ひよこさん ひよこさん
作: 征矢 清 絵: 林 明子  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

せきとり しりとり」 みんなの声

せきとり しりとり 作:サトシン
絵:高畠 那生
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年02月
ISBN:9784894237216
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,827
みんなの声 総数 41
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

41件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • ど迫力!で面白い!!

    全ページ立ち読みで6歳の息子と一緒に読ませていただきました。
    表紙のおすもうさんのど迫力なお尻にいきなり目をうばわれました(笑)。

    お相撲さんの場所中の一日が描かれていて、ちゃんと起承転結があるお話になっているのに、その文章を良く見ると、すべてしりとりになっているんですね。
    言葉遊びが好きな息子はそれを見つけて大喜びでした。

    表紙だけではなく、中の挿絵もど迫力です。
    とにかく、すごいアングルなんですよね。
    それがお相撲さんという題材にぴたりとはまっています。

    最近、相撲界は暗い話題が多いですよね。
    息子もニュースを聞きかじって、いろいろと否定的な話が多いことも知っています。
    でも、国技とも言われていて、長い伝統のあるお相撲。
    この本で描かれているような真剣勝負をこれからも実際に見せてほしいな、と思ったりしました。

    掲載日:2011/02/13

    参考になりました
    感謝
    5
  • 低学年読み聞かせ

    • 将軍亭琴音さん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子11歳、女の子8歳、女の子6歳

    小学校の読み聞かせ会に持参しました。
    対象は低学年。一年生と二年生が十数人聞いてくれました。

    読み聞かせ会の導入に使いました。
    まず「この絵本は、文章がしりとりになってます」と
    簡単に紹介し…そこで「えー!すごい!」なんて
    いう声がありました…しりとりだと分かりやすいように
    最後の文字を言いながら、ページをめくる、
    という手法をとりました。たとえば…
    「せきとり、けいこにせいをだす、す、す…
    (といいながらページをめくり)
    すごいなげわざ、バッチリきまる、
    る、次は「る」やで〜…」
    …という感じです。
    一ページに文章がたくさん載っている後半部分では
    しりとりと意識せず、たたみかけるように読み、
    最後の2ページはしりとりだったと思い出させるよう、
    また最後の文字を言いながらめくりました。

    言葉のリズムも、全体の流れもうまく構成されていて
    読みやすく、子供たちものせやすく、導入にぴったりです。
    読み手も苦労しなくても上手に読めると思います。
    楽しかったです。

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    2
  • インパクト強烈な表紙のまま・・・

    • 1姫2太郎ママさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子17歳、男の子15歳、男の子 7歳

    なんてたってずっと前から、レビューを見ていて気にはなっていたものの読む機会をあっという間に過ぎて・・・もう2年生になった息子は一人でも読めるかなと思っていた。でもコレ読んであげていて気づいたが、リズム感が大事であると。しりとりとしてストーリーが組み立てられているのがスゴイと感心。良くできている!!!この凄さ息子は分かっているのだろうか?ただただ圧倒的なお相撲さんの絵に釘付けになっているだけではなかろうか?!まっいいか。このリズム感と日本語の楽しさが分かってくれたら。

    掲載日:2011/04/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • テンポよく読むこと!

    以前より高畠那生さんのファンでしたので、
    読んでみました。

    サトシンさんの文に高畠さんのシュールな絵が付き、
    楽しんで読めました。
    文章が短く、少ないので、声のトーン、テンポを自分なりに
    アレンジして、読むのが、子供に楽しく読み聞かせできるこつじゃないかなと思いました、

    掲載日:2011/02/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • お相撲さんには叱られそうな絵本です。
    稽古、取組の真剣さがお笑いにされてしまいました。
    でも、これがきっかけて相撲が好きになったら本望かも。
    国語が好きになったら文句言えないかも。
    かなり荒業ですが、言葉遊びの楽しさは満点です。

    掲載日:2017/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    おもしろいです。しりとりで物語を作ったりすると、ちょっと無理が出たりしますが、これは違和感ありません。というか、とても素敵に仕上がっています。
    絵も迫力があって、お相撲にあっていると思います。アングルもお相撲さんの勢いなどが伝わっていいですね。
    上手に読めば、読み聞かせでもおもしろいと思います。お相撲の試合を見たことがあるとおもしろいと思うので、小学生くらいの方がいいかな。

    掲載日:2017/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 調子をつけたくなる言葉が並び、大きな声で読み聞かせ、子どもと一緒に「のこった、のこった」、読後、まるで両国国技館で応援したかのような充実感、にわか相撲ファンになりました。しりとり、あまり意識しませんでした。肉厚な筆致がお相撲さんの表情を豊かにしています。

    掲載日:2017/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • スケールの大きさすごいです

    絵が、すごい迫力で迫ってきます。
    せからはじまるおすもうしりとり、
    語呂が良くて どんどん進みますが、
    お話しがきちんと順番にすすんでゆくところがすごいです。
    こんなに上手くしりとりでつながるなんて驚きでした。
    面白いです。

    掲載日:2016/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力があって、リズムよく

    迫力のある絵本です。とにかく、すごい絵です。いきおいがあります。
    絵に目をうばわれつつも、文章をよんでみれば、これまたおもしろいです。一文一文が、しりとりになっていて、リズムよく読めます。
    お相撲を知らない子どもも、楽しめると思います。

    掲載日:2015/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力がすごい

    2人の娘たちと読みました。相撲を知っている私から見ると、迫力があってすごいと思ったのですが、娘たちの反応はそれほどじゃありませんでした(ごめんなさい)。相撲部屋の名前も「なるほどー」。男の子の方が好きかもしれません。

    掲載日:2015/02/20

    参考になりました
    感謝
    0

41件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

全ページためしよみ
年齢別絵本セット