ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

少女小説から世界が見える」 みんなの声

少女小説から世界が見える 出版社:河出書房新社
本体価格:\1,600+税
発行日:2006年04月
ISBN:9784309204598
評価スコア 4
評価ランキング 22,265
みんなの声 総数 1
「少女小説から世界が見える」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 少女小説のお好きな方に

    『家なき娘』の上巻を読みたいと思い、図書館で検索をかけていたら出てきた本です。

    副題が「ペリーヌはなぜ英語が話せたか」が副題だからです。

    もし、私が児童文学の研究をしていたら、調べて書きたかった分野だなあと思いました。

    息子に読み聞かせをするようになってから、『小公子』『小公女』『家なき娘(下)』の完訳を読み直してみました。

    子どもの頃に読んだ抄訳と印象の違うものや、テレビアニメで見たヒロインとのギャップなど、不思議に思うところがあったのですが、

    この本を読んでその不思議が何となくわかってきました。

    折しも『ジブリの本棚』という宮崎駿さんのテレビ番組の録画を見て、海外の原作のものを日本の子どもたちに見せるために変えたことなどをお聞きして、ああだからと腑に落ちることがありました。

    『小公女』のセーラも『家なき娘』のペリーヌも完訳版の自己主張が強かったりしたたであったりするヒロインではおそらく、日本の風土になじまなかっただろうなあと。

    私は『赤毛のアン』から発展して偕成社の少女名作シリーズものや、角川書店で出ていた少女小説のシリーズもほぼ読みましたので、

    川端さんかせ書かれる個所にうんうんとうなづきながら、私もこんなことを研究して書いてみたかったと、とても親近感がわく本でした。

    今でも子どもの頃に読んだ少女小説の記憶があって、好きな方にはお薦めしたい本でした。

    掲載日:2011/01/17

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット