大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

へんしんだいずくん」 みんなの声

へんしんだいずくん 写真:榎本 功
絵:古島 万理子 ほか
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年12月
ISBN:9784893253835
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,176
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • これはいい!

    このシリーズは「おすしのさかな」で初めて知ったのですが、とてもいいと思います。
    子供の身近にあるもののルーツを分かりやすく写真付きで説明してくれていて、未就学の今から理科や社会といった教科の入り口に近づけてくれるというか、普通の絵本ばかりでなく是非こういう種類の知識本も色々読み聞かせていきたいと思うきっかけをもらいました。

    本当に読みやすく、おもしろい。
    こんなに優秀な読み物があるのかとすごく有難い気持ちになりました。

    掲載日:2012/05/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • まめ好きの息子

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子0歳

    「へんしん だいずくん」のタイトルに
    イマイチ気乗りしてない息子でしたが、
    「まめ」と聞いて飛びついてきました。
    だいず=まめ と分からなかったらしい・・・。

    毎年節分でまいている身近ないりまめからスタートして、
    きなこ、納豆と変身が進んでいきます。

    そして、とうふ、こおりどうふ、あぶらあげと、
    息子の好きなものばかり!
    そういえば今まで「まめからできたもの」と
    知らないで食べていたようです。
    (私も言ってなかったみたい・・・)

    絵本にも出てきた「がんもどき」「あつあげ」を、
    次の日早速おでんに入れてあげると、
    喜んで食べていました。
    大好きなまめからできてるまめ製品とわかり、
    より一層おいしく感じられたみたい。
    最後に登場したお味噌汁についてもこれからは
    文句言わずに飲んでくれるかな。と
    ひそかに期待しています。

    いい本を借りてきてヨカッタ!

    掲載日:2012/02/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大豆七変化

    • レイラさん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子20歳

    日本人なら知っておきたい、大豆加工品。
    煎り大豆、黄な粉、納豆、豆腐、などなど、
    小学校低学年でも理解できる、程よい解説でうれしいです。
    大豆の収穫から始まるのも、理科の勉強になりますね。
    煎り大豆、黄な粉などもあるので、お正月や節分の頃の読むのもいいですね。
    納豆もシンプルですが、やはりビックリの発酵の力です。
    いずれも、日本の伝統食。
    古来から試行錯誤した先人の知恵まで体感できそうです。

    掲載日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • だいずができるまでの様子がリアルです 花もかわいいし 枝豆はなつの食卓に上ると ビールのおつまみとなります
    子どもたちは 豆まきの時大豆をフライパンで煎って 「おにはそと」と鬼にまいたり  自分の年の数より一つ多い豆をたべます

    納豆  藁納豆は懐かしいです。
     私が子どもの頃 藁納豆をもってお豆腐と一緒に売りに来る お豆腐屋さんがいました
    「とーふ とふとふ♪」ラッパの音が聞こえると 買いに行きました

    今はスーパーで納豆を買うことが多いのですが
    大豆から しょうゆ・みそ・ 油揚げ ゆばなど 大豆製品は日本料理には欠かせません

    豆腐の作り方が写真でよく分かります。ひややっこ おいしそう!

    そういえば豆乳も体に良いと最近はよく飲まれています
    もちろん 豆腐料理も おいしいですね

    今は何でも買っていますが 昔は みそを作ったり しょうゆも大きな樽の中に入れてあったのを思い出します

    へんしんだいずくんのえほんは 子どもにも大人も良い絵本だと思いました

    掲載日:2012/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本の食文化を支える大豆

    夏休みに息子が自由研究をすることになりました。もやし栽培をすることになったので、大豆関連の本を私もいろいろと読んでいます。

    この本には残念ながら、もやし栽培のことは出て来ませんでしたが、息子は「いりまめ食べたい」と言っていました。

    息子はとても料理好き。私はこの絵本を見て息子なら「きなこが作りたい」と言うのではと密かに思っていたのですが、ちょっと予想がはずれました。

    えだまめが畑でできている様子は見たことがあるのですが、大豆の花を見たのはこれが初めてでした。

    もやし栽培用の子大豆がまだ残っているので、もやしだけでなく大豆を畑に植えて、大豆の花を見てみたくなりました。

    そういえば息子が驚いていたことは「みそってできるのに一年かかるんだ」ということ。

    味噌、醤油、お豆腐、油揚げなど、日本の食文化を支えてくれる大豆の変身ぶりに今更ながらに目を見はりそうな絵本です。

    掲載日:2012/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新鮮なオドロキ!

    いつもいつも この“しぜんにタッチ”シリーズは
    新鮮なオドロキをくれます。
    今回も発売されるやいなや手に取り親子で読みました。
    やっぱりつかみは子どもたちの大好きな“枝豆”ですよね〜
    ニコニコで眺めていたけれど 青い枝豆のさやをそのまま収穫せずに放っておいて出来るのが大豆だということは知らなかったみたいで驚いていました。
    その他 豆腐や油揚げ、しょうゆ、みそなど
    こんなに多くのものが大豆から作られていたなんて!とびっくりしていました。
    中でも最大の驚きは
    味噌が出来るまで一年もかかるの@@ということみたいです。
    食育本として一役かってくれそうないい写真絵本だと思います。

    掲載日:2011/03/11

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット