もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ユニコーン伝説」 みんなの声

ユニコーン伝説 作:オトフリート・プロイスラー
絵:ガナディ・スピリン
訳:高橋 洋子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1989年12月
ISBN:9784039601803
評価スコア 4
評価ランキング 23,429
みんなの声 総数 1
「ユニコーン伝説」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 誰が一番しあわせだろう

    『大どろぼうホッツェルンプロッツ』のプロイスラーと『リヤ王と白鳥になった子どもたち』のスピリンの作品。
    『リヤ王と…』と同じように中世の伝承世界の重厚さを持っています。

    3人の兄弟が、象牙でできた角と純金の蹄と宝石を額に輝かせたユニコーン(一角獣)を捉えに長い長い旅に出かけます。
    途中で一番年上の兄は宿屋の娘と結婚して幸せになります。
    二番目の兄は砂漠で見つけた金塊で家を買い大金持ちとして留まります。
    末弟のハンスはさらに長い旅をつづけてユニコーンと巡り合います。

    それからさらに長い年月が過ぎて、故郷に戻ったハンスは子どもたちにユニコーンの話を聞かせます。
    子どもたちは森にまだユニコーンが暮らしていることを聞いてほっとします。
    ハンスとユニコーンの生活はどんなだったのでしょうか?
    すっかり年老いてしまったハンスですが、なぜかしあわせそうです。

    この絵本には、悪やドキドキさせる闘いの要素はありません。
    兄弟も仲が悪いのでもなく、それぞれに幸せに暮らし始めます。
    ハンスがどうなのかが一番のポイントですが、後悔するような旅ではなかったようです。
    ユニコーンとの対決を期待して読み始めると物足りないのですが、なぜかほっとさせるお話でした。

    掲載日:2011/01/05

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



めいろをなぞりながらクイズでも遊べる絵本!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット