アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

くらやみえんのたんけん」 みんなの声

くらやみえんのたんけん 作:石川ミツ子
絵:二俣 英五郎
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2011年02月
ISBN:9784834025958
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,744
みんなの声 総数 19
「くらやみえんのたんけん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ドキドキ。。。

    小学校1年生の娘が図書館で一人読みしました。
    みんなが帰ってしまった後の夕方の園。
    このシチュエーションは子供心にはドキドキちょっとワクワクするものだったようで,興味津々に見入って真剣に読んでいました。
    保育園児幼稚園児や小学校低学年くらいのお子様は共感できるのではないでしょうか。

    掲載日:2018/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    3歳と5歳の子に読みました。
    暗くなってきた園。
    電気を消して、男の子二人が園内探検に!
    こういうのはドキドキするのでしょうねー。
    暗くなると、いつも見ている光景もなんだか違う風に見えてきてしまって。
    こわいけど楽しいという気持ちがわかるなーと思いました。

    掲載日:2017/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキする気持ち

    娘が図書館で見つけてきました。
    最初はおばけだと思ったみたいです。
    でも実際のストーリーとはとてもリアル。
    本当にこのような場面がありそうです。
    夜の幼稚園、きっととても怖いでしょうね。ドキドキする気持ちが伝わってきたようで、子どもたちもじっと聞いていました。

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもらしい

    小さい子供がやりそうな内容だったので

    楽しく読めました。

    怖いもの知らずと怖がりという二つの感情が

    両方ある子供だからこそのこのお話。

    子どもの頃を思い出しました。

    どこの子にでもありそうな、そんなお話でした。

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • いたずらっこ

    2歳の息子に図書館で借りてきました。

    くらやみ園の探検!
    読んでるこっちもハラハラドキドキ!

    誰かくる〜!
    カーテンがゆれる〜!
    あの明かりは何?

    そして最後は白くて大きなものが目の前に!!!
    きゃ〜!

    ってそれは先生とうさぎのケーキでした。

    あぁ〜怖かった。
    でも楽しかった!

    掲載日:2014/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけになって

     いつも楽しく遊んでいる保育園も、みんなが帰ってしまうと、ちょっとこわい感じがします。二人の男の子がおばけになって、うすぐらい保育園を探検します。
     
     ちょっとした影や、なにか動くものに、ドキドキする気持ちがつたわってきます。こんな体験が、こどもを成長させるんだなと、ほのぼのしました。 

    掲載日:2013/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 暗くなると

    読んでいると、「あー、なんかわかるなー」と懐かしい気持ちになりました。
    暗くなるだけで、いつもの場所が、だいぶ変わって見えるのですものね。
    シーツをかぶっている二人は、まるで小さなオバケさん(笑)
    でも、ずいぶんと怖がりなオバケさんでしたね。
    そんなところが、かわいいのです。

    掲載日:2013/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私が大好きだった絵本

    私が、こどもの頃に大好きだった絵本です。
    ドキドキ、ワクワクしながら、よく母に読んでもらっていました。
    息子に初めて読んだのは3歳のとき。
    最初は怖くて最後まで読むことが出来なかったことも。
    そんな息子も、今では1人で読んでいます。
    息子も、このお話ドキドキするよね〜と、私が幼かった頃と同じ感想を言っています。
    男の子なので、たんけんと言った表現も気にいってるようです。
    お友達と自分を重ねて、また園の先生も登場したりして、オリジナルのくらやみえんのお話をしてくれることも。
    親子そろって、大好きです☆

    掲載日:2013/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもはこういうのが大好き。

    5歳の息子に読みました。
    息子の大好きな冒険・お化け・暗闇。
    全部そろっていたので、眠くてしかたなかったはずなのに、
    最後まで見入っていました。
    息子くらいの歳の子にはもう少しドキドキ感があってもいいのかなと思います。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの時に戻って

    園が舞台、真っ暗な中の冒険ということで、『おしいれのぼうけん』を彷彿とさせるものがあります。

    暗くてこわいけれど、冒険という言葉にはドキドキ感とわくわく感がありますね。

    シーツをかぶっておばけになってみたくなるのも子どもらしい発想だなあと思いました。

    子どもの時に戻ってこんな冒険がしてみたくなります。

    掲載日:2011/08/18

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ


医学博士/脳科学者・加藤俊徳さん インタビュー

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット