ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

パナマってすてきだな」 みんなの声

パナマってすてきだな 作・絵:ヤーノシュ
訳:矢川 澄子
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\880+税
発行日:1979年09月
ISBN:9784251005038
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「パナマってすてきだな」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 新たな幸せを見つける話

    息子ともどもヤーノシュさんのファンです。以前読んだ『とらくんへのてがみ』とは訳者も出版社も異なりますが、同じシリーズのようです。

    仲良しの二人、ちびくまとちびとらが楽園パナマを目指す旅がテーマです。目的地が分かっていないので、まず自分たちで道しるべを作り(笑)、道中出会うあてにならない人々に道を尋ねながら進みます。ちょっとだらしないちびとらがいい味を出しています。

    読み始めてすぐに、大人の私は、きっと自宅に戻ってきてしまうと気付き、それでは面白くないなと感じていたのですが・・・。

    実際に彼らは自宅に戻ってくるのですが、私の予想とは異なりました。戻ってきた場所は留守中に少し変化していて、彼らは自宅だと気付かずに目的地に到達したと信じるのです。そして旅の間に自宅を素敵な場所にするアイテム(ソファー)を見つけ、またたくさんの友達もできており、彼ら自身も少し変化(成長というべきかは怪しいですが)しています。元いた場所が一番良かったという『青い鳥』のような展開は嫌だなと思っていたのですが、彼らが、もともとあった幸せに気付いたのではなく、新たな幸せを見つけたとわかり、ますますヤーノシュさんのファンになりました。

    息子もかなり長い話であるにも関わらず、繰り返し読んでくれとせがみます。よく理解しているという風ではありませんが、二人が好きなようで、満足気に聞いています。

    『夢みるパナマ』という題名で、別の訳者、出版社によっても出版されているようですね。

    掲載日:2011/01/24

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット