だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ゆきやまたんけん」 みんなの声

ゆきやまたんけん 作・絵:松岡たつひで
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年01月
ISBN:9784834025828
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,483
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 冬に読みたい絵本!

    「あまがえるりょこうしゃシリーズ」,とても面白く楽しいですね!
    あまがえるくんの見事な工作力にいつも脱帽です。
    今回は雪のつもる里山へ探検です。
    寒い冬に昆虫達は何をしているのでしょうか。
    冬に読みたいとても素敵な絵本です。
    今回も松岡さんのイラストに魅了されてしまいました!

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • なかなかやるねぇ

    寒い冬、寒さに弱い虫たちが、何やら行動を起こしていますよ。
    眠っている仲間たちもいる横で、素晴らしいものを作っているようです。
    細かな設計や、材料調達など、なかなかのものです。防寒対策もしっかりして、いざ、雪のなかへ。ふだんは見ることのできない光景が目の前に広がります。自然の描写もなかなか細かく描かれています。すごい!
    トラブル発生で、飛び込んだところは、一軒の家。そこで本来の過ごし方をして…
    かわいい虫たちが主役ですが、細かく観察して描かれているので、冬の様子を興味深く観ることができました。

    掲載日:2016/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長岡市の里山にて

    「ゆきやまたんけん」というタイトルに惹かれて手に取りました。「あまがえるりょこうしゃ」というシリーズなんですね。初めて読みましたが、あまがえるの視点で見るというところが、とても興味深かったです。
    松岡たつひでさんの絵は、緻密で実写的で、本当にそこにいるような錯覚を覚えます。実際に長岡市川口の里山を取材してつくられた絵本とのこと。めじろやりす、つぐみ、コガラなどなど、生き物はみんな生きているようでした。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な人間に会えてよかった!

    「あまがえるりょこうしゃ トンボいけたんけん」の
    シリーズですね

    でも、冬に大丈夫かな?
    ペットボトルを
    上手に使っていたり
    自転車!?のバッテリーとか
    よく考てえます

    今回の感心は
    蓑虫の巣や蛾の繭で作ったコート!
    すごい器用です
    奥さんのおかげ?なのかな

    「ペリット」っていうんだ!
    知らなかった・・・

    葉っぱのそりすべりも楽しそう
    柿の木を上から見た絵はすごいなぁー
    りすさんのお手伝いは
    とっても助かります

    人間とお友達とは・・・
    素敵な人間が居てよかったです

    素敵な旅館です
    ねこちゃんがちょっと心配・・・

    春を教えてくれる花が
    こうやって並んでいるといいのになぁー

    もうすぐ春の今頃に
    いいお話でした

    このリーズ、まだ読んでないのがあるみたい
    揃えたくなります・・・

    掲載日:2014/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 細部までしっかりしてる

    2歳の息子でも面白い絵本のようで
    はまってます。

    まだまだ細部までは読んでなくて
    飛ばしてますが、私が読んでへぇ〜と
    新しい発見があり楽しく読んでます。

    雪山って怖くもあるけど
    楽しくもある場所なんですよね。
    発想がステキだと思います。

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪景色の中の生き物たち

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子17歳、

    『あまがえるりょこうしゃ』『もりのくうちゅうさんぽ』に続く作品。
    あまがえるがナビゲートする旅行、ますますパワーアップしていますよ。
    しかも、普段は冬眠中で見ることも無い雪景色の中を旅行するのですから、
    あまがえるをはじめ、みんなのワクワク感が伝わってきます。
    おやおや、知らぬ間に、あまがえるに奥さんという助っ人までいますね。
    さて、探検車はペットボトル製。
    なかなかの重装備です。
    さあ、ツアー客の虫たちと一緒に冬景色の中の生き物ウォッチングです。
    うっかり見過ごしてしまいそうな生き物たちの痕跡に、なるほど!です。
    終盤、あわや遭難!?のハプニングも、なんと人間のこういちじいさんが救ってくれます。
    雪国の里山での取材がベースなだけに、説得力があります。
    雪景色ならではの生き物たちの世界、素敵でした。

    掲載日:2013/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪景色の中にも色々な生き物が。

    松岡たつひでさんの絵本が好きな娘に読みました。
    表紙からして、何か楽しいことが始まりそうな予感がして、わくわくしながら読み始めました。
    カエルやかたつむりが冬眠をせずに、雪山を探検するお話。

    娘はカエルたちが作った、ペットボトルを利用した雪上車に釘付け。
    一見生き物なんて何もいないような一面の雪景色の中にも、探してみると色々な動物や昆虫が生きているんですね。
    色々と勉強になります。
    最後に出会った人間のおじいさんとおばあさんが、とても素朴で優しくて心が温かくなります。
    これからの季節にもぴったりの一冊です。

    掲載日:2012/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおはしゃぎの雪山

    普段、雪山では、かえるやむしたちは冬眠などで土の中にもぐってるものですよね。
    でも、このお話ではかえるがペットボトルでたんけんしゃをつくり、雪山にくりだすお話になっています。

    このたんけんしゃの中身の細かいこと!

    そして、テントウ虫やだんご虫たちにもコートがあるんです。
    心配りもよく出来ています。

    いつもは経験することのない雪山、子供たちと同じようにはしゃいでいる姿はとてもかわいらしかったです。

    何より一番、この本はべんきょうになりました。
    虫や鳥達、もちろん雪山での自然の様子がことこまかく表現されており
    沢山、吸収出来るものがあると思います。

    こういちさんがつくってくれたねどこもかわいかったですね。

    掲載日:2011/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぴょーん

    孫の大好きな、「ぴょーん」の松岡たつひでさんの作品なので選びました。冬眠中のはずのかえるさんが、奥さんのケロコさんたちを連れてペットボトルで作った探検車に乗って雪山に冒険に行きます。防寒コートも暖かく工夫されて作ってあるので感心します。親切なリスさんたちに助けられたり、こういちじいさんの厚意で春まで冬眠できたりと少し長いですが、わくわく、どきどきと物語に夢中になれます。動物たちや虫さんたちもいっぱい登場して楽しい絵本です。

    掲載日:2011/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 探検しにいきたい

    • 1姫2太郎ママさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子17歳、男の子15歳、男の子 7歳

    7歳の息子はこの絵本をここ何週間かの読書月間の1番の”お気に入り”として読書感想帳に書いていました。少し長めの絵本ですが、寒い寒い冬、本当は冬眠するはずの虫達の楽しい探検物語です。人間の捨てたペットボトルで探検車は製作し、暖かい羽織物を着て冬の味覚を味わう。そんなお話の展開の中で色々な虫達の名前の紹介や冬ならではの雪に残された足跡探検、子供心をくすぐります。そして春が来るまで・・・
    優しいタッチの色と虫や動物達への愛情が感じられる(寒い冬景色が多い絵の中ですが)絵と楽しい会話が親子で気に入りました。最後の頁では春の植物の絵がまた丁寧で綺麗でした。都会では花屋さんでもお目にかかれない自然に触れられて、春を一足早く感じることが出来ました。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット