しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

源平絵巻物語 3 源 頼朝」 みんなの声

源平絵巻物語 3 源 頼朝 作:今西 祐行
絵:赤羽 末吉
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\2,718+税
発行日:1981年10月
ISBN:9784034270301
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,239
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 今の方がいいな

    義経と頼朝の兄弟が会えてよかったと思いました。

    義経はお母さんと別れなくてはいけなかったから、お兄さんに会えて本当によかったと思いました。

    このままなかよくしてほしいなあって思いました。

    戦のある時代は若くても戦わなくちゃいけないから大変だと思います。

    今の方がいいなって思いました。

    掲載日:2011/01/30

    参考になりました
    感謝
    2
  • 家族で読みました

    源平絵巻物語を読んでみると、源平合戦の中で、義経が大きく取り上げられているのを感じます。

    頼朝が鎌倉幕府を開いたのですから、頼朝が中心でもよさそうなものだと思いますが、非業の死をどけた義経人気は高いんですね。

    この源頼朝との出会いはストーリー的には感動的な出会いですが、この行きつく先を知っていて読むと、

    義経の悲劇の始まりとも感じられてしまいます。

    また、平氏の世の中の終わりを告げる序章でもあり、歴史を知って読むと感慨深い気持ちになりました。

    美しい文章と絵で、源平合戦の時代の風を感じることのできる絵本だと思います。

    結局、息子とだけでなく、読み応えがあると夫も興味を示して、家族で読みました。

    掲載日:2011/01/30

    参考になりました
    感謝
    1

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ピクニック
    ピクニック
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    こぶたちゃんしかけえほんシリーズ最新刊!今度のしかけはいったい?!


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット