大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

おしゃまなリリーとおしゃれなバッグ」 みんなの声

おしゃまなリリーとおしゃれなバッグ 作・絵:ケビン・ヘンクス
訳:石井 睦美
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1999年10月
ISBN:9784892387302
評価スコア 4
評価ランキング 18,970
みんなの声 総数 4
「おしゃまなリリーとおしゃれなバッグ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 訳が石井睦美さんだったので

    訳が石井睦美さんということで借りて読んでみました。

    リリーの動作、しぐさそして考え方が子どもらしくて、題名におしゃまとありますが、正にそのとおりです。

    石井さんの『すみれちゃん』シリーズに通じるものを感じます。

    スリンガー先生が大好きなのに、先生に大好きなものを取り上げられて、一時の感情で書いてしまう手紙がまた子どもらしいものだなあと思いました。

    絵が細かいので、大勢の読み聞かせは難しいでしょうけれど、

    子どもの気持ちの変化を細やかにとらえていて、子ども心をぎゅっととらえるお話だと思いました。

    息子も時折クスクスしながら、リリーの気持ちを追っていました。

    こういう絵本、好みだなあ、好きだなあと思いました。

    掲載日:2011/01/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 失敗は誰にだって

    • 花ぶらんこさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子11歳、女の子9歳

    つくづく子供と接する先生の影響って
    大きいなぁって思いました。
    リリーの学校大好きって気持ちがページ一面に
    溢れていてはじけています。
    何よりもスリンガー先生の存在!
    お気に入りを持っていて先生に褒めて欲しかったのね。
    でももちろんクラスの邪魔をするようじゃダメです。
    没収させれて(後で返してもらいますが)
    リリーの気持ちが沈みます。
    大好きな先生の悪口を書いた手紙を先生のバッグに忍ばせて....。
    相手が先生でなくても友達や親にだって
    その時の怒りが勝ってしまって
    思ってもないことを口にしたり....。
    とっても大きな後悔をするんですけどね。
    こんなことあったなぁ、なんて懐かしくなっちゃったり。
    そんな経験を繰り返しながら学ぶんです。
    リリーが後悔している様子ドキドキしてきます。

    掲載日:2007/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ワオッ

    • 向日葵ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 岡山県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    楽しい雰囲気があふれています。

    学校ってこんなに楽しいんだなぁ〜とか、
    スリンガー先生のような先生が本当に学校にいてくれたらなぁなんて思います。

    お気に入りのバックやめがねやコインを授業中に見せびらかして、先生にあずけることになっても、
    ”ぼっしゅうはしない。ちゃんと返してあげるから”
    なんて!
    いいですよね。フォローも見事。

    学校っていいなぁ〜と思わせてくれる絵本でした。

    子どもと、事あるごとに”ワオッ”なんていって遊んでいます。ほかにいいようがないんですもの。

    掲載日:2007/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • おしゃまなリリーワールド!

    • ムースさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子10歳、女の子4歳

     リリーは学校が好き。(ふむ、この一言で、うらやましいな〜と思ってしまいました。)ほかにも好きなものがたくさんあります。ピンってとんがった鉛筆、キキキって鳴るチョーク、まっかなブーツがカチコチ音を立てるぴっかぴかの廊下も好き。でも、一番好きなのはクラスの先生、スリンガー先生なのです。
     はじけるばかりのリリーの学校生活が描かれて、読んでいてさらにうらやましくなってきます。米国ではとても人気のある作品で、タイトルにもあるリリーのこのおしゃれな紫色のバッグが合わせて売られているほど。邦訳も楽しかったですが、非常に米国的な作品でもあるので、細かな、ちょっとした笑いの部分など日本語にしてしまうと無理が生じてしまうかも。日本の読者には、理解してもらえない状況も登場します。(学校でお菓子を食べたり……。)

    掲載日:2004/05/06

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット