もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

はらぺこさん」 みんなの声

はらぺこさん 作・絵:やぎゅう げんいちろう
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2011年01月
ISBN:9784834026177
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,562
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 正しい食べ方を教えてくれます。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    あーおなかがすいた。
    「今日は、おかあさんがいないから、ずるして早くおやつを食べようよ。」という妹に
    「だーめ。」
    というおねえちゃん。
    はらぺこで死にそうだと、大騒ぎする妹。

    そこで、お腹がすく原理を、とてもわかりやすく教えてくれます。
    食べ物の働きや、食べることの意味などを、楽しい絵を交えて、子どもたちの目線で伝えてくれるので、すんなりと入ってくると思います。
    そして、巻末には、栄養士さんから、保護者に向けたメッセージも書かれているので、子どもの食について、とってもいい勉強になります。

    ぜひ、親子で読んで、正しい食生活の習慣が身につけられたらと思います。

    おまけですが、私の好きなことばは『空腹こそ、最高のごちそうです』
    お腹をペッこペコにして、食事をモリモリ食べられる子どもたちになってほしいと思います。

    【事務局注:このレビューは、「はらぺこさん」かがくのとも 2000年4月号 に寄せられたものです。】

    掲載日:2009/04/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • いい見本になりました

    仕事をしながらの子育てだと、どうしても

    ご飯の時間がばらついたり、手抜きをしてしまったりと

    食にちゃんと向き合っていない部分が増えてしまいます。

    仕事を終えてからいそいでご飯を作りますが、

    待ちきれず、お菓子をつまんだりすると、ご飯が

    おろそかになったりしがちです。

    お菓子はあくまで、お菓子!

    これでは栄養がとれず、体を壊してしまうという内容が

    描かれていましたので、お菓子を食べずに

    ご飯を待ってくれるようになりました。

    食べるということはどういうことなのか、

    どんな時でも空腹になればおなかはすくものなんだと

    いうことなどをおしえることができます。

    食育に持って来い!の一冊です。

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • はらぺこは大切

    表紙をめくったとたん「ぺこぺこ ぺこぺこ ぺっこぺこ」と楽しい文字が並んでします。
    姉妹の会話からはじまって、読み手が共感を持てる内容が書いてあって、はらぺこを感じる時、体で何が起きているのか分かりやすく説明されています。

    良いはらぺこの状態が大切だと教えてくれ、おやつと食事のバランスを教えてくれます。

    小学生前から理解できる内容だと思います。

    掲載日:2012/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食育の基本部分

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    「かがくのとも」からのハードカバー版です。
    少しベタな絵なのですが、手書きの文章と相まって
    子どもたちには妙に親近感があるような気がします。
    空腹の状態を解説した作品なのですが、「はらぺこさん」と表記したところが
    子どもたちには共感できそうで、絶妙ですね。
    「はらぺこしんごう」、身体の中の「ねんりょう」、ほら、わかりやすいでしょう?
    さりげなく、おやつ指導も。
    これなら、子どもたちも、決まった時間に、適量食べることの大切さがわかります。
    ちゃんと理解できたら、お待ちかねの「おやつ」。
    なかなか豪華でヘルシー。
    そうそう、外でいっぱい遊ぶことも大切!
    親も子も思わず納得の内容だと思いました。

    掲載日:2011/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • どーしておなかがへるのかな〜♪

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    「おへそのひみつ」に続き、はらぺこさんを読みました。
    こちらは「脳の働き」がテーマ。
    付随しておやつの役割を認識できます。

    同じくらいの年のお友達が
    魚をモリモリ
    ブロッコリーをモリモリ食べる様子が
    カラー写真で載っているので
    娘達の身近に感じることが出来たと思います。

    「ぼく おなかがすいてないわけしってるよ。
    おやつをたくさんたべたから」とひょうひょうと言っちゃう男の子。
    とぼけた表情にずっこけてしまいます。

    最後にフルーツヨーグルトのおやつが出てきたので
    真似しておやつに出したら娘達は「はらぺこさんと同じ!!」
    と喜んでくれました。

    掲載日:2011/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぺこぺこぺこぺこ ぺっこぺこ

    相変わらず笑えてためになる やぎゅうげんいちろうさんの絵本。
    最高ですね^^
    いきなり「ぺこぺこぺこぺこ ぺっこぺこ」というフレーズは
    とっても耳について惹きこまれますね。
    お腹が空くっていうメカニズムと
    食事とオヤツが子どもたちの体にどんな影響があり
    どんな役割をもっているかを分かり安く教えてくれる絵本です。
    お母さんなら「お菓子ばっかり食べてるご飯が入らなくなるよ」とか
    少なからずお子さんに言ってませんか?
    私は何度言ったか分からないくらいですけど。
    この絵本ならお子さんは素直に納得してくれるかもって思います。

    掲載日:2011/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • かがくのとも

    かがくのともが好きなのでこの絵本を選びました。柳生弦一郎さんの絵がダイナミックで迫力があって良かったです。どうしてお腹がすくのか、お腹が空いた時どんな気持ちになるのか、ボディーメカニックスについて分かり易く説明されていたのが良かったです。要所要所で写真が使われているのも気に入りました。文字も味があって素敵でした。

    【事務局注:このレビューは、「はらぺこさん」かがくのとも 2000年4月号 に寄せられたものです。】

    掲載日:2009/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 反省します

    孫に要求通りにおやつを与えているので絵本を読んで反省しました。

    おやつの時間以外にも欲しがれば、いつでも与えてしまうのでいけない

    なと思いました。

    孫よりか、いつも「はらぺこさん」の私に反省です。

    間食も多いし、食事量も多いので反省する私です。

    「バナナは一人で半分」にドキッとしました。

    孫はバナナが大好きなので、1本は軽く食べます。

    そういえば、給食はバナナ半分でした。

    写真入りの園児を嬉しそうに見てました。

    体の仕組みもわかり学べる絵本です。

    【事務局注:このレビューは、「はらぺこさん」かがくのとも 2000年4月号 に寄せられたものです。】

    掲載日:2009/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何故?という疑問が解決する本

    ハラペコになっても、おやつばかり食べていてはいけない。
    何故かな?ということを分かりやすく説明してくれています。
    科学シリーズの本です。

    【事務局注:このレビューは、「はらぺこさん」かがくのとも 2000年4月号 に寄せられたものです。】

    掲載日:2003/09/06

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット