ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??

せんそうってなんだったの?1生活」 みんなの声

せんそうってなんだったの?1生活 監修:田代 脩
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\2,000+税
発行日:2007年02月
ISBN:9784052027260
評価スコア 4
評価ランキング 23,213
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 戦時中の生活

    戦争体験者の語りを絵本で紹介しているシリーズの第1巻です。
    この巻は戦時中の日常生活にスポットをあてて説明がなされています。
    2編の話が載っているのですが、それぞれ徴収されて戦争に行った人が無事に帰ってきた話でホッとしました。
    そのおかげで戦後も商売を続けることができて現在に至っているという話。
    どうしても戦争というと悪い結末ばかりが先立ってしまうのですが、当たり前に生活できることがいかに大切かということを感じさせてくれます。


    第1話
    「家族をつないだお父さんのくつ」 光丘真理:文 / おぼまこと:絵 
     靴屋を営んでいるお父さんは32歳なので戦争に行かなくて済むと思っていたら、召集令状は若者から次第に年齢が上げられて兵隊に行くことになりました。
     靴屋という商売、人のために苦をいとわず軍事工場で働くようになっても近所の人の靴を修理したエピソード、子どもが発熱して入院しているのを気にしつつ兵隊に行ったエピソード、現実の話であるだけにひしひしと伝わってきます。
     人に助けられたこと、お父さんが無事に帰ってきてまた靴屋を始めることができたこと、
    靴屋さんが今も続いていること。
     自分のことのようにホッとさせられました。
     
     絵をおぼまことさんが描いています。
    『ひでちゃんとよばないで』、『伸ちゃんのさんりんしゃ』と相通ずるお話。おぼさんがシリーズ第1巻の第一話で描いていることに、このシリーズの意気込みを感じました。


    第2話
    「あいちゃんのおじやごはん」 すとうあさえ:文 / 藤本四郎:絵
     あいちゃんの家は多くの人が住み込みで働いている鉄屋さん(金属製品を売っています)。朝の食事の漬物でおじやご飯をかきこむ音がとても印象に残っています。
     戦争で職人が次々と兵隊さんになって去っていきます。その中で一番印象深いのはリーダー格のくにおさん。
     いろいろな思い出が描かれていますが、その中で印象に残るのはザラメで飴を作ってくれた話。
     そのくにおさんを戦争に送る送別のために炊いてあげたご飯(当時、お米はとても貴重だったことが解ります)。
     そのくにおさんとは無事に再開できて、現在に至っているというホッとするお話でした。

     絵を描いているのは藤本四郎さん。
     藤本さんにも戦争にまつわる絵本が何点かあります。清楚な絵でじんわりと訴える物があります。

    掲載日:2011/02/04

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いのちはどこへ行く?チェコの美しい風景を旅する葉っぱの物語

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット