あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

ちいさなたいこ」 みんなの声

ちいさなたいこ 作:松岡 享子
絵:秋野 不矩
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2011年02月
ISBN:9784834025996
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,020
みんなの声 総数 6
「ちいさなたいこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かぼちゃの中は

    仲のいい老夫婦が頑張って育てたかぼちゃの中から
    楽しいタイコの音が聞こえます。
    かぼちゃの中って黄色。
    小さな穴から覗いたら、この絵本みたいに
    きらきら輝いて見えるかもしれません。
    お礼にもらった小さな団子をたべて
    老夫婦も小さくなって、一緒にかぼちゃの中へ。
    みんなで仲良く楽しく暮らす様子が想像できます。
    耳をすませば、かぼちゃからタイコの音と
    老夫婦の笑い声がきこえてきそう。

    掲載日:2011/03/03

    参考になりました
    感謝
    2
  • 前に読んだことのあるお話です 
    松岡享子さんの 創作昔話なんですね  日本の昔話だと思うほどです
    年をとった夫婦が仲良く生きている姿に わたしもこんな風な夫婦だったらな〜 (そんなこと思いました)

    畑におおきなかぼちゃができました  ある晩のこと、祭ばやしの音が聞こえてくるのです   なんと、大きなかぼちゃの中で 小さな人が祭を楽しんでいるのを見たのです

    なんと たのしそうなこと 秋野不矩さんの絵が本当にいいんです
    ところが ある時 祭の音が聞こえません  太鼓が破れてしまったのです。
    おじいさんとおばあさんは ちいさなたいこを作ってあげるのです
    この手つきが見事に描かれています

    ちいさなたいこをかぼちゃのなかに入れると小さな人たちは喜び またお祭りがはじまるのです
    そして お礼にもらった小さなダンゴを食べると なんとおじいさんとおばあさんは小さくなり かぼちゃのなかにはいっていくのです。
    夫婦は かぼちゃの中の人たちと楽しく幸せにくらしました
    わ〜あ こんなふうに しあわせな暮らしが出来るなんて 理想郷ですね。
    子供たちに読んであげたいお話です

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • かぼちゃから祭囃子

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子15歳

    児童文学の大御所、松岡享子さんの作、日本画の秋野不矩さんの絵ということで、
    思わずセレクト。
    民話調です、やはり質の高さを感じました。
    老夫婦が育てたかぼちゃから、ある夜、祭囃子が聞こえてくるのです。
    そっと中をのぞくと、ちいさなひとたちが太鼓を打ち、笛を吹き、踊っているのです。
    毎晩楽しみにながめていたのですが、ある日、その太鼓の皮が破れてしまったのです。
    老夫婦はちいさなひとたちのために、小さな太鼓を作ってあげるのです。
    おそらく創作でしょうが、民話の雰囲気がとてもよく出ていて、
    その世界がとてもよく伝わってきます。
    祭囃子、というのもいいですね。
    老夫婦とちいさなひとたちのささやかな交流もほほえましいです。
    なるほど、かぼちゃなら、こんなこともありえそうです。
    小さな太鼓の材料、細工の見事さ、箸で小さな太鼓を届けたり、と
    細部の描写が素敵でした。
    言葉も美しく、子どもたちに届けたい作品だと思います。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • かぼちゃの国はごくらくです。

    むかーし、昔、みごとに育てたかぼちゃの中から 楽しそうな
    祭り囃子が聞こえてきます。
    「どんどん ひゃらら」 「どんひゃら どんどん」
    毎晩、枕元で聞いていたおじいさんとおばあさんは
    かぼちゃに穴をあけて中をのぞきます。

    ある晩、太鼓の皮が破れてお囃子が聞こえなくなり、
    心配でなかなか寝付かれない二人は、
    自分たちで新しい太鼓を作って、かぼちゃの中へ
    いれてあげます。

    お礼の団子を食べたら、ちいちゃくなって
    かぼちゃの国へようこそ!と招待され、
    二人はいつまでもしあわせにくらしたとさ。

    めでたし、めでたしの昔話は、いいですね。
    正直で働き者の老夫婦が極楽、ごくらくと
    言って安眠出来るようなお国柄でありますように!

    掲載日:2011/11/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 松岡享子さんはやっぱりイイ

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    松岡享子さんの作品はこれまでいくつか読んでいて
    はずれがないというか好みというか
    だから安心して、期待して読めます。

    老夫婦の耕した畑に大きなかぼちゃができました。
    そのかぼちゃの中には親指ほどの小さな人たちがいて
    おはやしにあわせて踊っていたのです。
    老夫婦はその小さな人から小さなお団子をもらい食べました。
    すると、体が小さくなりかぼちゃのなかに
    吸い込まれていったのです。

    冒頭にこの老夫婦は年をとって働けなくなったので
    遠くの田んぼを他人に譲り・・・という件(くだり)があります。
    また最後の文章は
    かぼちゃの国でいつまでも幸せにくらしました。
    とあるでもしかしたら老夫婦は亡くなったのではないかと
    私なりに読んでみました。
    そして幸せに暮らした国は極楽浄土なのかもしれません。

    掲載日:2011/04/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 日本昔話の一つとして読み聞かせしたい

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    絵を描いた秋野不矩さんは、浜松市秋野不矩美術館があるくらいの日本画家。
    作の松岡 享子さんは、「おふろだいすき」が有名で、沢山の訳があります。

    この作品は、1974年が初版で絶版となっていたのを、こどものともコレクション2011 全10冊の1冊として復刊したものです。

    日本昔話の一つと思って読んだのですが、松岡享子さんの創作と聞いて驚きました。
    それだけ、日本古来の話と思える位の水準の話だということです。

    「昔、あるところに、心優しい百姓の夫婦が 住んでいました。
     もう、年をとって、あまち働けなくなったので、遠くのところの 田んぼを 人に譲り、今では、家のまわりの畑に、僅かの野菜を 作って暮らしていました」
    という文で始まります。
    育てたかぼちゃの中に、ひときわ大きいかぼちゃがあったのですが、不思議なことにその中からお囃子が聞こえてきたのです。
    中を覗くと、そこには、お囃子に合わせて踊る人の輪が見えたのです。
    踊る人達が、かぼちゃの黄色に映える絵は、綺麗という言葉に相応しいもの。
    日本画の素晴らしさを充分に堪能できると思います。

    話は、お囃子の中心の太鼓が破れてしまうというアクシデントの発生で大きく展開するのですが、その展開にワクワクするのは間違いありません。
    エンディングも、こういう展開かと納得できるもの。

    小さな世界というと、子供の自分は誰しも憧れるものです。
    そんな子供達の想像力を、大いにかき立ててくれることでしょう。
    創作絵本というよりも、日本昔話の一つとして捉えたい作品です。
    なるべく小さい頃に読み聞かせすることをオススメします。

    掲載日:2011/03/21

    参考になりました
    感謝
    1

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / くれよんのくろくん / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット