だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

MOE 2011年3月号」 みんなの声

MOE 2011年3月号 出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
本体価格:\762+税
発行日:2011年02月
ISBN:4910187870319
評価スコア 4
評価ランキング 19,446
みんなの声 総数 3
「MOE 2011年3月号」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 見どころ、いっぱいです

     表紙のぬいぐるみが、かわいいというか切ないです。水色のティアドロップのビーズがなんともいえません。このぬいぐるみを作られた原さんの作品が、他にもポストカードになっていますが、こちらもストーリーがありますね。
     
     今号の特集は「泣きたい日の絵本」です。知っている絵本がたくさんあって、それぞれの本へのコメントもよかったです。

     いせひでこさんのインタビュー。
     どいかやさんのエッセイ。
     雨宮尚子さんのイラスト。
     しみじみと、読み応えがありました。見どころもりだくさんです。

    掲載日:2011/02/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • こぐまちゃんシリーズ

    うちの子も大好きな「こぐまちゃん」シリーズ。
    近所の子にも、ファンが多いのです。
    そんな子供の心をつかむ秘密(?)が、この特集の中に・・・
    「日本の色に原色はない」とのことからの、色へのこだわりには、改めて驚きました。

    掲載日:2012/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 特集以外も魅力的

    私はナンセンス絵本や楽しい絵本が好きなので、「泣きたい日には絵本を。」という特集にはピンとこなかったのですが、じっくり読みたい絵本がたくさん紹介されていて楽しめました。
    その他の記事も魅力的。「ナルニア国」や「こぐまちゃんとしろくまちゃん」の特集もありました。「こぐまちゃんと食べたいワクワクおやつ」は、本当にどれもおいしそうです。
    イラストレーター寺田順三さんの紹介記事もありました。どこかで見た絵だなと思っていたのですが、小川洋子さんの「ミーナの行進」のイラストを描かれた方でした。おしゃれなキャラクターが並んでいるページがあり、とても素敵です。

    掲載日:2012/03/21

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット