あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …

源平絵巻物語 8 静御前」 みんなの声

源平絵巻物語 8 静御前 作:今西 祐行
絵:赤羽 末吉
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\2,718+税
発行日:1981年10月
ISBN:9784034270806
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,385
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 戦がある時代は大変だ

    静は義経のことがすきなのにわかれなくちゃいけないから、二人ともかわいそうだと思いました。

    静がまうと雨がふってくるからすごいと思いました。

    静のまいを見てみたいです。

    義経と静はなかがいいからずっとこのまま二人でくらしたらいいのになあって思いました。

    戦がある時代は大変だと思いました。

    掲載日:2011/01/29

    参考になりました
    感謝
    2
  • 悲恋

    子どもの頃から歴史物語が好きで、大人になってからも時代小説をよく読んでいました。

    そんなこともあり、この源平絵巻物語を読んでも、知っているエピソードが多いことに気付きました。

    義経と静御前の悲恋は、その中でも心に残る話だと思います。

    静御前の義経に対する気持ちが一途であるだけに、また切なく感じる話しでもあります。

    薄幸の美人というのは日本人が好むところだと思いますが、この静御前は正にそれでしょう。

    判官びいきという言葉もあるぐらい義経は人気がありますが、静御前との悲恋もその人気に花を添えるものであるように思いました。

    絵がとても美しくて、静の美しさや一途さが出ていると思いました。

    掲載日:2011/01/28

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • つばめこうくう
    つばめこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    つばめの飛行機で、南の島へひとっとび! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。


主人公「ドーム」が自分のことばで語り伝える物語絵本

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット