もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

D.W.うみにいく」 みんなの声

D.W.うみにいく 作・絵:マーク・ブラウン
訳:ふたみあやこ
出版社:青山出版社
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年01月
ISBN:9784899980025
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,267
みんなの声 総数 3
「D.W.うみにいく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 海に行きたくなる

    図書館に行ったときに「夏のおすすめ絵本」になっていたので借りてみました。D.Wというのは表紙に出ている女の子の方だったんですね。

    海に行ったD.Wの家族。でもD.Wはついてすぐに「ひやけするから遊ばない」それがお兄ちゃんのアーサーがいたずらして浅い水の中に入れると楽しくて。

    とっても楽しいお話です。文字も少なくて3歳次女はずっとちゃんと聞けていました。またこのシリーズ借りたいなと思っています。

    掲載日:2013/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • D,W

    「D、Wってなんだろう?」ってタイトルと表紙の絵に惹かれて選びま

    した。家族紹介がしてあって、妹のドーラ・ウィニフレッドの略で、「

    D,W」って呼んでいるのがわかりました。そういえば、娘の間でも、

    「G・W]とか、「D・S]とか話しているのが気になった言葉ですが

    やっぱり略していたのですね。D,Wのように初めてのことには、手を

    出さない孫です。やっぱり、体験すれば面白くて夢中になれるのですが

    なかなか手を出さずにいるのでなんとかして経験できるように頑張って

    いる次第です。やっぱり、D,Wのお父さんだけあって上手く海に誘導

    したなあって思いました。家族の温かさが感じられてほのぼのとしまし

    た。アーサーとなかまシリーズがあるので他のも読んでみたいです。

    掲載日:2011/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズならではの続きが面白い。

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子8歳、女の子4歳

    今回も、どちらかというとアーサーの妹D.W.が主人公です。
    せっかく家族で海にきたのに、波打ち際で遊んでばかりのD.W.。見兼ねたアーサーが散歩としょうして肩車し、D.W.を海の中に落としてしまいます。
    「たすけて!あたし、およげないの!」
    意地っ張りなD.W.は、みんなに泳げないのを知られたくなくって、海に入らなかったんですね。
    ありがちな転回だけど、シリーズならではの続きが面白くって、つい読んでしまう絵本です。
    ちなみに作者の紹介のところをよく読んでみたら、アーサー達はねずみじゃなくて(日本人にはねずみにしか見えないかも)、アリクイがモデルらしいです。

    掲載日:2004/04/26

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット