雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…

おおきなけやき」 みんなの声

おおきなけやき 作:林 木林
絵:広野 多珂子
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年01月15日
ISBN:9784790252221
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,433
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 生きとし生けるものの定め

    一昨日、この絵本を「お、木の話かな?」と思って、本屋さんの新刊コーナーで立ち読み
    しました。そして、どうしてももう一度この絵本を読みたくて、昨日また立ち読みに行きま
    した。(本屋さん、ごめんなさい!)

    森で一番大きかった“けやき”の話です。
    その堂々とした雄姿は森の他の樹木や動物たちからの憧れの存在でした。
    そんな大木が、ある冬の日に音を立てて倒れてしまい、周りの樹木の方が動揺します。
    そして、けやき自身も当初は喪失感に襲われるのですが、これまでのっ視界と違う視界、
    そして違う付き合いが小動物や植物と生まれて、慰められ、現状を受け留められ、
    そして更に長い年月をかけて、腐食し土に戻っていくという話です。

    一言で言うと、「生きとし生けるものの定め」が描かれている絵本で、
    最初の数ページはただの樹木しか描かれていません。
    しかも、その樹木には顔などはついていなく、背景が真っ白なところに葉が落ちた樹木が
    描かれているので、ああ、本当に寒い日に起きたことだったんだなっと思わされます。
    そして、これまで、こうやって何十年も、この寒さにこの木は耐えて立ってきたんだろうな
    と同時に感じさせられます。

    ページが進む度に年月が過ぎ、あの真っ白だった背景とは逆に、秋に真黄色の落ち葉で
    覆われる倒れた老木のページが、その最初のページと実に対照的で惹きつけられ、
    思わず綺麗とつぶやきました。
    これはきっと、森の樹木達からの老木への今までの賞賛を表しているんだろうな。

    そして最後に、また色が変化をして、倒れた老木を緑の蔦系の植物が覆い、老木の心だけ
    ではなく読み手の心にも「再生」とか「新しい生命」とかを意識させられ、けやきの姿は無になります。

    この老木のけやきの心情や状態を表している“配色のテクニック”にすっかり魅惑されました。

    そして、何よりも、この絵本が二度も私を本屋に行かせたのは、40歳を過ぎて、
    人生半分を過ぎたからでしょうか?
    ただの木の話ではなく、人間にもとても当てはまる話であることをとても感じたからかもしれません。
    何故か、70歳を超えた父親を思い出させる絵本でした。

    自分の人生を振り返って、肩で風を切るような黄金時代もあり、
    そして老いてから自分も周りのもの中の1つであることを悟り、形を変えた楽しみや喜びが
    あることを知る。

    これは小さい子には100%は、まだ悟れないでしょうね。
    どちらかというと大人向けの絵本だと思います。
    万人受けをする本ではないかもしれませんが、私には心に響く絵本でした。
    是非、一度読んでみてください。

    掲載日:2011/01/26

    参考になりました
    感謝
    5
  • 自然の営み

    一本の大きなケヤキが倒れてから土に帰るまでの物語。
    長い長い年月の中で、自分を受け入れていく語りがとても味わい深いお話です。
    森の中で一番高く空に近かったケヤキは、草や虫たちから高い場所から見た景色がどうだったか質問されたとき、キジバトの方が知っていると、とても謙虚です。
    ケヤキは自分が一番だったことを威張るのではなく、草木や動物たちを受け入れていきます。
    ケヤキはいろいろなものから親しみをもって語りかけているのですが、ケヤキの人間性(?)によるのでしょうか。
    ケヤキは落ち葉や花に埋め尽くされて、感慨にふけります。
    吹雪の中で、クヌギにケヤキが偉大だったと語りかけられて、若いブナの木が頑張っていると答えます。
    この本は自然のあるがままを見事に描いています。
    登場者はほとんどない、自然の風景に木の言葉が重ねられている絵本なので、目先の変化やリズム感はありません。
    子どもにとっては少し難しいかもしれませんが、大自然の営みとして理解してもらえたら、作者の伝えたかったことがとても大きなことだとわかるのではないかと思います。

    掲載日:2011/04/25

    参考になりました
    感謝
    2
  • 命はずっと

     命が終わることを、悲しいとかさびしい、と思わずに前向きにとらえられます。

     倒れたけやきが、いろとりどりの落ち葉に包まれているのが、しみじみしました。
     長く生きて、いろいろな経験をしてきたけやき。倒れてから、また新たに感じることがたくさんあるんですね。

     個体としての自分はいつか朽ちてしまうけれど、命はずっと続いていることがわかるお話でした。

     小さい子どもから大人までおススメの絵本です。ゆっくり読みたいです。

    掲載日:2011/08/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 美しい絵がすてき!

    木のお話っていろいろあるけれど、
    こんなに緻密で動物もかわいらしいのは
    あんまりないと思いました。
    生命のたいせつさが
    せつせつと伝わってきます。
    奥が深い内容なので
    子どもにはちょっと難しい内容かもしれませんが、
    繰り返し読むことで
    いろいろ考えることができる絵本だと思います。

    掲載日:2011/06/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 木に目を向けたくなる

    幸田文に「木」という木だけを見つめて書かれたエッセイがあったように記憶しています。

    樹齢何百年もこえる木もあれば、途中で切り倒される木もある。

    また、自然の力で倒れてしまう木も。

    その木が生まれて育って倒れてしまっても人は気付かないのかもしれません。

    ただ、木も木の命を全うしそこに存在しているのみ。その木の中でもまた他の植物を育てているかもしれません。

    日陰に生きる植物は木の恩恵を受けていそうです。

    そんなことを考えながら、この絵本を見ていました。

    広野さんの絵がまたとてもいいのです。

    絵だけを見つめていても心がなごみました。

    子ども向け大人向けと絵本を区別してしまうと、またそこから見方が変ってくるかもしれませんが、

    自然に生きる木にもまた目を向けてみようかなと思いました。

    掲載日:2011/03/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 静かで力強い一生

    全ページお試し読みで読みました。
    冬の日、森の長老 ケヤキの古木がドーッと倒れました。
    季節が変わってゆく空の下で、
    木々や鳥や動物の会話だけが続いてゆきます。
    次の秋には野葡萄がからまり、木の実が落ち、
    やがて金色の枯れ葉が毛布になり、
    次の春には、新しい草花で覆われます。
    最後の一ページの絵は多くのことを語りかけていると思います。
    自然国立公園でこんな風に倒れた姿で、土に帰って行く木の写真を見たことがあります。

    掲載日:2016/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な絵本です。

    森で一番のけやきが倒れてしまったお話です。
    最初は悲しいお話かと思いましたが,倒れてしまったことによって見えたこと知った喜びがあり,メッセージ性を感じる素敵な絵本でした!
    最後は何年も月日が経ちけやきは土に帰り,そこにはまた新しい芽が。
    命の繋がりも感じられる絵本でした。
    絵も自然が感じられ魅力的でした。

    掲載日:2015/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • かがやく

    「きのみや どんぐりが みのり、
    けやきの まわりに ほうせきのように こぼれてきました」

    「きんいろの かがやく ほしのような もみじや
    いろとりどりの かれはが ふってきて」

    など、文章がとてもきれいです。
    イラストもその文章に負けないくらい素敵で、
    まるで桃源郷のよう。

    けやきの木が静かに役目を終える最後は
    少しさみしいけれどとても穏やかで
    こうして命が巡ってゆくのだと感じました。

    掲載日:2014/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新しい視点と幸せ

    4歳5ヶ月の息子に読んでやりました。森で一番背の高いけやきが年を取りすぎて倒れてしまい、それまでとは一変しましたが、新しい見方や幸せを発見したというお話です。同じようなテーマを取り扱ったものはいくつも観てきましたが、けやきを使って表現するというのはおもしろいと思いました。けやきという静寂となにかとてつもなく大きな存在を感じさせるからです。今までは物理的な大きさでしか見えていなかったものが、その大きさをなくすという天地がひっくり返ってしまう状況に追い込まれるのです。すぐにその環境を受け入れることはできないでしょう。その葛藤や新しいものへの順応、そういったものが実にゆっくりと語られているのにちょっと驚きます。時間の流れが変わります。とても優雅な絵本だと思いました。残念ながら、こういったことは息子には理解できないと思いましたが、木の一生や木の新しい生活という視点では理解できたみたいです。たまには、こういう優雅な気持ちになれる絵本に触れてみたいとおもいましたね。そういうのも幸せなのかもしれません。

    掲載日:2012/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きなけやきの木は老木である時倒れるのです
    大きくて みんなにあこがれだった木 空が一番高かった木
    自分は もう年を取り 死んでいく こんな事を感じながら地面の上にたおれたのでしょうか
    自分よりも空高く跳べるのは 自分ではなく きじばとに聞いてごらんもっと空高くをとんでいる
    けやきは地面に倒れて 土を知ることができたのです
    本当は 自分が土の下の根っこから栄養をもらって大きくなったことを忘れていたのでしょうね

    そして 木がたおれたので そこに草がはえ花が咲いたのです
    木が倒れてからまた 動物たちが集まってきて、嬉しそうに過ごすのです

    私が訪れた屋久島の森の中にはいると 大きな杉がたくさんあって こけが木のまわりに生きづいているのです 感動しました!!

    何年何年も生き続けた木、たくさんの木が集まって森を作り、大きな森は雨をよび、森がどんどん広がるのです

    この絵本のけやきは自分の命の終わりを感じるのですが 倒れてからも月日が流れていき けやきは土にかえるのです
    そして 又小さな木の芽をやどすのです
    これは まさに輪廻ですね
    めぐり巡るというこの営みをけやきは感じていなかったのかも知れませんが・・・ 子孫を残すのです

    林 木林さんの絵本は初めて読みました 
    彼女の伝えたかった事はよく分かりましたが
    子供より大人が読む方がよく分かると思いました

    掲載日:2012/02/27

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット