ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

雪太郎やーい」 みんなの声

雪太郎やーい 作:谷 真介
絵:赤坂 三好
出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1982年12月
ISBN:9784337066021
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,538
みんなの声 総数 1
「雪太郎やーい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 雪国の子供は元気いっぱい

    雪国 1メートルも2メートルも雪が積もるそんな 雪国の昔話
    子供はゆきの中で元気に遊んでいる
    子供のいないじいさま ばあさまの話はよくある昔話です。 子供たちはおばあさんたちが美味しいおやつを用意してくれるのを楽しみに元気にやってきます
    ゆべし ささあめ ころころがき こんな名前のおやつは今で知らないのでは 何となく懐かしい響きと暖かさが 昔のおやつにはあったように感じました。
    自然の恵みをいただいていたような・・・・

    雪太郎はおじいさんたちが作ったゆきの人形が 子供になったのでしょうね
    小正月に子供たちが「鳥追い」という楽しい遊び  雪で櫓やかまくら作りみんなで楽しむ 雪国ならではの子供の遊び 今のようにテレビもおもちゃもない時代は 子供たちが 体を使って 作る楽しみを知っていたのが この絵本でよく分かります

    雪太郎は 春になると「また ゆきさふったら くるからの。 あばの(よ)」と手紙を残して姿を消してしまうのです
    夢のようなお話ですが  雪国の子供たちは元気で 雪国の事が分かりました

    今年のお正月は田舎で雪景色を見て 美しいな〜と思ったのをおもいだして この絵本を読みました。
    昔話の 暖かさを感じて・・・・

    掲載日:2011/01/14

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット