庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

カイくんのランドセル」 みんなの声

カイくんのランドセル 作:おか しゅうぞう
絵:ふじた ひおこ
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年02月
ISBN:9784333024773
評価スコア 4.07
評価ランキング 18,056
みんなの声 総数 13
「カイくんのランドセル」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 卒園前の年長さんに読み聞かせしました

    • チューさんさん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子6歳、男の子1歳

    卒園前の年長さんに読み聞かせしました。
    本を読む前に、牛乳パックで作った色々な色のランドセルを見せて、みんながどんな色のランドセルを選んだか聞いてみたりして、ランドセルへの思いを高めました。
    カイくんのおじいちゃん、おばあちゃんは戦争の影響もありランドセルを買えなかったということで、今の年長さんのおじいちゃん、おばあちゃんはもっと若く、ランドセルを持っていたと思われますが、家族みんながカイくんがランドセルを背負って一年生になるのを楽しみにしている気持ちは共通していると思います。
    みんな、ピカピカのランドセルを背負うのを楽しみに、期待いっぱいの表情でした。

    掲載日:2016/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切なランドセル!

    カイくんという男の子が、おじいちゃん、おばあちゃんにランドセル
    を買ってもらう絵本です。
    おじいちゃんたちが幼かった頃のお話で、ランドセルというものが
    とても高級なものだということが伝わり、カイくんもきっとランドセル
    を大切に使うだろうなと思いました。
    小学生になるのが待ち遠しい様子も伝わってきて、こちらまで
    うきうきしてくる感じでした。
    小学校にあがるときに、また読んであげたいなと思いました。

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 6年間大切に使ってほしい。

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子13歳

    カイくんとおじいちゃんとの触れ合いが素敵ですね。

    カイくんのおじいちゃんとおばあちゃんは、
    戦争で負けて物がなかった時代の人。
    ランドセルなんて買ってもらえませんでした。
    だからこそ、ランドセルを大切に使ってほしいと願っています。

    素敵だなって思ったところは、おじいちゃんが、憧れのランドセルを背負ってみたところ。
    おじいちゃんの姿は、嬉しそうで本当に子供のよう。

    カイくんは、きっと、おじいちゃんとおばあちゃんから買ってもらったランドセルを
    大切に使ってくれるでしょう。

    今は、カラフルな色のランドセルがいっぱいあっていいな。
    私の時代は、黒と赤しかなかった・・・
    娘は、ビビットピンク。
    娘は乱暴だったけど、6年間、無事使い続けることが出来ました。

    ランドセルは、『毎日楽しく安全に、学校生活が送れますように…』
    という願いが込められた贈り物です。
    だからこそ、大切に使ってほしい。

    姪っ子も、今年新1年生。
    祖父母からもらったランドセルを、大切に使ってくれたらいいな。

    掲載日:2014/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 沢山の想いが詰まっている

    そうそう!
    最近のランドセルって、本当にカラフルなんですよね!
    私が小学生の頃はまだ、
    赤か黒か、稀にピンクを持っている子がいるくらいでした。

    こんなに種類があると、選ぶときも楽しいだろうなあ。

    カイ君の嬉しい気持ちが、こちらまで伝わって来るようです。

    おじいちゃんとおばあちゃんがランドセルを背負う場面
    なんだかほのぼのとしていて、
    それでいてちょっと胸がキュンとしました。

    ランドセルって、背負う本人だけではなくて
    家族や親戚の沢山の想いが詰まっているんですね。

    掲載日:2014/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • カイくんにランドセルを買ってあげたおじいちゃん。
    おじいちゃんが子どもだった頃には、ランドセルは
    持てなかった・・という話をします。そうして、おじいちゃんは
    カイくんのランドセルをせおってみたいと言うのです。
    おじいちゃんやおばあちゃんが子どもの頃は、ほとんどの子どもが
    ランドセルなど持っていなかっただろうから、ランドセルではない
    かばんを持つということは当たり前のことで。だからそれほど
    思い入れはないのじゃないかな?と思っていたところで、この
    おじいちゃんの発言があって、びっくりしました。
    そうなのだねえ。。「そういう世の中だった」から、ランドセルの
    ことは別にどうでもよかったっていうことにはならないのだよね。
    みんな持ってないから寂しい気持ちにはならずにすんだだろうけれど
    だからと言ってほしくならないわけではないのだものね。
    カイくんはこれからおじいちゃんやおばあちゃんの気持ちも
    持って、ランドセルを大事に使ってくれるかな?
    私も父に昔はどんな鞄を使っていたか訊いてみようと思いました。

    掲載日:2013/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • わくわく

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、女の子6歳

    入学準備で一番盛り上がるのは、ランドセル購入ではありませんか?ランドセルを買ってもらった主人公のわくわく感がいきいきと伝わってきました。我が子も入学で、ランドセルをあれこれ選んだ時は、親も子も最高に盛り上がった記憶があります。入学を楽しみにする気持ちに共感できる一冊です。

    掲載日:2012/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ランドセルって大事

    当たり前のように、一年生=新品のランドセルですが、そうではない時代があったものですよね。
    お下がりの古い手提げかばんで、入学した子だって、どんなにたくさんいたことでしょう。
    ランドセルを6年間大切に使ってほしいなと思いました。
    我が家でも、祖父母にランドセルを買ってもらったので、感謝の気持ちを改めて伝えたいですね。

    掲載日:2012/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 祖父と孫のランドセル

     今は、ランドセルの色がカラフルになったなと思います。おじいちゃんやおばあちゃんが、びっくりする気持ちがわかります。

     カイくんが、おじいちゃんからもらったランドセルに夢中になっているのがほほえましいです。おじいちゃんやおばあちゃんが子ども時代のお話も、しっかりカイくんにひびいてほしいなと思いました。

     あたたかくてやさしい絵が、お話にぴったりあっていました。

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔のランドセルの代わりは、、、

    カイくんはランドセルをおじいちゃんとおばあちゃんに買ってもらいます。戦後は物資もなくて、昔は手提げなどで間に合わせていたんですね。歴史を知ったり、そういう昔を思い浮かべ、思いやる心を育てるのに良い本だと思います。カイくんは、2人にも背負わせてあげるのですが、みんなのわくわくが伝わります。

    我が家も、まだまだ先ですが、おじいちゃんたちがやはり「入学のときは買ってあげるからね」とあいりに約束しています。とても現実味のあるお話です。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと残念

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子5歳、男の子3歳

    出版社の作品紹介を見てから読むと、ちょっと違う?って感じました。

    主人公のカイくんがランドセルを買ってもらってから、おじいちゃんおばあちゃんの貧しい時代のことを知って、色々考えるのかなと思っていたのですが、「おじいちゃん、おばあちゃんのときはランドセルはなかった」と知る場面はあっさり終わり、すぐにカイくんのランドセルを買いに行く場面になります。

    ランドセルを買ってもらって、カイくんが心から嬉しく思っているのは伝わってきますが、『おじいちゃん、おばあちゃんに対する感謝』『ランドセルが買ってもらえたことに対する感謝』『改めて、物を大切にしようと思う気持ち』というのは、あまり描かれていません。

    新しいランドセルにつまった希望だけを描いているなら満足ですが、昔の貧困の時代の話を持ちだすのであれば、もっと広げてほしかったなと思います。

    掲載日:2012/01/27

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ともだち / パンダ銭湯

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.07)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット