だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

おたんじょう月おめでとう 3月生まれ あしたはだれにあえるかな」 みんなの声

おたんじょう月おめでとう 3月生まれ あしたはだれにあえるかな 作:中川 ひろたか
絵:おくはら ゆめ
出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年02月
ISBN:9784426110536
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,440
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 3月生まれというか・・・

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、男の子3歳

    3月生まれの次男坊。
    「おたんじょう月おめでとう」シリーズで
    中身が気になったけど、あえて確認せずに借りました。

    そして、読み始めてみると。

    楽しいこと、嬉しいことが終わってしまうたびに
    「次はどんな楽しいことがあるかな」と考えて
    新生活へのワクワク♪が綴られていくお話でした。

    う〜ん。
    3月は卒園・卒業で、もうすぐ来る新生活に期待がふくらむ
    季節なのだってのはわかるけれど・・・。

    『誕生月』『3月生まれ』という気持ちで読むと、
    内容としてちょっと残念です。
    もうちょっと、「春が来た〜♪」みたいな感じで
    卒園・卒業からは離れて欲しかったなぁ。
    お話としては楽しいけれど、「3月生まれ」にとっては
    あまり関係ないんですもん。

    なので、「お話」としては星☆☆☆☆4つですが、
    「3月生まれ」としては星★★★3つです。

    でも、「新入学」や「新学期」への心構えに
    読んであげると、とってもいいんですよね〜。

    卒園前に「もうすぐ1年生」な本と一緒に読んであげると
    いいかもしれません。

    掲載日:2011/03/11

    参考になりました
    感謝
    2
  • 卒園

    三月で卒園を迎える6歳の孫に読みました。お友達と離ればなれになるのは寂しいけれど、前向きな女の子の姿に感動しました。同じ学園から通う子は、四人くらいだと思うけれど、この絵本を読んでいるとなんだか期待してしまってわくわくしてきました。

    掲載日:2014/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 終わりも楽しい

    この絵本に感心しました。普通って終わりって言うのは悲しいとか寂しいとかそんなイメージが多いのですが、この絵本の主人公の女の子は終わりを次への新しいスタートとしてとらえてワクワクしていました。こんなポジティブなお話を読むとこっちまでポジティブになります!

    掲載日:2014/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3月のお誕生日えほん

    月毎に出版された「おたんじょう月おめでとう」シリーズの3月版。
    お誕生月にあわせて、というコンセプトが面白い。
    内容は特にお誕生日を祝うではなく、その月に合った行事などが取り上げられる。
    裏表紙見返しに「○月はあなたにとってとくべつな月」と題して、その月の花・花言葉、石・石言葉、旧暦、行事、各国語での表現があり。

    3月のテーマは卒園式。
    何かの終わりは始まりにつながる、未来を思うことの幸せが描かれる。
    子どもには哲学的で難しい印象を受けた。
    3月生まれの子を持つ親にいいかも。

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3月生まれさん

    「おたんじょう月おめでとう」シリーズは、大好きで何冊か持っています。

    何かが終わり、何かが始まる季節ですね〜悲しくもあり、嬉しくもあります。
    梅の花が3月らしくて良かったです。

    卒園、入学に向けて・・・年長さんにはピッタリな本ですね。

    最後にある、3月生まれさんのミニ情報は、毎回お勧めです!!

    掲載日:2012/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 次のことを考える幸せ

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    これがさいごのひとくち。
    ごちそうさま。
    ああ、おいしかった。
    あしたはなにをたべようかなってかんがえるときのしあわせ。
    えいがをみた。おわった。つぎはなにをみようか。

    ひとつのできごとが終わって、次のことを考える幸せが、色々と登場してきます。なるほどなとあらためて実感することができます。そこには、人との別れも含まれています。そして、新しい出会いへ…
    三月は、出会いと別れ、そんな出来事を経験する月かもしれません。
    『おたんじょう月おめでとう』シリーズは、月ごとに絵に変化があり、その月ならではの『おめでとう』の登場です。新しい月の本が発刊されるのが楽しみです。

    掲載日:2011/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幸せを感じる本

    いろんなことに「〜〜をする幸せ」と、幸せを感じる主人公がとても素敵に思えます。こういう考え方をする娘に育って欲しいと思います。

    最後も、幼稚園の卒業式は悲しくても前向きに幸せを探していく姿が本当に良い。

    絵も明るくて子供向け。

    大人にもぜひ読んで欲しい、読めば幸せになれる本です。ぜひ買って読んで欲しいです。

    掲載日:2011/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 買っちゃいました★

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子10歳

    3月が誕生日ではないのだけど、買っちゃいました。
    おはなしが、好きな中川ひろたかさんだし、
    おくはらゆめさんのほわ〜んとした絵も好きだから。

    3月といえば、卒園や卒業があって、
    なんだかさみしい月のような気がします。
    でも、主人公の女の子は・・・

     これがさいごのひとくち。
     ごちそうさま。ああ、おいしかった。
     あしたはなにをたべようかなって
     かんがえるときのしあわせ。

    「さいご」って、なんだかさみしいけど、
    満足感があれば、次への期待でワクワクすることが出来るのね。

    女の子は、今日卒園式。
    楽しい思い出がいっぱいあった幼稚園とお別れ。
    さみしいけれど、かなしいけれど、
    あしたからの自分にワクワクする女の子を見ていると、
    こちらまで、嬉しくなってきます。

    3月は、ワクワクどきどき、期待の月なんですね。
    そう思ったら、気持ちも明るくなってきました。

    巻末には、誕生石や誕生花、行事ごとなどの情報も載っていますよ。

    掲載日:2011/03/18

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット