1日10分でせかいちずをおぼえる絵本 1日10分でせかいちずをおぼえる絵本
作: あきやま かぜざぶろう  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ライオンはドイツ、獅子舞は中国、クジラはロシア…… 世界中の国々の場所と大きさが、かわいいイラストでたのしくおぼえられる絵本。

とらくんへのてがみ」 みんなの声

とらくんへのてがみ 作:ヤーノシュ
訳:野口純江
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1982年09月
ISBN:9784579401345
評価スコア 4
評価ランキング 23,696
みんなの声 総数 1
「とらくんへのてがみ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 人と人との繋がり

    こぐまとちびとらの話です。少し長いのですが、2歳9ヶ月の息子がじーっと聞いていました。

    こぐまとちびとらは一緒に住んでいます。こぐまが毎日夕食のための釣りに行くのですが、ちびとらは留守番がさみしくて仕方ありません。そこでこぐまに川から手紙を出すように頼みます。二人のやりとりにはちょとしたハプニングもあるのですが、やがて二人だけの手紙のやりとりではなくなり、森の皆が利用する郵便に発展します。

    二人は今度はいつでも互いの声を聞きたくなり、ホースで会話をします。これも発展して電話になります。

    手紙も電話も、いつでも相手と連絡をとっていたいから発達したのですね。友情もいつも確かめ合いたい・・・そんな気持ちになれる絵本です。

    掲載日:2011/01/24

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


あの名作の世界が手のひらサイズの小さなしかけ絵本に!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット