なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

いぬのおばけ」 みんなの声

いぬのおばけ 作・絵:長 新太
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年10月
ISBN:9784591078679
評価スコア 3.71
評価ランキング 29,927
みんなの声 総数 16
「いぬのおばけ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 長新太さん

    長新太さんの作品だったのでこの絵本を選びました。主人公の女の子の優しい配慮に感動しました。なかなか出来ない事をさらっとする主人公はとてもかっこいいと思いました。沢山の種類の猫が登場する場面が圧巻でした。作者がとても動物を愛している事が伝わってきました。雲の描き方がふわふわしていて気に入りました。長新太さんの世界を感じる事が出来る絵本でした。

    掲載日:2009/06/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • いろんなことがあって、色んな空想をして、色々して、夕方になって、夜が来て暗くなりました。帰宅したら、大きくふっくらして、温かい匂いに包まれました。

    日々経験して成長する子供が、「おかあさーん、ただいまーっ。」と安心して帰れる場所があることは、本当に大切と思える絵本。

    掲載日:2014/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悲しいけどナンセンス

    結論としては、交通事故で死んだ犬のおばけだったという
    ちょっぴり悲しい話なのですが、このおばけ犬、大きくなったり、
    いつの間にか子犬を背負ってたり、途中でうんちはするは、
    うんちまでおばけになるわ…。
    ほんと!長新太ワールド全開です☆。悲しい話もナンセンス☆
    そして、犬を診てくれるお医者さんまでおばけって、
    この女の子恐くないのかなぁ〜?

    掲載日:2010/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 予測を立てていました

    今年は長さんの絵本をたくさん読もうと思っています。

    先に「へんてこライオン」を読んだので、「へんてこライオンみたいに変身するのかな?」と息子は予測を立てていました。

    おばけだからどんな風にでも変身できそうですよね。

    突然子犬が出てきたのでびっくりでした。

    このまま終わったらちょっと怖いなあと思っていたので、最後はほっとしました。

    掲載日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんとも不思議な…

    女の子が道端の寝ている犬に出会って、
    なぜか、おんぶして、
    なんと、犬が大きくなって、
    さらには、犬がもう一匹増えて…

    と、夢の中のお話のような、大人には予測不可能な進展ばかり。
    でも、ウチの子供はあっという間に、絵本の世界に吸い込まれて、笑ったり、考えたり。同じ絵本を見ているのに、大人と子供で感じることが全然違う。そんな一冊でした♪

    長 新太さんの独特の世界が広がる一冊で、もしかしたら好き嫌いの出る絵本かもしれませんね。

    掲載日:2009/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • よくわからない・・・。

    • 蒼良さん
    • 20代
    • せんせい
    • 兵庫県

    子どもの手に取りやすい本だから
    よく「読んで〜」と持ってきます。

    何度読んでも、よくわかりません。
    でも、子どもってオバケとか好きな子が多いので
    この絵本も好きな子が多いのかなぁって思うのですが・・。

    多分、大人は大人としての考えで
    絵本を捉えようとしちゃうから
    わからないんだろうなぁって思ったりもします。

    僕にはよくわからない絵本でしたが
    子どもには何故かそこそこの人気があるように思います。

    掲載日:2009/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子の感性

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子13歳

    お化けといっても、普通の白い犬です。
    女の子が倒れている犬を見つけ、おんぶしてあげるのです。
    するとなぜだかずんずん大きくなる犬。
    女の子は困りながらも、何とかしてあげたいと一生懸命なんです。
    どうやら交通事故で死んだらしい、と衝撃的な展開です。
    いろいろな解釈ができそうですが、女の子の優しい感性が印象的です。
    だからこそ、ラストの場面が生きてきているような気がします。
    不思議な余韻が残る作品でした。

    掲載日:2009/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 成仏したんだよ

    女の子の親切なお陰で、交通事故にあった犬も成仏できたと思いました

    お化けの犬も女の子におんぶされて心配してもらって安心したと思いま

    した。

    お化け犬かしら(?)と疑問を持っても、お化けのお医者さんに連れて

    行った女の子の勇気が立派だと思いました。

    「可愛そうな犬」と思う女の子は、優しいと思いました。

    無事におかあさんの元に帰れてほっとしました。

    責任感のある女の子がとても素敵でした。

    それにしても随分長い間、犬をおんぶしていたんですね!

    犬は、きっと女の子に感謝して天国に行ったと思いました。

    お空の上から、きっと女の子を見守っていると思いました。

    大きくなったお化けの犬は、きっと母親が心配して子犬を迎えにきた

    と思いたいです。2匹もおんぶして重たかっただろうなあ(?)

    とっても優しい女の子に感動した絵本でした。

    掲載日:2009/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなことって…

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    なんだか、訳のわからないうちに終わってしまいました。

    女の子が歩いていると、犬が寝ていました。起こしても起きないので、おんぶをして、病院に連れていこうとしました。ところが、犬は、どんどん大きくなっていきます。
    こんなことってあるのかしら?これは犬のおばけ?
    次から次に、色々なお化けが現れてくる…

    こんなことってと思いながらも、ずっと犬をおんぶして、どうにかしてあげようと思っている女の子の一途な気持ちが伝わってきました。
    長新太さんの描く独特な絵の世界。命の重さ、そして、大きな愛を感じることができました。

    掲載日:2009/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬の悲しみ

    なんて言ったらいいかよくわからない本です。
    おばけがこわいとか、そういう話ではありません。
    なにか悲しい感じがしますが、最後にすこしホッとさせてくれます。話の大筋はきっと犬の悲劇があるのかもしれません。とても変わった本だという印象です。
    所々、すこし、クスッと笑えるシーンもあるます。
    長新太さんが好きな人、必携。

    掲載日:2007/10/31

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / さくら子のたんじょう日

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(16人)

絵本の評価(3.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット