    繊細な絵で描かれた、おもちゃのくに。
    子どもの頃、ぬいぐるみで沢山遊んだものとしては、ほんとうにあればな、と思ってしまうようなくにです。
    クリスマスプレゼントであたらしいおもちゃに出会う今の季節、ぴったりの絵本かと思いました。

    掲載日:2017/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子とおもちゃ

    男の子が、とっても大切にしている うさぎの人形と一緒に、おもちゃのくにのおまつりに出かけるお話です。

    登場するのは、男の子とおもちゃのみ。男の子はおもちゃのくにで、懐かしい再会も果たします。

    こどもとおもちゃ。
    大人にはきっと、行くことができない世界。
    ふしぎな体験。
    降り始めの雪が、より神秘的な印象を与えていました。

    掲載日:2014/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもちゃの国

    夜に汽車が迎えに来て、大切なうさぎのぬいぐるみニニーと
    一緒におもちゃの国のゆきまつりへ出掛けます。
    おもちゃだらけの国、とっても楽しそう。おもちゃたちも
    おもちゃの国を楽しんでいる様子が描かれています。
    楽しそうだけど、大事にされなくなったり忘れられたり
    したおもちゃもここへ来るのかと思うとちょっと
    悲しくなりました。

    掲載日:2014/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議なおまつり

    うさぎのニニーというぬいぐるみを大事にしている

    男の子のお話です。

    ニニーの腕が木に引っ掛かって壊れかけれしまったときは

    私もこういう経験をしたなと感じました。

    おもちゃのくにのゆきまつりを招待状を

    もらって、おもちゃだらけのまちにいくところは

    ワクワクしてみてくれました。

    そこでニニーの腕を治してもらったことも

    安心したようです。

    そのおもちゃのまちで、出会った大事なおもちゃの

    あたりはとても感動しました。

    どう感動するかはぜひ読んでほしいと思います。

    読めば感動すると思います。

    掲載日:2013/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもちゃの国

    子供の身近にある、おもちゃ。
    大切だけど壊れたり、いつのまにか失くしたり・・・

    そんなおもちゃと、男の子のファンタジーでした。
    とにかく絵がかわいくて、おもちゃの世界にぴったりの雰囲気だと思いました。
    おもちゃを大切にする気持ちがもてそうですね。

    「ゆきまつり」とタイトルにありますが、雪遊びの場面はほんの少しで、遊園地のほうが印象に残りました。

    掲載日:2012/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • おともだちみたい

    繊細な絵でお話も夢のようでした。

    男の子はお気に入りの、ぬいぐるみのニニーのうでが取れた時、必死になおそうとします

    どんなに頑張ってもなおせなかった時の男の子、どうしたとおもいます?
    ほうたいをまいてはやくなおりますように!ってお祈りしたんです。

    なんてやさしい子だと思いました。 この子にとってニニーはぬいぐるみじゃなく人間と同じ、ともだちなんですね。

    まだ、お話は続くのですが…。

    私の子はあまりぬいぐるみとかすきじゃないみたいでこの本はいまいち、心にひびかなかったようです。
    でも、かわりにおともだちに対しては同じような気持ちをもっていってほしいとおもいました。

    掲載日:2011/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもちゃ=お友達。

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子4歳、男の子1歳

    本屋さんの、月刊こどものとものコーナーで見つけて
    購入しました。

    この作者のこみねゆらさんという方は、私は存じ上げなかったのですが
    とても繊細で、かわいらしいのに子どもにおもねらない
    素敵な絵だなぁと思いました。

    おもちゃを、ただのモノではなく、お友達として認識していて
    うさぎのお人形のニニを、
    ちゃんと直してあげようとする姿に胸を打たれました。
    うちの子たちにも、ちゃんとおもちゃを大事にしてほしいなぁ。

    ただ、私が気に入った割には
    子どもたちはさほど響かなかったようです。
    絵も内容も地味だったかな?
    女の子だったらもっと好きだったかも。

    掲載日:2011/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • こみねファンにお薦め♪

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    本屋さんへ行った時は
    「こどものとも」関連の月刊誌コーナーを
    必ず覗きます(^^ゞ
    410円で、名作を先取り!ですよ

    さて今回は・・・\(◎o◎)/!
    こ、こ、こみねさん作品\(◎o◎)/!
    2011年01月01日発売 (2月号) です

    なんとも頼りげない繊細で
    色もなんともいえない
    この感じの絵が大好きなんです

    そして、おはなしの内容も
    いつも繊細

    うさぎのぬいぐるみの腕が取れてしまう
    持ち主は、なんと!男の子(草食系男子かな・・・(^^ゞ)
    直そうと努力するんです
    いじらしい・・・

    そうしたら、おもちゃの国に
    なんて、夢のある展開・・・
    そこで小さかったころに大切にしていた、くまのぬいぐるみと再会
    じ〜ん

    なんと、本屋さんには手に取った1冊しかなく
    おばさんは、迷うことなく即購入です!!!

    掲載日:2011/01/05

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット