十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ぼくの街に地震がきた」 みんなの声

ぼくの街に地震がきた 作:名古屋裕
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年02月
ISBN:9784591090718
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「ぼくの街に地震がきた」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • とてもリアル

    大震災シミュレーションコミックです。

    何気ない日常の中、突然やってきた大地震。
    主人公の小学5年生、孝介の視点から描かれており、
    学校で大地震を体験したという設定になっているので、
    子どもにとっては感情移入しやすく、解りやすいと思います。

    突然のことにパニックになるクラスメイト、一瞬にして
    地獄のように変わってしまった街に驚愕する子ども達、
    大勢のけが人、身近な人の死、水や食料が不足したり、
    不衛生な避難所生活。

    マイナスな面を隠さずに描いている反面、お互いに助け合う
    ことの大切さ、相手を思いやる気持ち、ボランティアという
    存在の重要性なども描かれていて、興味深く読みました。

    子ども向けの漫画なんですが、とても現実的に描かれているので、
    とてもリアルで、読んでいてとても怖かったです。

    この本は息子がたまたま図書館で見つけて借りてきたのですが、
    目に色を変えて一気に読んでいました。
    大地震の経験はないものの、子ども自身も何度か地震を体験して
    いますし、とても興味深いテーマだったのかなと思います。

    巻末に「地震防災マニュアル」として、地震に備えてしておくこと、
    地震が起きたらどう行動したらよいか、地震後の暮らしのことなどが
    載っているので、大人でも大変参考になります。

    機会があれば、親子で是非読んで欲しい一冊です。

    掲載日:2011/01/17

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット